三菱ふそう・UDトラックスの中期計画

三菱ふそうは海外販売20万台以上、UDトラックスは中・低価格帯セグメント開拓へ

2012/11/29

要 約

 本レポートは、三菱ふそうトラックバス(以下、三菱ふそう)とUDトラックスの事業戦略について報告する。

 三菱ふそうは Daimlerグループのトラック事業において、アジア部門の中核を占め、小型トラック、ハイブリッドトラック開発を担う。2015年までの中期計画 「Fuso 2015」では、Canter Eco Hybridを初めとしたハイブリッドトラックの世界展開と、2011年には約12万台であった海外販売を20万台までに拡大することを掲げた。親会社 Daimlerとの協業も開発・調達・生産の各分野で進めている。

 UDトラックスは、トラック事業を行うVolvoグループのアジア・太平洋部門に属している。同グループの2015年までの中期計画によると、UDトラックスブランドは、グループが現在販売していない中・低価格セグメントを開拓する役割を担っていく。


関連レポート:
いすゞ・日野の中期計画:タイ/インドネシアを中核拠点へ

(2012年10月)

三菱ふそうのCanter Eco Hybrid
2011年東京モーターショーで展示された、三菱ふそうのCanter Eco Hybrid