米国の新型車装備:ニーエアバッグが標準装備化、高度な走行安定性装備の設定拡大

GM/Ford/Chrysler が米国で発売した新型車装備

2012/05/30

要 約

 以下は、GM, Ford, Chrysler が、2011年第2四半期以降に米国で発売した新型車 (乗用車/小型トラックの新モデルとフルモデルチェンジ車) の主要装備の設定概況である。

 走行安定性装備では、米国運輸省により、2012年モデルからESC (Electronic Stability Control)の装備が義務付けられた(下表では省略)。さらに一部のモデルは、横転防止システムのRoll stability controlや、コーナリング時に内側の駆動輪に少しブレーキをかけることにより、外側のタイヤに多めの駆動トルクを伝えて旋回性能を高めるTorque vectoring controlを設定した。

 衝突安全性装備では、2011年モデルから米国運輸省の衝突安全テストに下肢と頸部の保護性能評価が加えられたためもあり (2010年モデルまでは頭部と胸部のみ)、Driver knee airbagの標準装備化が進んだ。後席用の胸部または腰部エアバッグの設定も拡大している。

 運転支援装備では、衝突の危険を検知すると、自動ブレーキをかけ衝突を回避・衝突被害を軽減するAutomatic braking が導入された。また、駐車場からバックで道路に出る際に、後方の左右から近づいてくる車の存在を知らせるRear cross traffic alertの設定が拡大した。

 視認性確保では、ヘッドランプのハイ/ロービームを自動切替するAuto high beams、サイドミラーに防眩機能を施したAutomatic-dimming side mirrorの設定が拡大。シートでは、前席のVentilated seatsや後席のHeated seatsの設定が、高級車を中心に拡大している。

 快適・利便性では、レイアウト変更が可能な液晶の計器表示パネル Reconfigurable gauge clusterが導入され、電動でリアゲートを開閉するPower liftgateの設定が拡大した。


関連レポート:日本市場の新型車装備 (2012年2月)、現代/起亜の新型車装備 (2011年5月)
           欧州の新型車装備 (1) (2011年9月)、(2) (2011年10月)


GM/Ford/Chrysler が2011年第2四半期以降に米国で発売した新型車の主要装備設定

走行安定性 Roll stability control Lincoln MKT, Dodge Dart
Torque vectoring control Ford Escape, Lincoln MKT
衝突安全性 Driver knee airbag Chevrolet Malibu Eco, Chevrolet Sonic, Cadillac XTS,
Buick Verano, Ford Escape, Dodge Dart
後席用 airbags Chevrolet Sonic, Cadillac XTS, Buick Verano, Dodge Dart
運転支援 Automatic braking Cadillac XTS
Rear cross traffic alert Cadillac XTS, Ford Escape, Lincoln MKT, Dodge Dart
視認性確保 Auto high beams Lincoln MKT, Dodge Dart
Automatic-dimming side mirror Cadillac XTS, Lincoln MKT
シート Ventilated front seats Cadillac XTS, Lincoln MKT
Heated rear outboard seats Cadillac XTS, Lincoln MKT
快適・利便性 Reconfigurable gauge cluster Cadillac XTS, Dodge Dart
Power liftgate Ford Escape, Lincoln MKT