Mercedes-Benz Cars:2011年に過去最高の135万台販売を見込む

新型Premiumコンパクトカーを米国市場へ投入、中国Beijing Benzでも生産

2011/11/14

要 約

 Daimlerの乗用車部門 Mercedes-Benz Carsは、2011年1~10月に過去最高の1,108,538台(前年比6.9%増)を販売し、2011年通年で過去最高の世界135万台販売を見込む。Daimlerは、ここ数年の間、地域としては北米、BRICs諸国(特に中国)、韓国にMercedes-Benz Carsの成長の機会があるとしている。

 Daimlerは、欧米での燃費規制強化や車両・エンジンとも小型化する傾向に対応し、Premiumコンパクトカー(A-/B-Class後継モデル)を開発した。ドイツのRastatt工場とハンガリーに建設中の新工場に、14億ユーロを投資して設備を整え生産する。米国市場に投入し(Mercedes-Benzブランドが米国市場で発売する初の前輪駆動車となる)、中国のBeijing Benzでも生産する。Daimlerは、A-/B-Class後継車の販売台数を、2010年の22万台から中期的に40万台へほぼ倍増する計画。

 Daimlerは、欧米市場で大幅なCO2排出量削減・燃費向上を迫られており、2009~2010年に4気筒/V6/V8エンジンを更新した。V6/V8直噴エンジンの燃費を24%向上させ、また2011年に大幅改良したC-Classの米国販売車には4気筒直噴ターボエンジンを搭載するなど燃費向上を進めている。

 生産能力増強では、米国アラバマ州のTuscaloosa工場に、新型車開発や設備増強に24億ドルを投資すると発表した。現在生産するCUV 3車種に加え、2014~2015年から次期型C-ClassやM-Classベースのクーペの生産を追加する。

 中国ではBeijing Benzに20億ユーロを投資し、現在生産しているC-/E-Classに加え、近くコンパクトSUVのGLKとA-/B-Class後継3車種の生産を追加する。エンジン工場も建設し、2013年に4気筒エンジンの生産を開始すると発表した。