【新規掲載】グローバルトップ10メーカー生産予測(2018年第4四半期版)

2021年に世界全体のライトビークル生産は1億台を突破、VWグループがトップの座を堅持

2019/03/04

概要

※当予測レポートは、四半期ごとに最新版をリリースします。

・LMC Automotiveの予測(2018年第4四半期時点)によれば、世界全体のライトビークルの生産台数は2019年に9,560万台(2018年比1.2%増)、2021年に1億102万台(同7.1%増)に達する見通しである。
・主要グループでは、VWグループが中国での増産を背景に世界生産トップの座をより堅固なものとし、後を追うRenault-日産-三菱グループおよびトヨタグループとの差を広げる見通しである。また、中位グループでは、現代グループが台数を回復させ、2020年以降に再び800万台水準を達成すると予測される。
・また、米州と中国への事業集中を進めるGMの生産は650万台水準で横ばいと予測されるほか、Fordも600万台前後のレベルで停滞すると見込まれる。