LMC Automotive 2021年6月自動車市場月報(欧州)

2021年6月の西欧販売は12.6%増の116万台、季節調整済み年率換算販売は1,190万台/年に上昇

2021/07/08

西欧主要17ヵ国の販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

 

  • 西欧の2021年6月の乗用車販売台数は季節調整済み年率換算で1,190万台/年に上昇し、市場は今年上半期を通して緩やかな増加傾向が続いている。ただ、1~6月平均の年率換算販売は1,100万台/年の水準にとどまっており、改善の余地は大きく残っている。

  • 英国、スペイン、フランス、ドイツ、イタリア
    英国の6月の季節調整済み年率換算販売で200万台/年となり、堅調な水準を維持した。一方でスペインの6月の年率換算販売は90.4万台/年に低下し、期待を下回った。フランスでは、6月は政府によるインセンティブが得られる最後の月であったが、年率換算販売は180万台/年とわずかな改善にとどまった。ドイツでは6月に290万台/年に上昇したが、依然としてパンデミック前の水準を大きく下回っている。最後にイタリアの6月の年率換算販売は160万台/年となり、わずかに改善した。

  • 今後の展望
    LMC Automotiveでは、ロックダウン措置の緩和に伴う経済環境の改善により、年後半の年率換算販売は増加すると引き続き想定する。ただ、規制措置の緩和によって市場がパンデミック前の水準に即座に戻る訳ではない。今年1~6月累計の販売は2019年の同じ時期と比較して24%減となっており、回復にはまだ時間を要することを示している。また、今後の見通しには下振れリスクがある。半導体不足の影響によって消費者が購入を希望する車種の供給に問題が生じた場合、一部では購入を遅らせる可能性がある。