中国のパラダイムシフト - パワートレインの多様化

NEV規制の緩和とCAFC規制の厳格化、ドイツメーカーによるEV生産拡大

2021/03/01

要約

  本レポートは、弊社と提携関係にあるドイツSpringer社の自動車技術専門誌「ATZ」(www.atz-magazine.com)および「MTZ」(www.mtz-magazine.com)のSpotlight記事を掲載しています。

Springer Fachmedien Wiesbaden GmbHについて

  2010年に、世界有数の科学・技術出版社Springer Nature Companyの傘下企業として設立。主に、エンジニアや社会科学者を対象とした技術専門誌の発行、書籍の出版、ならびに各種技術イベントの開催等を行っている。

自動車技術専門誌ATZについて

  Motorwagen-Zeitschrift (Motored Vehicles Magazine)として1898年に創刊された自動車技術専門誌。1929年からは「ATZ(=Automobiltechnische Zeitschrift:Automotive engineering magazine)」に誌名を変更。ドイツ語に加え、2001年より英語版の発行を行っている。

 

中国のパラダイムシフト
– パワートレインの多様化

中国市場は世界各国からeモビリティを先導していると見られてきた。
しかし中国政府は将来的に他の種類のパワートレインに力を入れ
ようとしている。この新たな動向が欧州のメーカーと市場に
影響を及ぼすのは必至である。

 

資料:ATZ/MTZ/ATZ electronics特派員 Richard Backhaus氏によるATZ electronics 2020年9月号のIN THE SPOTLIGHT記事 "A Paradigm Shift in China - The New Powertrain Mix" をSpringer Fachmedien Wiesbaden GmbH(同社ウェブサイト www.springerfachmedien-wiesbaden.de)の許可を得て掲載しています。