Volvo Carsのすべて

 モデルチェンジ
 環境対応車
メーカー名 車名 発売 備考
image image

SWE


Volvo Cars (吉利系)

Polestar 2

2020年 中型セダンのEV
image image

SWE


Volvo Cars (吉利系)

XC40 Recharge

2020年 コンパクトクロスオーバーSUVのEV
image image

SWE


Volvo Cars (吉利系)

XC90 B5 Mild Hybrid

2019年 中型クロスオーバーSUVの48V HV
image image

SWE


Volvo Cars (吉利系)

S60 T6/T8 Twin Engine image

2019年 中型セダンのPHV
image image

SWE


Volvo Cars (吉利系)

V60 Twin Engine

2018年 中型ワゴンのPHV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2020年01月16日(木)

・ボルボ・カーは1月15日、チャイナ・ユニコム(China Unicom、中国聯通)と中国における5G次世代モバイルネットワーク技術を活用した路車間通信で協業すると発表した。5GおよびV 2X技術の車両搭載に向けた研究開発やテストに共同で取り組むことで合意した。
・ボルボ・カーとチャイナ・ユニコムは中国で路車間通信への5G技術の幅広い導入形態を研究し、安全性、
持続可能性、顧客利便性、自動運転などでの改善可能な点の特定を行っている。
・ボルボ・カーは次世代のSPA2モジュラープラットフォームをベースとしたモデルに5G通信技術の搭載を計画している。
ボルボカーのリリースをみる

2020年01月16日(木)

・1月14日付の米国の複数のメディアは、ボルボ・カーがプレミアムSUVの新型「XC90」の電気自動車(EV)バージョンを生産するため、米サウスカロライナ州のリッジビル(Ridgeville)工場にバッテリー組立工場を建設すると発表したと報じた。
・着工は2020年秋、完成は2021年末を予定。州間高速道路26号線近くの最終組立工場に隣接する予定。
・このプロジェクトは、リッジビル工場への追加投資として6億ドルを投じた2017年計画の一環で実施される。追加投資計画には、新オフィス、第2生産ライン、Volvo Car Universityと呼ぶトレーニングセンターの設立も含まれる。
・バッテリー組立工場は、2022年前半に生産が開始される新型「XC90」の投入に間に合わせる計画で、2022年後半にEVバージョンの生産も開始される。
・リッジビル工場では現在約1,500人を雇用し、ミッドサイズセダンの「S60」の組立を行っている。新型「XC90」を生産することで、さらに1,000人の雇用を創出する予定。
・ボルボ・カーは総投資額11億ドルのリッジビル工場で新型「XC90」のEVバージョンをどのくらい生産するのかは明らかにしていない。
(multiple sources on January 14, 2020)

2019年12月17日(火)

・ボルボ・カーは12月12日、ミッドサイズセダンの新型「S60」の発表会を上海で行ったと発表した。全部で7バージョンが設定されており、価格は28.69万元から46.19万元。
・拡張可能なプラットフォームのSPA(Scalable Product Architecture)をベースとする。Drive-EシリーズのT3、T4、T5、T8の4種類のターボエンジンが設定されている。T8のハイブリッドシステムはeAWD(インテリジェント4駆)を組み合わせ、システム最高出力は390hp、システム最大トルクは640Nmに達する。0-100km/h加速時間は4.6秒、総合燃費は1.9L/100km。
・すべてのグレードで安全システムCity Safety、車道逸脱警報システム、車線維持アシスト(LKA)、ドライバー・アラート・コントロール(DAC)などを標準装備する。一部のモデルではパイロットアシストシステム、死角情報提供システム(BLIS)、クロストラフィックアラート(CTA)などを採用する。

ボルボのリリースおよびモデル情報に基づく