Volvo Carsのすべて

 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

SWE


Volvo Cars (吉利系)

Polestar 1

2020年 4人乗り中型クーペのPHV
image image

SWE


Volvo Cars (吉利系)

Polestar 2

2020年 中型セダンのEV
image image

SWE


Volvo Cars (吉利系)

XC40 Recharge Pure Electric

2020年 コンパクトクロスオーバーSUVのEV
image image

SWE


Volvo Cars (吉利系)

XC40 Mild Hybrid

2020年 コンパクトクロスオーバーSUVの48V HV
image image

SWE


Volvo Cars (吉利系)

XC40 Recharge Plug-in Hybrid

2020年 コンパクトクロスオーバーSUVのPHV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2021年04月14日(水)

・ポールスターは13日、「ポールスター2 (Polestar 2)のバージョンを3種類に拡大すると発表した。2種類の電気モーターと2種類のバッテリーパックが設定される。価格は約4万ユーロから。
・今回の拡充では既存の78kWhバッテリーパックと300 kW (408 hp)を出力するデュアルモーター搭載バージョンに、新たに78kWhバッテリーパックと170kWのモーターを搭載するロングレンジバージョンと、64kWhバッテリーパックと165kWのモーターを搭載する標準バージョンが加わった。

※画像をクリックすると拡大します
ポールスターのリリースをみる

2021年04月13日(火)

・ボルボ・カーは4月12日、エヌビディア(NVIDIA)との提携を強化し、次世代のボルボ車に搭載する自動運転用コンピューターにNVIDIA DRIVE OrinのSoC技術を採用すると発表した。
・ボルボ・カーは、次世代モデル(SPA2モジュラープラットフォームをベース)にNVIDIA DRIVE Orinを搭載する最初のグローバル自動車メーカーになることを目指している。
・このSoCを搭載した最初の車は次世代のSUV「XC90」となり、2022年に発表される。
・NVIDIA DRIVE Orinを搭載したコンピューターは、車内開発やZenseact(ボルボ・カーの自動運転ソフトウェアの開発子会社)開発のソフトウェアやステアリングやブレーキのバックアップシステムとの組み合わせで作動する。
・NVIDIA DRIVE Orinの採用でコンピューティングパワーとグラフィックス処理能力が強化され、ボルボ・カーズの技術パートナーであるLuminar社が開発した最先端のLiDAR技術など、自律走行に必要な高度なセンサー類の搭載が可能となった。
・SPA2プラットフォームは、自動運転用ハードウェアとして量産に間に合うよう準備される。
・ハイウェイパイロット(Highway Pilot)と呼ばれる自律的自動運転機能は、個別の自車位置や走行条件から安全性が検証された時にアクティベートされる。
ボルボ・カーのリリースをみる

2021年04月08日(木)

・ポールスターは7日、最初の年次レビューにおいて2030年までにクライメートニュートラルな生産を達成するという壮大な目標を発表した。気候変動対策はすでに事業全体に組み込まれており、気候変動目標は従業員ボーナスシステムに統合されている。
Polestar 0プロジェクトでは植樹によって排出量を相殺するのではなく、排出をなくすことを推進する。
・食品やファッションなどの産業に共通する持続可能性宣言は、将来のすべてのポールスターのモデルに適用される。「ポールスター2 (Polestar 2)」から始めている取組では、最初にカーボンフットプリントと追跡されたリスク資料を開示し、ラベルを企業のWebサイトとショールームPolestar Spacesに表示することで独自の透明性の先例を設定している。持続可能性に関する継続的な更新を反映して、追加の詳細と情報が時間とともに追加されるという。

※画像をクリックすると拡大します
ポールスターのリリースをみる