スズキのすべて

 EV・自動運転
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2024年02月29日(木)

・スズキのハンガリー子会社マジャールスズキ(Magyar Suzuki)は2月26日、エステルゴム(Esztergom)自動車工場でソーラーパークの引き渡しが完了したと発表した。同社は約2年間にわたりソーラーパークプロジェクトに200万ユーロを投資した。ソーラーパークプロジェクトは2022年5月から2024年2月中旬の間に設計、許可、認可が行われ2024年2月末に再生可能エネルギーの発電を開始した。 

・同工場は年間最大320万kWhのエネルギーが生産可能で、うち310万kWhを使用できる。同工場では毎年4,500万kWhのエネルギーを消費しているため太陽光発電所は年間エネルギー需要の約6~7%を満たし年間約2億7,200万フォリント(約1億1,000万円)を節約できる。また、間接的CO2排出量1,700トン以上の削減にもつながる。 

・同社は塗装工場、バンパー工場、業務部門でもヒートポンプを使用しており、生産エリアの冷房と暖房や工場全体の給湯に寄与している。 

・同社では太陽光発電容量を拡大してエネルギー需要の約30~50%を賄うことも計画している。 

Based on Magyar Suzuki press release

2024年02月22日(木)

・スズキのインドネシア現地法人であるPT Suzuki Indomobil Sales (SIS)は2月15日、インドネシア国際モーターショー(IIMS) 2024で新型サブコンパクトSUV「ジムニー(Jimny) 5ドア」を正式に発売した。価格は4億6,200万ルピア(約445万円)から。

・新型「ジムニー 5ドア」は、1.5L K15Bエンジンを搭載し、5速MTまたは4速ATを組み合わせる。3ドアバージョンより、タフで力強いデザインが特徴で、全長が3,965mm、ホイールベースは2,590mm、荷室容量が211Lとなっている。

・同社ブースでは、インドネシア製の7人乗り3列シートのコンパクトクロスオーバー「XL7」のハイブリッド(HV)モデル、CセグメントSUV「グランド ビターラ(Grand Vitara)」のHVモデル、マイルドハイブリッド車(MHV)の小型MPV「エルティガ ハイブリッド(Ertiga Hybrid)」も披露した。

(From Suzuki Indonesia press release on February 15, 2024 and on February 16, 2024)

2024年02月21日(水)

Lumax Industriesは、2024年後半に輸出・発売が予定されているマルチスズキ初の電気自動車(EV)向けに受注を獲得したと発表した。また、マルチスズキは2030年までに5,6モデルのEVを投入する計画で、2026年頃に投入予定の第二弾のEVにもLumaxが供給する可能性について協議中であるという。

・そのほか、Lumaxはマヒンドラ初のEV向けにも受注を獲得しており、チャカン工場で生産される予定。(2024年2月14日付Lumax Industries Limited Q3 FY’24 Earnings Conference Callより)