上海汽車 (SAIC)のすべて

 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

CHN


上海汽車/SAIC

栄威R (Roewe R) ER6

2020年 中型セダンのEV
image image

CHN


上海汽車/SAIC

科莱威 (Clever)

2020年 サブコンパクトハッチバックのEV
image image

CHN


上海汽車/SAIC

名爵 (MG) EZS

2019年 コンパクトクロスオーバーSUVのEV
image image

CHN


上海汽車/SAIC

名爵 (MG) eHS/HS PHEV

2019年 コンパクトクロスオーバーSUVのPHV
image image

CHN


上海汽車/SAIC

Ei5

2018年 コンパクトワゴンのEV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2021年04月13日(火)

・上汽集団とテンセント(Tencent、騰訊)は4月8日、サイバーセキュリティ戦略提携協定書調印式と共同ラボの除幕式を開催したと発表した。
・共同ラボではコネクテッドカーユーザーの個人情報とデータセキュリティの保護に注力し、車両システムのハッキング対策、セキュリティ技術の開発などコネクテッドカーを対象とするサイバーセキュリティ製品を開発する。
・両社はまた、サイバーセキュリティの構築を完成車の開発製造工程に組み入れ、コネクテッドカーのクラウド、ネットワーク、エンドを統合しセキュリティレベルを引き上げ、コネクテッドカーのライフサイクル全体をカバーする仕組みを構築する。
上汽集団のWeChat公式アカウントに基づく

2021年04月12日(月)

・上汽GMのキャデラックブランドは4月7日、GMの「Ultium(アルティウム)」電気自動車(EV)プラットフォームをベースに開発したコンセプトEV「リリック(Lyriq)」を4月19日に開幕する上海モーターショーで世界初公開すると発表した。
・電EV用プラットフォーム「Ultium」はバッテリーと電気駆動のモジュール化設計と、無線通信によるバッテリー管理システムを採用する。デジタルプラットフォームのVIP (Vehicle Intelligence Platform)を採用し、三電技術(電池、モーター、電気制御)や車両のOTA機能の持続的なアップグレードを支援する。
・「リリック」は「Ultium」プラットフォームベースとして開発された初のラグジュアリー電気SUVで、フロントには黒色のクリスタルグリルとLEDが並ぶシグネチャーランプを装備する。インテリアでは33インチのディスプレイ、機能を強化した運転支援システム「スーパークルーズ(Super Cruise)」とデュアルプレーン拡張現実(AR)に対応したヘッドアップディスプレイ(HUD)などを装備する。

キャデラックブランドのリリース1/2

2021年04月07日(水)

・上汽GMは4月6日、ビュイックブランドのプレミアムミッドサイズSUV「エンビジョンPlus (Envision Plus、昴科威Plus)」を4月18日に世界初公開すると発表した。
・「エンビジョンPlus」は、GMのミッドサイズプレミアムSUVプラットフォームをベースに開発され、GMの新型次世代電子アーキテクチャーとビュイックブランドの最新のSUVデザイン言語を採用した。ホイールベースは2,833mm。
・次世代インテリジェント駆動システム、インタラクティブシステム「eConnect」、インテリジェントドライブアシストシステム「eCruise」を装備する。

上汽GMの公式Wechat、GMのプレスリリース1/2