上海汽車 (SAIC)のすべて

 モデルチェンジ
 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

CHN


上海汽車/SAIC

MG5 Electric

2022年 コンパクトワゴンのEV
image image

CHN


上海汽車/SAIC

栄威 (Roewe) iMAX8 EV image

2022年 ミニバンのEV
image image

CHN


上海汽車/SAIC

飛凡 (Rising Auto) MARVEL R

2021年 コンパクトクロスオーバーSUVのEV
image image

CHN


上海汽車/SAIC

飛凡 (Rising Auto) ER6

2020年 中型セダンのEV
image image

CHN


上海汽車/SAIC

科莱威 (Clever)

2020年 サブコンパクトハッチバックのEV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2022年06月29日(水)

・MGは6月28日、電気自動車(EV)の新型コンパクトハッチバック「MG4エレクトリック(MG4 Electric)」を第4四半期に欧州市場に投入すると発表した。MGの親会社である上海汽車が新たに開発したMSP (Modular Scalable Platform)をベースとした初のモデルとなる。
・51kWhまたは64kWhのフラットなバッテリーパックを搭載し、1回の充電で最長450kmを走行できる(WLTPモード)。後輪駆動で、64kWhのバッテリーを搭載する場合の最高出力は150kW、51kWhの場合は125kWを発揮する。0-100km/h加速は8秒未満、最高速度は160km/hとなる。四輪駆動などのバージョン追加も計画されている。
・車体サイズは全長4,287mm、全幅1,836mm、全高1,504mm。
・現在は欧州の様々な環境のもとで累計12万kmに及ぶ耐久性テストを行っている。
・「MG4エレクトリック」はセルの配置を工夫し、最も薄い部分で高さを110mmに抑えた「ONE PACK」バッテリーを搭載し、優れたスペース効率を実現した。新設計の冷却システムを組み合わせ、超高統合、超長寿命、熱暴走を防止する安全システムを特徴としている。また、将来はBaaS (Battery as a Service、バッテリーレンタルサービス)にも対応する。
・SOA (service-oriented architecture)アーキテクチャを採用することで、OTAによるアップデートが可能。先進自動運転ソリューションに必要な、LiDARや5G-V2X機能を統合したPixel Point Cloud Comprehensive Environment Mapping (PP CEM)も装備している。

※画像をクリックすると拡大します
MG Motor Europe press release

2022年06月27日(月)

・インドネシア自動車製造業者協会(GAIKINDO)がウェブサイトに掲載した6月22日付資料によると、五菱汽車の小型電気自動車(EV)「五菱(Wuling) EV」の生産が9月に開始する見込みであることが明らかになった。
・価格は3億ルピア(約270万円)以下となる模様で、GAIKINDOはこれを一般市民に手の届きやすい価格だと評価した。
・「五菱EV」は未来的なデザインの小型EVで、五菱の小型EV「Air」の姉妹車とみられ、MPVの「コンフェロ(Confero)」および「コルテズ(Cortez)」、SUV「アルマズ(Almaz)」を生産する西ジャワ州チカラン(Cikarang)工場で生産されるとみられる。
・「五菱EV」の量産バージョンはインドネシア電気自動車産業協会(Periklindo)が主催するEV展示イベントまたはGAIKINDOが主催するモーターショーでの発表が予想される。
(From Gaikindo press release on June 22, 2022)

2022年06月23日(木)

・MGは6月21日、Siemens (シーメンス)のデジタル技術(IoT、データ分析、プラントシミュレーション、オープンIoTオペレーティングシステムMindSphereなど)を活用して、生産性の向上、消費エネルギー・コストの削減、温室効果ガス排出量の低減を可能にするソリューションの供給で、シーメンスと提携したと発表した。
・MGはシーメンスの工場オープンIoTオペレーティングシステムmindSphereを使う最初のメーカーになるとともに、デジタルツインを活用した工場のシミュレーションを行う。このソフトウェアは、工場の資産と製造プロセスをつなげ、合理的に塗装工程に新たな洞察を提供する。その結果、前処理と電着塗装工程の生産性を15%向上させることが可能であるという。
Based on MG Motor India's press release