GMのすべて

 環境対応車
メーカー名 車名 発売 備考
image image

USA


GM

Chevrolet Menlo (畅巡) EV image

2020年 コンパクトクロスオーバーのEV
image image

USA


GM

Buick Velite 6 (微蓝)

2019年 コンパクトハッチバックのEV
image image

USA


GM

Cadillac CT6 Plug-In Hybrid

2017年 フルサイズセダンのPHV
2019年に販売終了
image image

USA


GM

Buick Velite 5

2017年 コンパクトハッチバックのPHV
2019年に販売終了
image image

USA


GM

Buick Regal HEV

2017年 中型セダンのHV
2019年に販売終了
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2020年01月24日(金)

・デトロイトフリープレスは1月22日、ミシガン州経済成長局(MEGA: Michigan Economic Growth Authority)が2009年に初めてGMと締結した税額控除についての協約への改定をミシガン戦略ファンド(Michigan Strategic Fund)の委員会が1月21日に承認したと報じた。
・この改訂はGMに対し、2029年までミシガン州にある工場へ35億ドルを新たに投資し、少なくとも3万4,750人の雇用を維持することを義務付けている。
・また、GMは従業員1人あたりの最低週給を、税額控除を受けるために2009年に設定した650ドルから1,300ドルへと引き上げることで合意した。
・2019年10月に全米自動車労働組合(UAW)が承認した2019年の労使協定では、GMは、デトロイト・ハムトラミック(Detroit-Hamtramck)工場で電気ピックアップとSUVを生産するための設備更新に30億ドルを投じ、約2,000人の新規雇用を創出することで合意している。
・またこの協定では、GMがミシガン州のいずれかの工場に20億ドル超の投資を行った場合、同州のその他の工場へ15億ドルを投資することになっている。
・MEGAとの協約の改定の一部として、GMは追加の税額控除において410万ドル分の権利を失うことになる。これは2009年にGMの子会社Subsystems LLCに対し、バッテリーパックを生産しているブラウンズタウン・タウンシップ(Brownstown Township)工場で290人の雇用を維持するために付与されたもの。ただし、この従業員数は今回の協約改定における3万4,750人の雇用維持数には含まれている。
(Detroit Free Press article on January 22, 2020)

2020年01月24日(金)

・GMは1月23日、米国ノースカロライナ州南西部のシャーロット(Charlotte)に運転性能とレース活動に重点的に取り組む技術センター「Charlotte Technical Center」を新設すると発表した。レーシングプログラムで得た知見やリソースをコアとなる車両設計に生かす方針という。
・新設の技術センターは2020年中頃に操業を目指し、将来技術と設計開発能力を高める場にするという。
・敷地面積は7万5,000平方フィート(約7,000平方メートル)。コンコード(Concord)市に位置し、オーバルトラックのCharlotte Motor Speedwayからは10マイル(約16km)以内の距離。
・技術センターの新設によってNASCAR(全米自動車競争協会)に参戦するシボレーチーム、ならびに他のGMチームを支援する機会を拡大できるとしている。走行を忠実に再現するドライバー・イン・ザ・ループ(Driver-in-the-Loop)シュミレーター、車両シュミレーション、空力開発などの領域で支援する。
・レーシング分野で活用されている計算流体力学技術、スケールモデル試験、ローリング・ロードシステムを用いた風洞試験などの開発技術を量産車両の開発に応用していくという。

※画像をクリックすると拡大します
GMのプレスリリースをみる

2020年01月23日(木)

・GM傘下の自動運転開発会社クルーズ(Cruise LLC)は1月21日、初の開発モデルとなるシェアリング用自動運転電気自動車(EV)の「オリジン(Origin)」をサンフランシスコで披露したと発表した。
・「オリジン」は自動車デザインの手本にならったような魅力的なスタイリングながら平均的な乗用車のサイズで、スライドドアや対面シートの採用などが特徴となっている。
・「オリジン」にはGMが開発した全く新しいモジュラー電気プラットフォームが採用され、従来のEVの半分のコストで生産できるように設計されている。耐久性でも100万マイルの使用に耐えるという。
・何層にも張り巡らせたセンサー群は複数の人や物体を追跡し、距離が離れていたり、暗闇や、雨や霧で視界が悪い状態でも性能を発揮するという。
・また、ひとたび稼働状態となると、昼夜問わずいつでもアプリ操作で自動運転の「オリジン」を呼び出すことができる。
・発表の時点では生産場所や発売時期に関する情報は公表されていない。

※画像をクリックすると拡大します
Cruiseのリリースをみる 1 / 2