GMのすべて

 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

USA


GM

Cadillac XT5 image

2021年 フルサイズクロスオーバーSUVの48V HV
image image

USA


GM

Cadillac XT6 image

2021年 フルサイズクロスオーバーSUVの48V HV
image image

USA


GM

Chevrolet Menlo (畅巡)

2020年 コンパクトクロスオーバーのEV
image image

USA


GM

Chevrolet Monza (科鲁澤) Redline/RS

2020年 コンパクトセダンの48V HV
image image

USA


GM

Chevrolet Orlando (沃蘭多)

2020年 コンパクトクロスオーバーの48V HV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2021年03月05日(金)

・デトロイトフリープレスは3月4日、GMが米国では2つ目となるバッテリーセル工場の建設を検討していることを認めたと報じた。GMは現在、LG化学のバッテリー事業会社であるパートナーのLG Energy Solutionsとオハイオ州ローズタウン(Lordstown)で最初の工場を建設中。
・GM広報担当のDan Flores氏は、「GMとLG Energy Solutionsは合弁会社のUltium Cells LLCを通じて、米国内に2つ目となる最先端のバッテリーセル生産工場建設の可能性を調査している。2021年上期中には結論を下せると期待している」と語った。
・GMは候補地については公言していないが、このプロジェクトに精通した人物によると、両社は新工場建設に約22億ドルを投じる模様で、現在テネシー州職員や同州中央部のモーリー(Maury)郡やウィリアムソン(Williamson)郡の代表者と税優遇策について交渉中だという。
・キャデラック「XT5」、「XT6」、GMC「アカディア(Acadia)」などのSUVを生産するスプリングヒル(Spring Hill)工場は、モーリー/ウィリアムソン郡にある。
・GMは、スプリングヒル工場で生産することになる最初の電気自動車(EV)はミッドサイズクロスオーバーSUVのキャデラック「リリック(Lyriq)」になり、2022年第1四半期に発売予定だと発表していた。
(Detroit Free Press article on March 4, 2021)

2021年03月04日(木)

・3月3日付けのGMのリリースとデトロイトニュースの報道によると、GMは終息の見通しがたたない世界的な半導体不足の影響により、2月初めに生産を休止した工場で休止期間を延長せざるをえないと発表した。
・GMは今回、シボレー「エキノックス(Equinox)」、「トラックス(Trax)」、GMC「テレイン(Terrain)」などのSUVを生産するメキシコ・サンルイポトシ(San Luis Potosi)工場で、3月末まで休止を延長する。
・同様に、キャデラック「XT4」やシボレー「マリブ(Malibu)」を生産するカンザス州フェアファックス(Fairfax)工場やシボレー「エキノックス(Equinox)」を生産するカナダ・オンタリオ州インガソル(Ingersoll)のCAMI工場でも、少なくとも4月中旬まで休止を延長する。
・GMはこれまで、これら北米の工場では少なくとも3月中旬までの休止延長を予定していた。
・シボレー「オニックス(Onix)」や「オニックスプラス(Onix Plus)」を生産するブラジルのグラヴァタイ(Gravatai)工場では4月と5月も続けて生産を休止する。
・GMは生産休止分を取り戻したいという考えはあるものの、まずはフルサイズトラックやSUVを含む人気車を守ることを最優先に取り組んでいる。
・GMによると、トラック工場では半導体の不足で生産を休止したりシフトを減らしたりはしていないという。
(Detroit News article on March 3, 2021)  GMのリリースをみる

2021年03月04日(木)

・複数の米国メディアは3月2日、GMが2021年型となるフルサイズSUVの新型「エスカレード(Escalade)」のディーゼルバージョン600Dの生産を開始したと報じた。
・新型「エスカレード」に標準設定されている最高出力420hp、最大トルク460 lb-ftの6.2L V8エンジン(製造コードL87)搭載バージョンは、既に2020年から生産が始まっているが、オプション設定となるディーゼルバージョンの生産はこれから拡大する。
・購入希望者は、全グレードで追加費用無しで最高出力277hp、最大トルク460 lb-ftの3.0L 6気筒ターボディーゼルエンジン(製造コードLM2)を選択できる。
・両エンジンともに10速ATとの組み合わせになる。
・新型「エスカレード」はテキサス州アーリントン(Arlington)工場で生産されており、SUVにリア独立懸架サスペンションの採用を可能にしたT1プラットフォームをベースにしている。
・同車には高速道路でのハンズフリー運転支援システムのスーパークルーズ(Super Cruise)が採用されている。
(multiple sources on March 2, 2021)