フォード (Ford)

 環境対応車
メーカー名 車名 発売 備考
image image

USA


Ford

FシリーズHV

2020年 フルサイズピックアップのHV
image image

USA


Ford

Transit Custom PHEV

2019年 商用バンのPHV
image image

USA


Ford

Lincoln Aviator Grand Touring image

2019年 中型クロスオーバーSUVのPHV
image image

USA


Ford

Explorer Hybrid image

2019年 フルサイズクロスオーバーSUVのHV
image image

USA


Ford

Mondeo Plug-in Hybrid

2018年 中型セダンのPHV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2019年03月22日(金)

・フォードは3月20日、新型の電気自動車(EV)、自動運転車、次期型の「マスタング(Mustang)」の生産をミシガン州で行う一連の生産変更を発表した。
・グローバルでの111億ドルの投資計画に沿って、フォードは次世代フレキシブルEVプラットフォームを使用し、EVの生産をミシガン州のフラットロック(Flat Rock)工場にも広げる。
・これら対象車両の生産は、2020年に始まるメキシコのクアウティトラン(Cuautitlan)工場でのEVの高性能SUVの生産に続くものである。
・フォードは次期型「マスタング」の生産対応を含め、2023年までに8億5,000万ドル超をフラットロック工場に投資し、2019年4月に終了予定の2シフト体制を復活させる。
・フォードのミシガン州南東部での事業に総額9億ドルを投資する計画の一部として、同社は自動運転車センターを建設する。同センターでは、商用グレードのハイブリッド(HV)に自動運転技術やユニークな内装をカスタムで搭載する。
・同センターの詳細な建設場所は決まっていないが、2021年に稼働予定だという。
・フォードはまた、現在グローバル向けにスペインで生産しているコンパクトバン/ワゴンの「トランジット コネクト(Transit Connect)」の次期型の北米向け生産を、2021年にメキシコのエルモシージョ(Hermosillo)工場で開始する。現在同工場では、ミッドサイズセダンの「フュージョン(Fusion)」、「フュージョンHV」、リーンカーン「MKZ」を生産している。
・フォードは2019年モデルを最後に「フュージョン」のフルモデルチェンジを行わず、生産もここ数年内に終了すると発表している。
フォードのプレスリリースをみる

2019年03月20日(水)

・3月19日付けのフォードプレスリリースとデトロイトニュースによると、フォードは7月初めの夏季休暇後にケンタッキー(Kentucky)トラック工場でフルサイズSUVを20%増産する計画を発表した。
・フォードの北米生産担当の副社長であるJohn Savona氏は、フルサイズSUVの「エクスペディション(Expedition)」やリンカーン「ナビゲーター(Navigator)」に対する需要が強く、20%の増産決定は今回が2回目となると語った。
・現在のケンタッキー工場の従業員数は8,100人で、近接するルイビル(Louisville)工場から550名が異動してくる。
・フォードは2018年11月、ルイビル工場で生産するコンパクトSUVの「エスケイプ(Escape)」やリンカーン「MKC」の減産により、同工場が2019年春に3シフトから2シフト体制に移行すると発表していた。
・ルイビル工場では今後、2019年後半に発売する次世代の「エスケイプ」と「MKC」用に生産治具の入れ替えを行う。
・ケンタッキー工場では、2018年に7万5,826台の「エクスペディション」と2万4,537台のリンカーン「ナビゲーター」を生産した。それら車種の2018年販売は、前年比それぞれ5%増と70%増であった。
・同工場ではフルサイズピックアップの「Fシリーズ スーパーデューティ(F Series Super Duty)」も生産しており、2017年には1日あたりの平均生産台数は1,000台であった。
・2018年から2019年にかけて、ケンタッキー工場は工場敷地の拡張無しに、ラインスピードを上げたり各種改善を取り入れることで、生産能力に対し102%の生産実績となった。
・組立チームは2層での作業を行っており、車の上での作業やプラットフォームから車体下側の作業を同時進行させている。
・同工場では生産工程の80%を見直し、ドアの組立ライン新設に2,500万ドルを投資した。
・ケンタッキー工場は24時間、週6日稼働で、週末の24時間がダウンタイムとなる。
(Ford press release on March 19, 2019) (Detroit News article on March 19, 2019)

2019年03月19日(火)

・フォードは3月15日、インドでコンパクトハッチバック「フィーゴ(Figo)」の改良型を発売したと発表した。
・新型の1.2L Ti-VCTガソリンエンジンを搭載。最高出力は96PS、燃費は20.4km/L。
・5速MTに加え、6速ATを新たに導入した。
・最新の1.5L 3気筒ガソリンエンジンの最高出力は123PS。
・1.5L TDCi ディーゼルエンジンの最高出力は100PS、燃費は25.5km/L。
・競合は、現代自の「i20」、マルチ・スズキの「バレーノ(Baleno)」、ホンダの「ジャズ(Jazz)」。
Based on Ford India website update