東風汽車 (Dongfeng)のすべて

 モデルチェンジ
 EV・自動運転
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2024年07月16日(火)

東風汽車は710日、傘下のプレミアム新エネルギー車(NEV)ブランド嵐図汽車(Voyah、以下、東風嵐図)湖北省武漢市経済情報化局、公安局、交通運輸局からコネクテッドカーの試験用ナンバープレートを取得したと発表した。

20243月、東風嵐図はミッドサイズ電気SUV嵐図FREE」をベースとして高度自動運転支援機能の開発を行っている。車両には4つのLiDAR7つのHDカメラ、5つのミリ波レーダーなどの感知センサーのアップグレードが完了し、予め設定された地図エリア内およびさまざまな道路状況でいずれも高度運転支援機能を実現している。

5月中旬には国家コネクテッドカー試験場でGB/T 41798-2022「コネクテッドカー自動運転機能のフィールド試験方案および要件」の試験シナリオに合格した。試験内容は交通信号機、道路交通インフラと障害物などの識別応答、緊急時の危険自動回避、動的運転タスク関与、運転引継ぎなど8カテゴリーの32試験項目であった。

東風汽車のWechat公式アカウントに基づく

2024年07月12日(金)

東風汽車股份有限公司710日、完全子会社である東風軽型商用車営銷有限公司を吸収合併すると発表した。東風汽車の管理機構を最適化し、運営効率の向上を目指す。吸収合併後、東風軽型商用車営銷は法人格を失う。

・東風軽型商用車営銷は2001年、湖北省武漢市に登録資本金1億元で設立された。事業範囲は自動車の販売、自動車部品・付属品の製造、自動車部品の研究開発など。

 

東風汽車の上海証券取引所公告に基づく

2024年07月09日(火)

・東風汽車は7月5日、部品の「躍創プロジェクト」として、部品事業部を設立し、競争力を備えコアとなる一流の部品メーカーを目指すと発表した。

・東風汽車部品事業部は以下を分担する。

・部品の「躍創プロジェクト」の実施に伴って、東風汽車はコネクテッド、およびバッテリー、モーター、電子制御などの部品分野への投資を拡大し、東風汽車の変革・発展を推進する。

・2024年上半期、東風汽車の新エネルギー車(NEV)販売台数は前年同期比118.4%増の38万台、自社ブランドの車両販売台数は前年同期比45.5%増の66.4万台となった。

東風汽車のWechat公式アカウントに基づく