独RoSiLIBプロジェクト、効率的なリチウムイオンバッテリーを開発へ  [ ドイツ ]

・フラウンホーファー研究機構生産技術・応用マテリアル研究所(IFAM)は3月31日、リチウムイオンバッテリー用の新しい高エネルギー負極をRoSiLIBプロジェクトで開発中だと発表した。・RoSiLIBプロジェクトには、IFAMの他にヘルムホルツセンター ドレスデン・ローゼンドルフ研究所(Hel...
<2021年04月06日(火)>