Marelli、新型コロナウイルスの影響で北米拠点の生産を一時休止  [ 米国 ]

Marelli (マレリ)は、多くの自動車メーカーが新型コロナウイルス蔓延に対する懸念によって工場閉鎖を発表したことを受け、同社も北米拠点の多くで生産を一時休止すると発表した。各工場の休止は時間をずらして実施し、全体の休止期間は数日ごとに評価される見込み。状況により、今後は顧客のニーズに合わせて規模を縮小して操業を継続し、従業員の健康保護のため必要に応じて運用上の変更を行うこともあるという。同社は危急な訪問者のルール、オンラインなどの仮想ミーティング、対人距離、可能な限りの在宅勤務などをすでに実施している。(2020323日付プレスリリースより)

<2020年03月23日(月)>