英乗用車販売、12月は1.1%減、2016年通年は2.3%増で過去最高  [ 英国 ]

・英国自動車工業会(SMMT)が5日に発表した12月の乗用車の新車登録台数は、前年同月比1.1%減の17万8,022台となった。
・2016年通年では前年比2.3%増の269万2,786台で過去最高となっている。
・12月の乗用車の販売台数をブランド別にみると、フォードが前年同月比10.8%減の2万741台(シェア11.7%)、GM傘下のボクソールが18.0%減の1万7,074台(同9.6%)、フォルクスワーゲン(VW)が8.5%増の1万5,634台(同8.8%)、BMWが12.3%減の1万5,066台(同8.5%)、アウディが23.8%増の1万1,319台(同6.4%)など。
・モデル別では、1位がフォード「フィエスタ (Fiesta)」で8,198台、2位がボクソール「アストラ(Astra)」で6,134台、3位がVW「ゴルフ(Golf)」で5,355台、4位がフォード「フォーカス (Focus)」で4,991台、5位がBMW傘下の「ミニ(MINI)」で4,637台など。
・使用燃料別では、ディーゼル車が6.8%減の8万3,637台(シェア47.0%)、ガソリン車が4.3%増の8万8,116台(同49.5%)、代替燃料車(AFV)が8.0%増の6,269台(同3.5%)。
・販売先別では、個人が前年同月比5.5%減の6万7,640台(シェア38.0%)、フリートが0.8%減の10万2,125台(同57.4%)、ビジネスが50.9%増の8,257台(同4.6%)。
・なお、12月のバン(3.5トン未満)の登録台数は前年同月比10.4%減の2万7,239台、トラック(3.5-6トン)は17.2%減の505台、タクシーは0台となっている。
・SMMTのマイク・ホーズ(Mike Hawes)CEOは、2016年は政治的・経済的不確定要素があったにもかかわらず、英国新車市場は過去最高を記録することができたと述べ、2017年はポンドの下落により輸入コストの値上げが見込まれるが、低金利や新モデルの投入により引き続き市場は好調を維持できると予測している。また、長期的にこの好調を続けるためには現在の貿易関係を維持し、新車にかかる関税を避ける必要があると述べた。

SMMTのリリースをみる 1/2

<2017年01月06日(金)>
おすすめコンテンツ

英国の月次販売台数(速報)をみる
英国の月次販売台数データをみる

英国の工場立地マップ

※クリックすると拡大します