安永、リチウムイオン電池の寿命向上技術を発表  [ 日本 ]

安永は、リチウムイオン電池の正極極板製造に独自の技術を導入し、リチウムイオンバッテリーの寿命を従来品比12倍以上に向上させる技術を発表した。試作セルで充放電の耐久試験評価を行ない、3,000サイクルまでの結果を元に寿命を予測。初期容量から70%に減る時点までを寿命とした場合、従来品5,000サイクルに対し、開発品は60,000サイクル以上が見込まれるという。開発ポイントとして、(1) 「微細金型形成技術」 を用いた集電体への特殊加工など、活物質剥離抑制による寿命向上、(2) 集電箔と活物質間の 「界面抵抗減少効果」 による高速充放電性能の向上、をあげている。(2016年11月22日付プレ...
<2016年11月22日(火)>