Continental、ドイツの表面材メーカーの買収に合意  [ ドイツ ]

Continentalは、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州Weissbachを本拠とする表面材メーカーHornschuch Groupの買収に合意したと発表した。北米の市場強化を狙う。Hornschuchはデザインフィルム、機能性フィルム、コンパクトフィルム、フォームラミネート、人工皮革などを製造している。2015年度の売上は410百万ユーロで、ドイツと米国の生産4拠点に1,800名以上の従業員が従事している。買収完了後、Benecke-KalikoはContiTech傘下に統合される予定。(2016年10月15日付プレスリリースより)
<2016年10月15日(土)>