Detroit Diesel、2013年型の新型エンジンを発表  [ 米国 ]

Detroit Dieselは、2013年型エンジンの新製品群を発表した。温室効果ガス排出基準「Greenhouse Gas 2014 (GHG14)」に対応するため、これらの大型エンジンの新製品は燃費向上に向けたエンジン、エレクトロニクス、BlueTec(R)排ガスシステムを搭載している。新型のDetroit「DD15(R)」エンジンは、非対称ターボチャージャーおよび次世代の増圧式コモンレールシステム(ACRS)を装備。さらに、ピストン設計を最適化し、改良したオイルコントロールリングを使用することでオイル消費を低減する。また、「DD13(R)」エンジンは従来に比べてサービス間隔を延長。...
<2012年06月20日(水)>