Federal-Mogul、新型ブレーキパッド「Eco-Friction(TM)」を開発  [ 米国 ]

Federal-Mogulは、トライボロジー的フィンガープリントプロセスを用いて、銅の使用を低減またはゼロにした様々なブレーキパッドを開発した。銅使用に関する法的規制の開始に向けて各社が代替材料の導入を目指すなか、Federal-Mogulの「Eco-Friction(TM)」は顧客試験において既に成果を挙げている。このフィンガープリントプロセスは、ブレーキパッドに使われる個々の原材料に関してデータセットを作成するもの。銅のフィンガープリントデータを用いて、ブレーキパッドの加熱・冷却による機能の変化を調査。1,500種類の原材料を選別して、同じ温度範囲において銅と同様の磨耗・摩擦パターン...
<2012年06月25日(月)>