パナソニックとMinda Industriesがインドで鉛蓄電池の合弁会社設立へ  [ インド ]

パナソニックとMinda Industries (Uno Minda) は、インドのNew Delhiに二輪・四輪車用鉛蓄電池の開発・製造・販売を行う合弁会社を設立すると発表した。設立は、2014年11月を予定している。資本金は16億ルピー (約25.9百万ドル) で、出資比率はパナソニックが60%、Uno Mindaが40%となる。年産能力は、2018年に200万個を見込んでいる。(2014年10月1日付プレスリリースより)
<2014年10月01日(水)>