Faurecia、Peugeotのコンセプトカー「208 Hybrid Air」に部品が採用  [ フランス ]

Faureciaは、2014年パリモーターショーで展示されるPeugeotのコンセプトカー「208 Hybrid Air」に、同社製品が採用されたと発表した。Faureciaが設計したテールゲートは、プラスチックとガラス繊維を組み合わせることで、従来のスチール製部品に比べて約20% (2.8kg) の軽量化を実現している。また、同社の研究開発チームは排気システムの構造を再設計し、全てのスチール製部品を薄厚化。マフラー用パイプおよびケースを平均で0.4mm、バッフルを最大で0.6mm薄くしたことで、排気システム全体の重量を20% (1.9kg) 削減しているという。(2014年9月15日付...
<2014年09月15日(月)>