GKN、Go-Ahead Groupのバス500台に電気式フライホイールシステムを納入へ  [ 英国 ]

GKNと英国の運輸事業会社Go-Ahead Groupは、市街地における排出ガス低減に向けて、今後2年間で500台のバスに電気式フライホイールシステムを搭載することで合意した。このGKNのシステムは英国で開発され、フォーミュラ1で使用された技術をベースとしている。今回、Go-Aheadは、GKN Hybrid PowerにGyrodriveシステム500ユニットを発注した。このシステムは、炭素繊維製の高速フライホイールを採用しており、バスが停止しようと減速する際に発生したエネルギーを貯蔵するもの。貯蔵されたエネルギーを電気モーターに供給し、バスの加速をアシストする。これにより、バッテリー...
<2014年07月29日(火)>