Bosch、欧州研究プロジェクト「OpEneR」でEVの航続距離延長に向けた研究結果を発表  [ ドイツ ]

Robert Boschが参加する欧州の研究プロジェクト「OpEneR」は、スペインのVigoで最終報告会を行い、EV・HVの効率性・安全性を大幅に向上させる運転戦略および運転支援システムを発表した。課題の1つは、最適経路を算出する際にEV特有のニーズを考慮する「エコルート (eco routing)」の開発。試験走行では、エネルギー消費量を最大30%削減したことにより、走行時間を14%延長した。また、同プロジェクトでは、電動パワートレインと回生ブレーキの理想的な連携の研究にも取り組んだ。最適なエネルギー回生に向けて、Peugeot 「3008」のデモカー2台に、Boschの電気機械式ブ...
<2014年07月17日(木)>