ThyssenKrupp、中国・上海に自動車部品工場を開設  [ 中国 ]

ThyssenKruppは、中国・上海に自動車部品工場を開設した。新工場は、中国市場向けにステアリングシステムおよびダンパーシステムを生産する。投資額は約1億ユーロ。浦東 (Pudong) 新区に位置し、敷地面積は35,000平方メートル。ステアリングシャフトや電動ステアリングシステム一式などステアリング関連部品を生産するライン数本を設置している。また、パッシブダンパーシステムの生産ライン1本も建設中で、数カ月以内にフル稼働に入る見込み。さらに、2015年9月期には鍛造ステアリング部品の生産ラインも1 本追加する。新工場の年産能力は、電動ステアリングシステムが約75万ユニット、ダンパーシ...
<2014年07月02日(水)>