ThyssenKrupp、米国の圧延・塗装工場の売却を完了  [ 米国 ]

ThyssenKruppは、ArcelorMittalと新日鉄住金に対して、米国のアラバマ州Calvertにある圧延・塗装工場ThyssenKrupp Steel USAの売却を完了したと発表した。売却金額は15.5億ドル。3社はこのほかに、ブラジルの製鋼所ThyssenKrupp CSAにおけるスラブの長期供給契約も締結した。最長で2019年まで、年間200万トンのスラブをArcelorMittalと新日鉄住金に納入する。この供給に向けた生産は、今後数年間、同工場の稼働率の40%以上を占めることになるという。(2014年2月26日付プレスリリースより)
<2014年02月26日(水)>