Rochling、2011年に自動車用プラスチック部門へ40百万ユーロを投資  [ ドイツ ]

Rochling Groupは2011年、自動車用プラスチック部門に対する投資額が前年比142%増となる40百万ユーロを記録したと発表。このうち76.5%は生産能力拡大に向けて投じられたもの。ドイツのWorms拠点における生産棟の新設や、軽量アンダーボディパネルの生産に向けた新設備の稼動などがこれに含まれる。また、同社は中国の四川省成都(Chengdu)、米国のオハイオ州Akron、ルーマニアのPitestiに新工場を建設。同グループにとって中国3番目となる成都工場の面積は13,000平方メートルで、調節機能付エアダクトシステムの生産を行っている。2012年末に稼動開始となる米国Akro...
<2012年05月24日(木)>