FAW無錫柴油機、輸出が好調  [ 中国 ]

一汽解放汽車有限公司無錫柴油機分公司は2012年に入り海外向け受注が好調。1月~4月のディーゼルエンジン輸出量は4000基を超え、前年同期比15%増。中でもターボチャージャー及びインタークーラー型の需要が多く、輸出全体の72%に達している。主な輸出先はロシア、イラン、ベトナム、中東、北アフリカ。イラン向けは2月にCA6DMエンジンを搭載した"解放"トレーラーJ6 100台を輸出し、イラン市場におけるMシリーズエンジンの保有台数は500基を超えた。これらはすべてユーロⅢ排ガス規制適合仕様。3月-4月にはロシア向けにCA6DL2搭載の"解放"ダンプカーを450台輸出。ロシアは2008年からの...
<2012年05月10日(木)>