Qashqai/Rogue Sport (Nissan)

 ニュース
2020年05月12日(火)

・日系メーカー4社は、2020年4月の中国新車販売台数を発表した。
・日産は11日、4月の中国新車販売は前年同月比1.1%増の12万2,846台、1-4月の累計販売台数は前年同期比29.2%減の32万9,397台であったと発表した。モデル別では、ミッドサイズセダン「アルティマ(Altima、第七代天籁)」、コンパクトハッチバック「ティーダ(Tiida、騏達)」、コンパクトセダン「シルフィ(Sylphy、軒逸)」、SUV「キャシュカイ(Qashqai、逍客)」などの販売が好調だった。
・トヨタの4月の中国新車販売は前年同月比0.2%増の14万2,900台であった。1-4月の累計販売台数は前年同期比15.6%減の41万3,800台であった。
・ホンダは8日、4月の中国新車販売は前年同月比10%減の11万3,430台、1-4月の累計販売台数は前年同期比27%減の33万5,414台であったと発表した。
・マツダは1日、4月の中国新車販売は前年同月比1.0%増の1万7,091台、1-4月の累計販売台数は前年同期比23.0%減の5万3,442台であったと発表した。
日産中国のリリースに基づく
ホンダ中国のリリースに基づく
マツダ中国のリリースに基づく

2020年04月07日(火)

・英国自動車工業会(SMMT)が6日に発表した3月の乗用車の新車登録台数は、新型コロナウイルスの影響により前年同月比44.4%減の25万4,684台となった。
・1-3月累計では前年同期比31.0%減の48万3,557台となっている。
・3月の乗用車の販売台数をブランド別にみると、フォルクスワーゲン(VW)が前年同月比40.1%減の2万2,950台(シェア9.0%)、フォードが53.4%減の1万8,996台(同7.5%)、BMWが42.2%減の1万7,530台(同6.9%)、メルセデス・ベンツが49.4%減の1万6,981台(同6.7%)、アウディが41.6%減の1万6,424台(同6.4%)など。
・モデル別では、1位がVW「ゴルフ(Golf)」で7,103台、2位がフォード「フィエスタ (Fiesta)」で6,687台、3位がBMW傘下の「ミニ (MINI)」で6,019台、4位がフォード「フォーカス (Focus)」で5,985台、5位が日産「キャシュカイ (Qashqai)」で5,907台など。
・使用燃料別では、ディーゼル車が61.9%減の4万4,796台(シェア17.6%)、ガソリン車が49.9%減の15万3,025台(同60.1%)、代替燃料車(AFV)が61.5%増の5万6,863台(同22.3%)。
・販売先別では、個人が前年同月比40.4%減の13万2,281台(シェア51.9%)、フリートが47.4%減の11万7,557台(同46.2%)、ビジネスが61.1%減の4,846台(同1.9%)。
・なお、3月のバン(3.5トン未満)の登録台数は前年同月比54.3%減の3万247台、トラック(3.5-6トン)は20.6%減の901台、タクシーは24.9%減の193台となっている。
・SMMTのマイク・ホーズ(Mike Hawes)CEOは、「英国の自動車販売市場は、3月の大部分において国内がロックダウンの措置を実施したため、この下落は驚くべきことではない。年2回のナンバープレート変更システムに移行して以来、3月の販売台数としては過去最低となったが、月初に新ナンバープレートが届かなかった場合、状況がさらに悪化した可能性がある。これらの数値から長期的な結論を導き出すべきではく、また、経済が急停止したときに何が起こるかを明確に理解できるものでもない。市場の停滞期間は不明だが、市場は再開し、製品もそこにある。それまで引き続き政府と協力して、自動車業界で働く人々が業務を再開できるよう出来る限りのことを行う」と述べた。
SMMTのリリースをみる 1/2

2020年04月03日(金)

・スペイン自動車工業会(ANFAC)が1日に発表した3月の乗用車登録台数は、新型コロナウイルスの影響で前年同月比69.3%減の3万7,644台となった。1-3月累計では、前年同期比31.0%減の21万8,705台となっている。
・3月の乗用車販売台数をブランド別にみると、セアトが45.5%減の4,917台(シェア13.1%)、トヨタが48.3%減の3,152台(同8.4%)、フォルクスワーゲンが67.6%減の2,790台(同7.4%)、ルノーが73.0%減の2,761台(同7.3%)、現代が46.8%減の2,467台(同6.6%)など。
・モデル別では、首位がセアト「レオン(Leon)」で1,735台、2位が日産「キャシュカイ(Qashqai)」で1,146台、3位がセアト「アローナ(Arona)」で995台、同じくトヨタ「カローラ(Corolla)」が995台、5位がセアト「イビサ(Ibiza)」で965台などとなっている。
・販売先別では、3月は個人向けが前年同月比67.5%減の1万6,871台、ビジネス向けが66.9%減の1万2,613台、レンタカーが74.9%減の8,160台だった。また燃料別の比率は、ガソリンが55.2%、ディーゼルが24.8%、その他(EV、PHV、HV、FCVなど)が20.0%。
ANFACのリリースをみる