Clio (Renault)

 ニュース
2021年07月14日(水)

・トルコ自動車工業会(OSD)が発表した6月の新車販売台数は、前年同月比14.4%増の8万3,225台となった。2021年上半期の累計販売台数は前年同期比57.3%増の41万1,952台。
・トルコ自動車販売協会(ODD)によると、6月のブランド別ライトビークル販売のトップはフィアットで1万4,101台(シェア17.7%)、2位はルノーで8,832台(同11.1%)、3位はVWで8,714台(同10.9%)、4位はフォードで5,821台(同7.3%)、5位はトヨタで5,368台(同6.7%)などとなっている。モデル別販売のトップはフィアット「エーゲ(Egea)」で8,604台、2位はルノー「クリオ(Clio)」が4,706台、3位はトヨタ「カローラ(Corolla)」で4,207台と続いている。
・6月の新車販売の中で、中・大型商用車を除くライトビークルは前年同月比12.5%増の7万9,819台となっている。過去10年の6月平均(7万1,295台)比では12.0%増になる。
・6月の乗用車販売の内訳を排気量別で見ると、1,600cc以下が前年同月比1.9%増の5万5,722台でシェア89.4%を占めている。エンジン別ではガソリン車が同43.3%増の4万3,473台(シェア69.7%)、トランスミッション別ではA/T車が同18.0%増の4万6,287台(シェア74.2%)。
・一方、6月の生産台数は前年同月比3.8%増の10万7,219台。輸出台数は0.5%減の7万458台、輸入は25.4%増の4万5,532台となっている。

・OSDが発表したトルコの6月生産・販売・輸入・輸出台数は以下の通り。

トルコの自動車台数統計(2021年6月)

項目
2021年
6月
(台)
2020年
6月
(台)
前年
同月比
2021年
1月-6月
(台)
2020年
1月-6月
(台)
前年
同期比
乗用車
62,441 74,264 -15.9% 416,021 362,397 14.8%
商用車※
44,778 29,009 54.4% 223,640 156,332 43.1%
生産合計
107,219 103,273 3.8% 639,661 518,729 23.3%
乗用車
62,348 57,067 9.3% 310,325 203,595 52.4%
商用車※
20,907 15,722 33.0% 101,627 58,292 74.3%
販売合計
83,255 72,789 14.4% 411,952 261,887 57.3%
輸入台数
45,532 36,305 25.4% 232,075 146,604 58.3%
輸出台数
70,458 70,809 -0.5% 461,528 402,176 14.8%

出所:OSD  ※商用車は中大型商用車を含む

ブランド別新車販売台数 (乗用車+LCV)

 
6月
1月-6月累計
ブランド
台数
シェア
ブランド
台数
シェア
1 Fiat 14,101 17.7% Fiat 61,295 15.5%
2 Renault 8,832 11.1% VW 43,358 11.0%
3 VW 8,714 10.9% Renault 40,947 10.4%
4 Ford 5,821 7.3% Ford 35,677 9.0%
5 Toyota 5,368 6.7% Toyota 31,007 7.9%
6 Hyundai 4,204 5.3% Peugeot 20,182 5.1%
7 Dacia 4,085 5.1% Dacia 17,662 4.5%
8 Skoda 3,521 4.4% Skoda 17,577 4.5%
9 Peugeot 3,249 4.1% Hyundai 16,090 4.1%
10 Honda 3,069 3.8% Opel 14,742 3.7%

出所:ODD

OSDのリリースをみる
ODDのリリースをみる 1/2

2021年07月08日(木)

・スペインの石油ガス大手Repsolは6月28日、代替エネルギー利用を促進する戦略の一環として自動車セクターのAutoGas (液化石油ガス:LPG)の利用促進を継続するルノーグループとの協力契約を更新した。
・両社は持続可能なモビリティのビジョンを共有しておりゼロエミッションの目標を掲げている。
・両社はダチア「ダスター(Duster)」および「サンデロ(Sandero)」のECO-Gシリーズ、ルノー「クリオ(Clio)」および「キャプチャー(Captur)」のLPGシリーズでの利用を通じて環境に優しい代替燃料としてのAutoGasの利点の周知に取り組む。
・総合エネルギー企業のRepsolはルノーグループからこれらの車両を購入するよう個人顧客と企業顧客に働きかける。AutoGasは窒素排出量(NOx)を68%削減し、微粒子排出量を最大100%削減する。ダチアとルノーのモデルはスペインのLPG車市場で首位を占めている。
Repsol press release

2021年05月24日(月)

・ルノーは19日、「クリオ E-TECHハイブリッド (Clio E-TECH Hybrid)」、「キャプチャー E-TECHプラグインハイブリッド (Captur E-TECH Plug-in Hybrid )」、「メガーヌ エステート E-TECHプラグインハイブリッド (Megane Estate E-TECH Plug-in Hybrid)」に続き、新たに3種類のE-TECHモデルを追加したと発表した
・新型「アルカナ E-TECHハイブリッド (Arkana E-TECH Hybrid)」:ルノーの新しいコンパクトSUVが欧州に投入される。「アルカナ」には、多くのテクノロジーを搭載したE-TECHハイブリッドエンジンが搭載されている。
・「キャプチャー E-TECHハイブリッド (Captur E-TECH Hybrid )」:都市型サブコンパクトSUVにハイブリッドが追加された。なお、PHVは販売済である。
・新型ルノー「アルカナ」と「キャプチャー」には、フルハイブリッドに加えて、ルノー初となる1.3 TCe 140160のガソリンエンジンに12Vのマイクロハイブリッドソリューションも採用している。
・「メガーヌ ハッチバック E-TECHプラグインハイブリッド (Megane Hatchback E-TECH Plug-in Hybrid)」:エステートに続き、E-TECHプラグインハイブリッドエンジンを搭載する。
・新しい3種類のE-TECHモデルは欧州で2021年前半に販売が開始される予定。

※画像をクリックすると拡大します
ルノーのリリースをみる