ポルトガル

 サプライヤー

検索結果 151


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
3 Marcos - Fastener Solutions, S.A. Rua dos Tres Marcos, n. 249, Apartado 214 - Vale do Grou, 3754 - 909 AGUEDA, PORTUGAL image
ACECIA, Componentes Integrados para Industria Automovel, AC Rua Bento Goncalves, 7 - 2855 - 574 Santa Marta de Corroios, Portugal image
Acumuladores Autosil, S.A. Edifício Komax, Est. Nacional 249-4 Trajouce, 2785-034 S.Domingos de Rana, Portugal image
A.J. Fonseca, Lda. Rua Herois de Mucaba, 32 - 4070-056 Maia (Porto) - Portugal image
ALBRA Industria de aluminio, Lda Lugar de Alagao - Este S. Mamede, 4711-910, Braga, Portugal image
Allied Motion -Portugal Rua da Longa 300, 4485-595 Modivas, Vila do Conde Portugal image
ALRON Lda. Nucleo Industrial de Murtede P-3060 372 Murtede, Portugal image
A&M Moldes Para Plasticos, Lda. Farrapa - Chave - 4540-267 Arouca, Portugal image
Amorim Cork Composites Rua de Meladas 260, 4535-186 MOZELOS VFR, Portugal image
Aptivport Services S.A. (旧 Delphi Automotive Systems - S.A.) Tapada Nova - Linho, 2 710 SINTRA, Portugal image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2019年12月09日(月)

・VWは12月5日、世界で初めて走行ルートの最適化に量子コンピューティングを使用したリアルタイムのデモンストレーションを行ったと発表した。
・VWが米国とドイツで開発した管理システムを使用し、11月にポルトガル・リスボンで開催されたコンファレンスでD-Wave社の量子コンピューターで9台の公共バスそれぞれの最速ルートをリアルタイムで算出した。
・VWはルート算出のための量子アルゴリズムとD-Wave社の量子コンピューターで処理を実行するデータ管理システムをHexad社およびPTV Groupと協力して社内開発した。
・VWのシステムは、Googleなどが開発するユニバーサル量子コンピューターとは異なるD-Wave社の量子アニーラを活用している。
・量子アニーラは特定の問題のみを処理することができるが、米サンフランシスコと独ミュンヘンのVWデータラボのリサーチャーは交通最適化もこれに当てはまると考えている。
・VWは世界各地でのパイロットプロジェクト展開を検討している。
VWのリリースをみる

2019年10月30日(水)

・VWは10月29日、量子コンピューターを使用した交通最適化のための世界初のパイロットプロジェクトをポルトガルのリスボンで開始すると発表した。
・VWグループは、リスボン市を走行するMANのバスに自社開発の交通管理システムを装備する。このシステムはD-Wave社の量子コンピューターを使用して、プロジェクトに使用する9台のバスそれぞれの最速ルートをほぼリアルタイムで計算する。
・VWの交通管理システムには、乗客数予測と量子コンピューティングによるルート最適化という2つのコンポーネントが含まれている。VWの開発チームは、匿名化された地理座標と乗客の流れのデータを使用して特定の時間帯に特に乗客数が多い停留所を見極めるという。
・VWは将来的に、市場の成熟度に合わせて交通最適化システムを開発する計画。
VWのリリースをみる

2019年10月08日(火)

Novares Groupは、ポルトガルArouca工場の拡張が完了したと発表した。Arouca工場は1,500平方メートルから3,400平方メートルに拡張され、最大クランプ力を450トンから2,100トンに増強した最新機器を導入した。この拡張により、同工場は生産フローに関して会社の標準を適用し、ポルトガルVigoおよびMangualde、フランスPoissy、スロバキアTrnava、モロッコKenitra、スペインZaragoza拠点と同様にPSAにサービスを提供する。同工場では、ボディカバー、エンジンビューティーカバー、センターコンソールなど様々なエンジン部品や内外装部品を製造している。従業員数は2019年末までに78名から100名程度に増員する見込み。(2019108日付プレスリリースより)