ポルトガル

 サプライヤー

検索結果 131


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
AIS Automotive Interior Systems Portugal Lda. Estrada Nacional No. 4, 7050-001 Montemor-o-Novo, Portugal image
Akwel Tondela (Portugal), Lda (旧 Avon Automotive Portugal Lda Zona Industrial da Adica, 3460-070 Tondela, Portugal image
ALBRA Industria de aluminio, Lda Lugar de Alagao - Este S. Mamede, 4715-533, Braga, Portugal image
Allied Motion -Portugal Rua da Longa 300, 4485-595 Modivas, Vila do Conde Portugal image
ALRON Lda. Nucleo Industrial de Murtede P-3060 372 Cantanhede, Portugal image
A&M Moldes Para Plasticos, Lda. Farrapa - Chave - 4540-267 Arouca, Portugal image
Amorim Cork Composites Rua de Meladas 260, 4535-186 MOZELOS VFR, Portugal image
Aptivport Services S.A. (旧 Delphi Automotive Systems - S.A.) Tapada Nova - Linho, 2 710 SINTRA, Portugal image
Aspock Portugal, S.A. Rua do Paraiso Zona Industrial Rebordoes Apt. 131 3721-908 Vila de Cucujaes OAZ, Portugal image
AUNDE Portugal - Confection Industry In Case Lda (旧 Karmann Ghia Portugal - Industria De Confeccao De Capas Lda) Avenida Wilhelm Karmann, Lote 1, Parque Industrial de Vendas Novas, 7080-341 Vendas Novas, Portugal image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2020年09月10日(木)

・ルノーは9月8日、アライアンスパートナーの日産とともに、Uberとの間で欧州での電動化車両導入に関する覚書に署名したと発表した。3社は今後提携を強化し、英国、フランス、オランダ、ポルトガルなどの欧州市場でUberのパートナードライバーに手ごろな価格で電気自動車 (EV)を提供する。これは成功裏に終わった英国での日産とUberのパイロットプロジェクトに続くものとなる。
・今回の提携は、ゼロエミッションのモビリティプラットフォームになるというUberの発表の一環として発表された。Uberは2025年までに欧州の7つの首都 (アムステルダム、ベルリン、ブリュッセル、リスボン、ロンドン、マドリード、パリ)でUberプラットフォームが走行する総距離の5割をEVとする計画。これにより、乗客は2021年末までにUberが欧州で事業展開する80%の都市でゼロエミッション車を選択できるようになる。
・3社は今後、欧州の都市でEVと電気エコシステムの普及を促進する方法を模索する。ルノーのEV「ゾエ (ZOE)」と日産のEV「リーフ (Leaf)」のUber提携ドライバーへの提供、英国のパイロットプロジェクトの2020年内のフランスへの拡張 (オランダ、ポルトガルおよびその他の市場への拡大も見込む)、Uber提携ドライバーにEV試運転の機会を提供するための共同マーケティングや教育計画の実施などを予定している。
ルノーのリリースをみる

2020年04月15日(水)

・トヨタは新型コロナウイルス感染拡大の影響で休止している欧州工場で、来週中にも一部生産を再開する。
・「ヤリス(Yaris)」を生産するフランスの車両工場422日から、エンジンやトランスミッションを生産するポーランドの部品2工場423日から部分再開する予定。「ランドクルーザー(Land Cruiser)」を生産するポルトガルの車両工場420日以降に再開する。
・また、英国チェコトルコの車両工場はそれぞれ54日以降に再開する予定。ロシアの車両工場430日までを休止期間とし、休暇を挟んだ56日に再開する。
(マークラインズの調査に基づく)

2020年03月18日(水)

・VWは17日、年次メディア会議において新型コロナウイルス対策に関する取組を発表した。
・同社は 現在の販売状況の大幅な悪化と工場への部品供給に関する不確実性を考慮し、近く工場の操業を停止する予定。
・スペインの工場、ポルトガルのセトゥーバル (Setubal)工場、スロバキアのブラチスラバ(Bratislava)工場、イタリアのランボルギーニ工場とドゥカティの二輪車を生産する工場で今週末から生産を休止する。
・ドイツおよび他の多くの欧州工場でも、2週間操業を停止する準備を進めるという。
・VWグループの個々のブランドは、速やかに運営計画の詳細を発表する見込み。
・一方、中国では長沙工場ウルムチ工場を除く工場で生産を再開した。
VWのリリースをみる