ポーランド

 サプライヤー

検索結果 523


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
AAM Poland Sp. z.o.o. ul. Szarych Szeregow 16-18, 58-100 Swidnica, Poland image
AB Filter. Wytwórnia filtrów samochodowych Krzywa Gora 4, 87-800 Wloclawek-PL, Poland image
AC Spolka Akcyjna ul. 42 Pułku Piechoty 50, 15-181 Białystok, Poland image
Adient Foam Poland Sp o.o ul. Wygoda 6, Zory 44-240, Poland image
Adient Seating Poland Sp. z o.o. (Adient - Bierun) Swierczyniecka 7, Bierun 43-150, Poland image
Adient - Skarbimierz Motoryzacyjna 1, 45-269 Skarbimierz, Poland image
Adient - Swiebodzin ul. Swierczewskiego 78, Swiebodzin 66-200, Poland image
ADLER POLSKA Sp.zo.o ul. Konwojowa 10, 43-346 Bielsko-Biała, Poland image
ADMOT S.C. 43-391 Mazancowice 148, Poland image
ae group polska sp. z o.o. ul. Jednosci Robotniczej 3 PL 66-500 Strzelce Krajenskie, Poland image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2020年05月28日(木)

・ポーランドのSolarisは5月25日、クラクフ市交通局(MPK)が「Urbino 18」電気連節バス50台の購入契約を締結したと発表した。この契約には各バスに適した充電装置50基の供給も含まれる。契約によれば車両は契約締結から1年以内にクラクフ市に納入される。契約金額は1億6,500万ズウォティ(約44億円)。
・Solarisがクラクフ市に供給する電気バスは電気モーターを組み込んだ電動車軸で推進する。この連節バスの設計には2種類の充電モードが用意される。車両の第1軸の上方に配置された4極の屋根据付パンタグラフによるものと、プラグイン充電を使うものである。電力は高密度Solaris High Energy+バッテリーに蓄えられる。
・電気連節バスは一度に141名の乗客を運ぶことができる。クラクフ市向けの最新型バスは監視システム、乗客情報システム、空調、USB充電ポート、電気暖房システムを搭載する。
Solarisのリリースをみる

2020年05月08日(金)

Cooper-Standardは、欧州のゴム製フルイドトランスファーシステム、特殊シール事業およびインド事業をMutares SE & Co. KGaAに売却する契約に調印したと発表した。この契約にはポーランドの約2,500名の従業員と2件の製造施設、スペインとイタリア各1件の製造施設、インド・チェンナイのコーポレートIT開発オフィスを除くインドでの全事業が含まれる。今回の取引は独占禁止当局の承認後、2020年第2四半期末までに完了する見込み。(2020年58日付プレスリリースより)

2020年04月30日(木)

・カナダのバラード・パワー・システムズ(Ballard Power Systems)は4月27日、ポーランドのバスメーカーであるSolaris Bus & Coach (以下、Solaris)から重量級車両向けの燃料電池モジュール20基を受注したと発表した。
・JIVE (欧州全域燃料電池自動車共同イニシアチブ)プロジェクトの一環として、燃料電池モジュールはSolarisの燃料電池バス「Urbino 12」に搭載され、2021年にオランダで最も人口の多い南ホラント州に配備される。
・今回の20基を加え、合計40基のバラードの燃料電池モジュールがオランダ向けに供給されることになる。また、Solarisのドイツおよびイタリア向けバスにも同モジュールの搭載が近く予定されている。
バラード・パワー・システムのリリースをみる