ポーランド

 サプライヤー

検索結果 558


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
AAM Poland Sp. z.o.o. ul. Szarych Szeregow 16-18, 58-100 Swidnica, Poland image
AB Filter. Wytwórnia filtrów samochodowych Krzywa Gora 4, 87-800 Wloclawek-PL, Poland image
AC Spolka Akcyjna ul. 42 Pułku Piechoty 50, 15-181 Białystok, Poland image
Adient Foam Poland Sp o.o ul. Wygoda 6, Zory 44-240, Poland image
Adient Seating Poland Sp. z o.o. (Adient - Bierun) Swierczyniecka 7, Bierun 43-150, Poland image
Adient - Skarbimierz Motoryzacyjna 1, 45-269 Skarbimierz, Poland image
Adient - Swiebodzin ul. Swierczewskiego 78, Swiebodzin 66-200, Poland image
ADLER POLSKA Sp.zo.o ul. Konwojowa 10, 43-346 Bielsko-Biała, Poland image
ADMOT S.C. 43-391 Mazancowice 148, Poland image
ae group polska sp. z o.o. ul. Jednosci Robotniczej 3 PL 66-500 Strzelce Krajenskie, Poland image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2019年11月20日(水)

・FCAは11月18日、ポーランドのティヒ(Tychy)工場で累計生産1,200万台を達成したと発表した。1,200万台目となったのは、赤のフィアット「500」だった。
・同工場ではこの3日前に、ランチア「イプシロン(Ypsilon)」の50万台目となる白のLPGバージョンを生産した。
・FCAグループは、1992年の生産開始から2019年までの27年の間にティヒ工場のインフラの近代化と、ロボットを活用した生産ラインを備えた溶接工場、水処理施設を備えた塗装工場、組立工場の新設のために、25億ユーロ超を投資してきた。
・この投資は研究開発業務にも振り分けられた。その内の重要なプロジェクトの1つとして、実践的な技術スキルとリーダーシップの開発を目標としたPlant Academyが実施された。
・ティヒ工場ではFiat Auto Polandの新社名の下1992年の稼働開始以降、「チンクエチェント(Cinquecento)」、「ウーノ(Uno)」、「プント(Punto)」、「ブラボ(Bravo)」、「ブラバ(Brava)」、 「マレア(Marea)」、「デュカート(Ducato)」、イタリアの商用車メーカーのイベコ(Iveco)のモデル、「セイチェント(Seicento)」、「シエナ(Siena)」、「パリオ ウィークエンド(Palio Weekend)」、「パンダ(Panda)」、フィアット/アバルト「500」、2011年からはランチア「イプシロン(Ypsilon)」の生産を開始している。
FCA press release

2019年11月12日(火)

・ポーランドのSolaris は11月8日、ドライバーの代わりに特定のアクションを実行し、適切な応答のための時間を提供する先進運転支援システム (ADAS)を発表した。
・同社は最近、インテリジェントブレーキサポートの衝突緩和システムをバス「Urbino」シリーズに実装した。これらのソリューションはBusworld 2019で公開された。このシステムはバスの上部に設置されたレーダーが正面衝突の危険性を検出するとブレーキモードになり、速度を低下させ衝突の可能性を軽減する。
・このほか、車外に設置したカメラによりドライバーの視覚をサポートする「MobilEye Shield+」も発表した。
・同社は市バスに多くのADAS機能を提供している。 EUでは、2022年にバスにも多くのADAS機能の導入が義務化される。
Solarisのリリースをみる

2019年10月25日(金)

韓国のLG化学は電気自動車用バッテリーの生産能力に関して、2019年末に70GWh、2020年末には100GWhを確保する見込みと発表した。2020年にはポーランドおよび中国を中心に増設を推進する計画。同年の計画では、同社製バッテリーの60%超は欧州向け、30%は中国や韓国を含むアジア向け、残りは米国向けに供給される見込み。同社は今後、完成車メーカーとの合弁会社設立も含めたオプションを検討のうえ、生産能力を拡大していく。(2019年10月25日付各種リリースより)