ポーランド

 サプライヤー

検索結果 764


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
3M Poland Sp. z o.o. Katowicka 117, Kajetany 05-830 Nadarzyn, Poland image
Aalberts Surface Technologies - Kalisz ul. Inwestorska 7, 62-800 Kalisz, Poland image
Aalberts Surface Technologies Sp.z o.o. ul. Strefowa 5, 58-200 Dzierżoniów, Poland image
AAM Poland Sp. z.o.o. ul. Szarych Szeregow 16-18, 58-100 Swidnica, Poland image
A. Berger Polska Sp. z o.o. ul. Przyjazni 47 A, 47-225 Kedzierzyn-Kozle, Poland image
AB Filter. Wytwórnia filtrów samochodowych Krzywa Gora 4, 87-800 Wloclawek-PL, Poland image
AC Spolka Akcyjna ul. 42 Pułku Piechoty 50, 15-181 Białystok, Poland image
Adient Foam Poland Sp o.o ul. Wygoda 6, Zory 44-240, Poland image
Adient Seating Poland Sp. z o.o. (Adient - Bierun) Swierczyniecka 7, Bierun 43-150, Poland image
Adient Seating Poland Sp. z o.o.- Siemianowice ul. Krupanka 93, Siemianowice Slaskie 41-100, Poland image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2022年05月06日(金)

Norsk Hydroは、ポーランドのAlumetalの全株式を1株当たり68.4ズロチ(約2,012円)で取得する公開買付けを実施すると発表した。取得価額は約10.7億ズロチ(約315億円)になる予定。Hydroはこの買収により欧州におけるリサイクル事業を強化するとともに、スクラップ由来の低炭素鋳造合金の市場に供給する製品を拡充する。Alumetalはポーランドに3工場、ハンガリーに1工場を保有し、年間275千トンの生産能力を持つ欧州第2位のアルミニウム合金鋳造メーカーである。製品は主に欧州域内で最大の顧客層である自動車産業向けに販売されている。この公開買付けを完了するには競争当局の許可の取得や発行済株式総数の66%以上の支配権獲得など、通常の取引条件を満たす必要がある。(2022年4月29日付プレスリリースより)

2022年05月02日(月)

・ベルギーのバッテリー材料開発企業Umicoreは4月27日、フランスのAutomotive Cells Company (ACC)と欧州におけるEV (電気自動車)正極材の戦略的長期供給契約を締結した。ACCはステランティス、メルセデス・ベンツ、仏エネルギー大手TotalEnergies及びその子会社Saftの合弁会社である。Umicoreはポーランド・ニサ(Nysa)の新工場からACCが今後欧州で建設する大規模バッテリー工場に次世代高ニッケル正極材を供給する。
・この長期契約に基づき、ある欧州大手OEMの主要プラットフォームに向けた13GWhの年間オフテイク契約(個別の引き取り契約)が実行され、2024年初めに最初の商業生産が始まる。両社はこの提携をさらに拡大し、2030年までに年間供給量を少なくとも46GWh (年間50万台のEVに相当)に拡大することを目指す。今回の契約は両社が最近締結したバッテリーリサイクルに関する契約を補完するもので、UmicoreはフランスにあるACCの試験施設でバッテリー生産に伴う廃棄物をリサイクルする。
Umicore press release

2022年04月27日(水)

Eatonは、欧州での自動車グループおよびeモビリティ事業拡大を継続すると発表した。同社はドイツのKarlsruheに新オフィスと研究センターを設立する。今回の拡張により、同社の欧州既存拠点であるフランスのMontrottierとポーランドのTczew拠点を補完する。今回新設となるドイツの拠点は、欧州における自動車向け事業およびeモビリティ事業の顧客とのコミュニケーション及びエンジニアリングサービスの拠点となり、最新のeモビリティ製品のテスト設備も整えられる。既存の拠点においても現在拡張を行っており、ポーランドのTczew工場では20百万ドル超を投じて最新の研究設備とEV部品向け自動生産ライン追加などの拡張が行われており、2023年第1四半期から生産を開始する予定。稼働開始時には欧州の大手自動車メーカー向けにトラクションインバーターを生産し、その後配電ユニットなどのeモビリティ製品も生産していく。またフランスのMontrottierの拠点でもEV用パワーエレクトロニクスおよび配電製品の生産に向け拡張を行っている。3拠点による生産は現在のレベルの4倍まで増加するという。(2022年426日付プレスリリースより)