中国

 サプライヤー

検索結果 18397


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Aisin Group (China)
[Aisin Group (中国事業)]
Unit 1202-1205, C3, Area MSD-C, Taida, No.79, First Ave., Tianjin Economic Development Zone, Tianjin 300457, China 主要部品メーカー image
Anhui Huanxin Group Co., Ltd.
[安徽環新集團股份有限公司] (旧 安徽環新集団有限公司)
No.16, Ying Bin Road, Economic & Technical Development Zone, Anqing City, Anhui 246001, China 主要部品メーカー image
Anhui Zhongding Sealing Parts Co., Ltd.
[安徽中鼎密封件股份有限公司]
Zhongding Industry Zone, Ningguo Economic Technology Development Zone, Ningguo, Anhui 242300, China 主要部品メーカー image
Aptiv (China) Investment Co., Ltd.
[安波福(中国)投資有限公司]
Floor 1, Building 3, No.118, Delin Road , Free Trade Pilot Zone, Shanghai, China 主要部品メーカー image
ASIMCO Technologies Limited
[亜新科工業技術有限公司]
Room 1301, 13/F, Building A, 21st Century Building, No.40, Liangmaqiao Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Beijing Hainachuan Automotive Parts Co., Ltd.
[北京海納川汽車部件股份有限公司]
13/F, Beijing Automotive Building, No.25 Dongsanhuan South Road, Chaoyang District, Beijing, China 主要部品メーカー image
Bohai Automotive Systems Co., Ltd.
[渤海汽車系統股份有限公司](旧 山東滨州渤海活塞股份有限公司)
No.569, Bohai 21th Rd., Binzhou City, Shandong 256602, China 主要部品メーカー image
Bosch (China) Investment Co., Ltd.
[博世(中国)投資有限公司]
Floor 6, Building 1, No.333, North Fuquan Road, Changning District, Shanghai, China 主要部品メーカー image
Camel Group Co., Ltd.
[駱駝集団股份有限公司]
No. 65 Hanjiang North Road, Xiangyang City, Hubei, China 主要部品メーカー image
CATL (Contemporary Amperex Technology Co., Ltd.)
[寧徳時代新能源科技股份有限公司 (CATL)]
No.2, Xingang Road, Zhangwan Town, Jiaocheng District, Ningde, Fujian, China 主要部品メーカー image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2021年04月16日(金)

Grammer14日、第一汽車集団との間で商用車向けシートの合弁会社設立に合意したと発表した。疲労のない集中した運転をサポートするプレミアムドライバーシートは世界最大の商用車市場である中国において重要な差別化要因になるとしており、新会社では高品質のシートを第一汽車集団のトラックに供給する。Grammerは合弁会社の株式60%を保有する予定。
Grammer2020年から中国で商用車向けシートMSG 90.6シリーズの生産を開始、市場のニーズに合わせたシートを導入している。新合弁事業の一環としてGrammerは既存の生産拠点に加えて生産能力を増強し、高品質の運転席を生産する計画。
Grammerのリリースをみる

2021年04月16日(金)

Bosch14日、中国商用車メーカー慶鈴汽車(集団)有限公司[Qingling Motors (Group) Co., Ltd.] (慶鈴)と合弁会社を設立したと発表した。新会社の名称はBosch Hydrogen Powertrain Systems (Chongqing) Co. Ltd.で、両社の技術と市場の専門知識を結集して中国の燃料電池市場の発展と自動車産業の変革に貢献することを目的として燃料電池パワーモジュールを開発、生産、販売する。
・中国自動車技術者協会(China-SAE)が作成した 「省エネルギー・新エネルギー自動車技術ロードマップ2.0」 によると、2030年までに中国で燃料電池駆動システム搭載車が100万台以上登録される見込みで、新合弁会社では中国の全自動車メーカーに燃料電池システムを供給することを目指す。燃料電池スタック、パワーエレクトロニクス付きエアコンプレッサー、センサー搭載型コントロールユニットなどの部品は主にBoschの無錫工場から供給し、今年から小規模生産を開始する。2021年にはBoschの燃料電池発電モジュールを搭載した70台のテスト車両が公道を走る予定。燃料電池システムの市場投入は2022-2023年となる見通し。
Boschはドイツのバンベルク (Bamberg)、フォイエルバッハ (Feuerbach)、ホンブルク (Homburg)工場でも燃料電池の産業化を推進している。現在、スウェーデンのPowercellと共同で燃料電池スタックの市場投入準備を進めており、2022年以降は自社で大規模生産を開始する計画。
Boschのリリースをみる

2021年04月16日(金)

・北京現代は4月12日、第5世代となるコンパクトSUV「ツーソンL (Tucson L、途勝L)」を発売したと発表した。全4バージョン設定され、価格は16.18-20.18万元。
・i-GMPプラットフォームをベースに開発され、外観はデザイン理念「Sensuous Sportiness (センシュアス・スポーツネス)」とデザインテーマ「Parametric Dynamics(パラメトリックダイナミクス)」を採用している。
・車体サイズは、全長4,670×全幅1,865×全高1,690mmで、ホイールベースは2,755mm。
・1.5Lターボエンジン(最高出力147kW、最大トルク253Nm)を搭載し、CVVD (連続可変バルブデュレーション)技術を採用することで、高性能と低燃費を実現する。7速DCTを組み合わせ、NEDC総合モードでの燃費は6.0L/100km。
・23の安全/支援機能を含む安全支援システム「Hyundai SmartSense」を装備し、レベル2の自動運転を実現する。

北京現代のWechatおよびモデル情報に基づく