Arconic Inc. (旧 Alcoa, Inc.のValue-Add事業部門)

会社概要

■URL

http://www.arconic.com

■本社所在地

390 Park Avenue New York, NY 10022-4608 USA

業容

-軽金属の開発・製造メーカー。アルミニウム、チタニウム、ニッケル等の複合材を使用し、航空機、自動車、商業輸送、包装、ビル、構造物、石油・ガス施設、防衛、民生エレクトロニクス、産業用途などにグローバルに製品を供給している。

-事業は、アルミナ (Alumina) 、一次金属 (Primary Metals)、グローバル圧延製品 (Global Rolled Products)、エンジニアリング製品およびソリューション (Engineered Products and Solutions)、輸送・建設向けソリューション (Transportation and Construction Solutions) の5部門で構成。

組織変更

-2016年11月1日付で2つの独立企業 「Arconic Inc.」 と 「Alcoa Corporation」 に分割。

  • Alcoa Corporation: 川上 (Upstream) 部門は、「Alcoa」の名称を引き継ぎ、グローバル一次製品 (Global Primary Products) 部門を構成するボーキサイト、アルミナ、アルミニウム、鋳造、エネルギーの5分野から成る予定。
  • Arconic Inc.: 高付加価値 (Value-Add) 製品を手がける3分野で構成:グローバル圧延製品、エンジニアリング製品およびソリューション、輸送・建設向けソリューション。航空や自動車などの成長産業向けに高性能材料やエンジニアリング製品を供給する。

 

自動車への適用

-付加価値を付けたアルミシート製品の自動車への使用量は、2015年に前年比の4倍、2025年には10倍になると予測している。

-同社アルミ製品の自動車への採用は年々拡大して行く傾向にある。
 2015年現在

  • フード (シート)
  • サイドパネルアウター
  • デックリッド (シート)
  • ボディーインナーストラクチャー
  • ラジエーター (ブレージングシート)
  • エンジンブロック
  • トランスミッションケース (鋳造)
  • ドライブシャフト (引き抜きチューブ)
  • ホイール (鍛造)
  • ファスナー

 今後

  • ドアインナー
  • サイドシル
  • リアサイドメンバー
  • センターピラー
  • フロントルーフレール
  • フードレッジ
  • フロントサイドメンバー
  • フロントアウトリガー
  • シートクロスメンバー
  • フロントフロアセンターレインフォースメント

-アルミ化と接合技術によるメリット

  • 車体の軽量化: 鉄との比較で、最大28%削減。
  • 生涯のCO2削減: 17%削減。
  • 接合箇所を20~25%削減。
  • ホワイトボディの組み立て時間を30%以上削減。

 (2014年1月、同社プレゼンテーションによる)

資本構成

-ニューヨーク証券取引所上場

主要製品

設計、エンジニアリング、および成形加工 (Design, engineering and fabrication)
エンジニアリングサービス (Engineering services)
押し出し型材 (Extrusions)
ろう付けシート (Brazing sheet)
フォイルシート/フィンストック (Foil sheets/Fin stocks)
鍛造部品 (Forgings)
一次アルミ (Primary Aluminum)
ファスナー (Fasteners)
シートおよびプレート (Sheets and plates)
ホイールアクセサリー (Wheel accessories)
ホイールシートストック (Wheel stock sheet)
ホイール (Wheels)

沿革

1907年 会社名を 「Alcoa Inc.」 に変更。
1984年 日本のフジクラと合弁会社Alcoa Fujikura Ltd.を設立。光ファイバーシステム及び部品、コントロールパネルを生産。
1986年 Alcoa Fujikura Ltd.はPep Industriesを買収、自動車用ワイヤーハーネスを生産。
1991年 Alcoa Fujikura Ltd.はドイツの自動車用電気・電子部品、電装部品 (リレー、コントローラー、配線接続ボックスなどを含む) の生産会社、Stribel GmbHの過半数株式を買収。
1991年10月 全額出資の子会社Alcoa Automotive Structures & Technology GmbHを設立。
1992年 神戸製鋼と米国、日本それぞれに合弁会社を設立。
1993年 アルミ押し出し成形/チューブシステム部門がドイツのVAW Aluminum AGとドイツに合弁工場を設立。
1994年 Alcoa Fujikura Ltd.はドイツの自動車用電気ケーブルシステム会社Michels GmbH & Co KG株式の90%を買収。
1998年07月 Alumax Inc.の全株式を38億米ドルで取得。
1999年04月 Reynoldsのスペインのアルミニウム成型工場を買収。
1999年08月 CMI Internationalと折半出資で1995年設立した合弁会社A-CMIの残りの株式50%をHayes Lemmerz International Inc. (1999年2月にCMIを買収) より取得。100%子会社化。
2000年05月 Reynolds Metals Co.の株式を買収(株式交換)。
2002年03月 Alcoa Fujikura Ltd.がEPCの株式を100%取得。
2006年 南アのヨハネスブルクにAlcoa South Africa (Pty) Ltd.を設立。
2016年11月 2つの独立企業 「Arconic Inc.」 と 「Alcoa Corporation」 に分割。

補足 1

>>>2012年12月期までの動向
>>>2014年12月期までの動向

(注)
-本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。
-本レポートの2015年12月期までの情報は、スピンオフ前のAlcoa, Inc.の内容が含まれています。
>>>Alcoa オフィシャルサイト