自動車販売台数速報 韓国 2015年

より詳細な韓国の台数統計はこちら

販売台数速報 2015年

1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

2015年12月 販売台数速報

2016.1.5

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


韓国5社の新車販売、12月は13.7%増、2015年は8.7%増の158万台
・韓国メーカー5社が発表した12月の国内新車販売台数は、前年同月比13.7%増の17万5,263台となった。
・企業別では現代は18.3%増、起亜は11.1%増、韓国GMは1.0%増、双竜は37.4%増となったが、ルノーサムスンは1.2%減となっている。国内の12月販売の5社のシェアは、現代が46.8%で首位、2位が起亜自動車で30.4%、3位の韓国GMが10.4%、双竜が6.5%、ルノーサムスンが5.8%だった。

・1-12月の国内販売は、全5社とも前年実績を上回り、合計で前年比8.7%増の157万9,706台となった。世界的な景気低迷と為替リスク、中国やインドなどでの苦戦など悪材料が多かったが、各社の新車投入と政府の個別消費税引き下げなどの追風を受けて、昨年に続いてプラスとなった。現代は前年比4.2%増の71万4,121台(5社のシェア45.2%)、起亜が13.4%増の52万7,500台(同33.4%)。韓国GMは9月に米国からの輸入販売を開始した「インパラ (Impala)」の販売好調により2.6%増の15万8,404台(同10.0%)となり、昨年に続いて過去最高を記録した。双竜は新型の小型SUV「チボリ(Tivoli)」の牽引により44.4%増の9万9,664台(同6.3%)となり、ルノー・サムスンを抜いて4位となった。ルノー・サムスンは14台増の8万17台(同5.1%)だった。
・モデル別では現代の中型セダン「ソナタ(Sonata)」が10万8,438台で2年連続で首位、続いて同小型セダン「アバンテ(Avante)」が10万422台となった。年間販売10万台を2車種が超えたのは2012年以来3年ぶりとされる。

・1-12月の各社のグローバル累計販売は、現代が前年比1,302台増の496万4,837台、起亜は0.3%増の305万908台で、現代・起亜の合計は801万5,745台となり、昨年に続いて800万台を突破した。韓国GMは1.4%減の62万1,872台(CKD輸出は外数で79万2,965台)。ルノーサムスンは34.9%増の22万9,082台、このうち輸出は65.9%増の14万9,065台(うち日産のコンパクトSUV「ローグ (Rogue)」の輸出は11万7,560台)で過去最高を記録した。 双竜は2.6%増の14万4,764台(CKDは内数で223台)となっている。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年12月)
メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
12月
2014年
12月
前年
同月比
2015年
12月
2014年
12月
前年
同月比
12月 シェア*1 12月 シェア*1
現代 82,060 46.8% 69,357 45.0% 18.3% 434,299 406,640 6.8% 516,359 475,997 8.5%
起亜 53,330 30.4% 48,018 31.2% 11.1% 254,810 234,459 8.7% 308,140 282,477 9.1%
韓国GM 18,287 10.4% 18,109 11.8% 1.0% 43,051 38,906 10.7% 61,338 57,015 7.6%
ルノーサムスン*2 10,235 5.8% 10,363 6.7% -1.2% 15,320 13,282 15.3% 25,555 23,645 8.1%
双竜 11,351 6.5% 8,261 5.4% 37.4% 3,765 4,719 -20.2% 15,116 12,980 16.5%
合計 175,263 100.0% 154,108 100.0% 13.7% 751,245 698,006 7.6% 926,508 852,114 8.7%
出所: 各社発表。
*1:シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
*2: ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国メーカーの新車販売台数(2015年)
メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同期比
2015年
累計
2014年
累計
前年
同期比
2015年
累計
2014年
累計
前年
同期比
累計 シェア*1 累計 シェア*1
現代 714,121 45.2% 685,191 47.1% 4.2% 4,250,716 4,278,344 -0.6% 4,964,837 4,963,535 0.0%
起亜 527,500 33.4% 465,200 32.0% 13.4% 2,523,408 2,576,485 -2.1% 3,050,908 3,041,685 0.3%
韓国GM 158,404 10.0% 154,381 10.6% 2.6% 463,468 476,151 -2.7% 621,872 630,532 -1.4%
ルノーサムスン*2 80,017 5.1% 80,003 5.5% 0.0% 149,065 89,851 65.9% 229,082 169,854 34.9%
双竜 99,664 6.3% 69,036 4.7% 44.4% 45,100 72,011 -37.4% 144,764 141,047 2.6%
合計 1,579,706 100.0% 1,453,811 100.0% 8.7% 7,431,757 7,492,842 -0.8% 9,011,463 8,946,653 0.7%
出所: 各社発表。
*1:シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
*2: ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国輸入車販売、12月は42.3%増の2.4万台、通年では24.2%増の24.4万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が7日に発表した2015年12月の輸入車の新規登録台数は前年同月比42.3%増の2万4,366台となった。6月に記録した2万4,275台を更新、月間販売で過去最高となっている。1-12月の累計では前年比24.2%増の24万3,900台となった。
・KAIDAのユン・デソン専務は、2015年の販売好調について、為替レートと原油価格の安定、個別消費税の引き下げなどに加えて、小型および中型車、SUV、ディーゼル車などの販売が牽引したと説明している。
・通年の登録台数をブラン ド別に見ると、BMWが首位で4万7,877台(輸入車内のシェア19.6%)。続いてメルセデスベンツが4万6,994台(同19.3%)、VWが3万5,778台(同14.7%)、アウディが3万2,538台(同13.3%)などとなっている。モデル別ではVW「ティグアン 2.0 TDIブルーモーション(Tiguan 2.0TDI BlueMotion)」が9,467台でトップ、続いて、アウディの「A6 35 TDI」が7,049台、BMWの「520d」が6,640台だった。
・排気量別では、2,000cc未満の車両が13万6,107台(輸入車内でのシェア55.8%)となり、2,000-3,000cc未満が8万5,451台(35.0%)、3,000-4,000cc未満が1万5,269台(6.3%)、4,000cc以上は6,606台(2.7%)、その他467台(0.2%)となった。エンジン別では、 ディーゼルが16万7,925台(68.8%)、ガソリン車は6万5,722台(26.9%)、ハイブリッドが9,786台(4.0%)、電気自動車(EV)が467台 (0.2%)。購入タイプ別では 個人の購入が14万8,589台(64.9%)、法人が9万5,311台(39.1%)であった。生産国別では、欧州が19万7,396台(80.9%)、日本が2万9,003台(11.9%)、米国は1万7,501台(7.2%)だった。

輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
2015年 2014年 前年
同期比
12月 シェア 12月 シェア 1-12月
累計
シェア 1-12月
累計
シェア
BMW 5,224 21.4% 3,076 18.0% 69.8% 47,877 19.6% 40,174 20.5% 19.2%
Mercedes-Benz 4,950 20.3% 2,720 15.9% 82.0% 46,994 19.3% 35,213 17.9% 33.5%
Volkswagen 2,635 10.8% 2,907 17.0% -9.4% 35,778 14.7% 30,719 15.6% 16.5%
Audi 2,887 11.8% 1,766 10.3% 63.5% 32,538 13.3% 27,647 14.1% 17.7%
Ford/Lincoln 1,013 4.2% 660 3.9% 53.5% 10,358 4.2% 8,718 4.4% 18.8%
Lexus 1,157 4.7% 774 4.5% 49.5% 7,956 3.3% 6,464 3.3% 23.1%
Toyota 905 3.7% 840 4.9% 7.7% 7,825 3.2% 6,840 3.5% 14.4%
MINI 764 3.1% 1,046 6.1% -27.0% 7,501 3.1% 6,572 3.3% 14.1%
Land Rover 1,317 5.4% 554 3.2% 137.7% 7,171 2.9% 4,675 2.4% 53.4%
Peugeot 322 1.3% 273 1.6% 17.9% 7,000 2.9% 3,118 1.6% 124.5%
Chrysler/Jeep 684 2.8% 557 3.3% 22.8% 6,257 2.6% 5,244 2.7% 19.3%
Nissan 620 2.5% 694 4.1% -10.7% 5,737 2.4% 4,411 2.2% 30.1%
Honda 295 1.2% 276 1.6% 6.9% 4,511 1.8% 3,601 1.8% 25.3%
Volvo 363 1.5% 203 1.2% 78.8% 4,238 1.7% 2,976 1.5% 42.4%
Porsche 186 0.8% 175 1.0% 6.3% 3,856 1.6% 2,568 1.3% 50.2%
Infiniti 448 1.8% 162 0.9% 176.5% 2,974 1.2% 2,777 1.4% 7.1%
Jaguar 322 1.3% 209 1.2% 54.1% 2,804 1.1% 1,989 1.0% 41.0%
Cadillac 126 0.5% 76 0.4% 65.8% 886 0.4% 503 0.3% 76.1%
Fiat 72 0.3% 49 0.3% 46.9% 615 0.3% 1,163 0.6% -47.1%
Citroen 42 0.2% 91 0.5% -53.8% 572 0.2% 620 0.3% -7.7%
Bentley 25 0.1% 9 0.1% 177.8% 385 0.2% 322 0.2% 19.6%
Rolls-Royce 9 0.0% 3 0.0% 200.0% 63 0.0% 45 0.0% 40.0%
Lamborghini 0 0.0% 0 0.0% -% 4 0.0% 0 0.0% -%
Total 24,366 100.0% 17,120 100.0% 42.3% 243,900 100.0% 196,359 100.0% 24.2%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA)


より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ

2015年11月 販売台数速報

2015.12.4

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。

韓国5社の新車販売、11月は11.6%増の14.2万台
・韓国メーカー5社が発表した11月の国内新車販売台数は、前年同月比11.6%増の14万1,711台となった。
・企業別では現代は16.9%増、起亜は12.4%増、双竜は56.1%増となったが、韓国GMは7.3%減、ルノーサムスンは29.9%減となっている。
・国内の11月販売の5社のシェアは、現代が46.0%で首位、2位が起亜自動車で35.3%、3位の韓国GMが8.1%、双竜が6.4%、ルノーサムスンが4.2%だった。
・モデル別では現代の中型セダン「ソナタ(Sonata)」が1万328台で首位となった。続いて同小型セダン「アバンテ(Avante)」が 1万119台、同中型クロスオーバーSUV「サンタフェ(Santa Fe)」が8,879台、同小型トラック「ポーター (Porter)」が8,520台、起亜の小型車「モーニング(Morning)」が8,222台。
・また、11月の海外販売も、現代・起亜の米国、中国、インドなどの販売が好調で、3.7%増の68万770台となり、国内外の合計は5.0%増の82万2,481台となっ た。現代・起亜は米国で6月から6カ月連続でプラスとなっており、現代が11.8%増の6万7台、起亜が1.4%増の4万5,553台で過去最高を記録、合計で7.1%増の10万5,560台となり、11月としては過去最高を記録した。中国でも、現代が11.2%増の11万94台で今年の月間最多販売を記録、起亜は12.1%増の7万65台で2002年の中国進出以来、初めて7万台超となり、現代・起亜の合計では11.5%増の18万159台で、昨年12月に次ぐ2番目の記録となっている。

・現代の国内販売は16.9%増の6万5,166台となった。10月に続いて新車を投入した「ソナタ」と「アバンテ」がいずれも1万台以上の販売を記録し、全体の販売を牽引。海外販売も3.1%増の38万6,672台となり、グローバル販売は4.9%増の45万1,838台となった。
・起亜は国内では9月に発売されたコンパクトSUV「スポーティジ (Sportage)」の新型モデル、7月発売の新型「K5」などと「モーニング」、「カーニバル」、「ソレント」など主力モデ ルの販売が好調で12.4%増の5万31台となり、1996年12月の5万3,633台から19年ぶりに5万台超となった。海外販売も5.7%増の23万6,272台となり、グローバル販売は6.8%増の28万6,303台となっている。
・韓国GMは、国内は7.3%減1万1,446台で、過去最高を記録した10月から一転、マイナスとなった。9月に米国からの輸入販売を開始した「インパラ (Impala)」の人気は高いが、在庫不足により11月の販売は839台にとどまっている。輸出も0.7%減の3万9,606台となり、グローバル販売合計では2.2%減の5万1,052台となった。11月のCKD輸出は4万8,918台。
・双竜は、国内では新型の小型SUV「チボリ(Tivoli)」の販売が引き続き好調で、国内販売合計が56.1%増の9,062台となった。一方、輸出は24.1%減の3,353台で、グローバル販売合計は21.5%増の1万2,415台となった。
・ルノー・サムスンは、国内が29.9%減の6,006台となったが、輸出は10.1%増の1万4,867台(うち日産のコンパクトSUV「ローグ(Rogue)」が1万3,010台)となり、国内外の合計では5.5%減の2万873台となった。受託生産している日産「ローグ」の1-11月累計輸出台数は10万3,531台と、10万台を突破、年間生産台数を当初の計画の8万台から11万台に拡大している。

・1-11月の各社のグローバル累計販売は、現代が前年同期比0.9%減の444万8,969台、起亜は0.6%減の274万2,899台で、現代・起亜の合計は719万1,868台。両社は今年の年販目標台数を820万台に設定しているが、これを達成するためには12月に100万台以上販売する必要があり、目標達成は難しいと思われる。韓国GMは2.3%減の56万534台(CKD輸出は外数で73万7,807台)、ルノーサムスンは39.2%増の20万3,528台、双竜は1.2%増の12万9,648台(CKDは内数で223台)となっている。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年11月)
メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
11月
2014年
11月
前年
同月比
2015年
11月
2014年
11月
前年
同月比
11月 シェア*1 11月 シェア*1
現代 65,166 46.0% 55,725 43.9% 16.9% 386,672 375,067 3.1% 451,838 430,792 4.9%
起亜 50,031 35.3% 44,500 35.1% 12.4% 236,272 223,602 5.7% 286,303 268,102 6.8%
韓国GM 11,446 8.1% 12,344 9.7% -7.3% 39,606 39,874 -0.7% 51,052 52,218 -2.2%
ルノーサムスン*2 6,006 4.2% 8,568 6.7% -29.9% 14,867 13,509 10.1% 20,873 22,077 -5.5%
双竜 9,062 6.4% 5,806 4.6% 56.1% 3,353 4,416 -24.1% 12,415 10,222 21.5%
合計 141,711 100.0% 126,943 100.0% 11.6% 680,770 656,468 3.7% 822,481 783,411 5.0%
出所: 各社発表。
*1: シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
*2: ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国輸入車販売、11月は35.6%増の2.3万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が4日に発表した11月の輸入車の新規登録台数は前年同月比35.6%増の2万2,991台となった。今年6月に続く2番目の記録となっている。
・前月比ベースでは32.0%増となっており、KAIDAのユン・デソン専務は、いくつかのブランドの積極的なプロモーションと在庫確保によるものと説明している。
・11月の登録台数をブランド別に見ると、排ガス不正問題で揺れるVWが大幅な割引・優遇策を展開、前年同月比65.6%増の4,517台(輸入車内のシェア19.6%)で首位となった。続いてBMWが21.1%増の4,217台(同18.3%)、アウディが55.5%増の3,796台(同16.5%)、メルセデスベンツが44.2%増の3,441台となっている。
・モデル別ではVWの「ティグアン 2.0 TDI ブルーモーション(Tiguan 2.0TDI BlueMotion)」が1,228台、VWの「ジェッタ 2.0 TDI ブルーモーション(Jetta 2.0TDI BlueMotion)」が1,000台、アウディの「A6 35 TDI」が702台だった。
・排気量別で は、2,000cc未満の車両が1万4,360台(輸入車内でのシェア62.5%)となり、2,000-3,000cc未満が6,783台 (29.5%)、3,000-4,000cc未満が1,117台(4.9%)、4,000cc以上は704台(3.1%)、その他27台(0.1%)と なった。エンジン別では、ディーゼルが1万6,856台(73.3%)、ガソリン車が5,062台(22.0%)、ハイブリッドが1,046台(4.5%)、 電気自動車(EV)が27台(0.1%)。購入タイプ別では個人の購入が1万4,725台(64.0%)、法人が8,266台(36.0%)。生産国別では、 欧州が1万9,306台(84.0%)、日本が2,518台(11.0%)、米国は1,167台(5.1%)だった。
・1-11月の累計では前年同期比22.5%増の21万9,534台となり、昨年の通年販売台数19万6,359台を突破した。2011年に10万台を突破してから4年で初めて20万台超となっている。

輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
11月 シェア 11月 シェア
Volkswagen 4,517 19.6% 2,727 16.1% 65.6%
BMW 4,217 18.3% 3,481 20.5% 21.1%
Audi 3,796 16.5% 2,441 14.4% 55.5%
Mercedes-Benz 3,441 15.0% 2,386 14.1% 44.2%
Land Rover 800 3.5% 485 2.9% 64.9%
Lexus 768 3.3% 658 3.9% 16.7%
Peugeot 745 3.2% 407 2.4% 83.0%
Ford/Lincoln 661 2.9% 654 3.9% 1.1%
MINI 639 2.8% 835 4.9% -23.5%
Toyota 545 2.4% 706 4.2% -22.8%
Volvo 523 2.3% 311 1.8% 68.2%
Honda 414 1.8% 302 1.8% 37.1%
Nissan 409 1.8% 310 1.8% 31.9%
Chrysler/Jeep 385 1.7% 555 3.3% -30.6%
Infiniti 382 1.7% 163 1.0% 134.4%
Jaguar 268 1.2% 116 0.7% 131.0%
Porsche 214 0.9% 212 1.3% 0.9%
Cadillac 121 0.5% 46 0.3% 163.0%
Citroen 56 0.2% 50 0.3% 12.0%
Fiat 45 0.2% 62 0.4% -27.4%
Bentley 39 0.2% 47 0.3% -17.0%
Rolls-Royce 6 0.0% 5 0.0% 20.0%
Total 22,991 100.0% 16,959 100.0% 35.6%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA)


より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ

2015年10月 販売台数速報

2015.11.6

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


韓国5社の新車販売、10月は20.3%増の14.6万台
・韓国メーカー5社が発表した10月の国内新車販売台数は、前年同月比20.3%増の14万6,106台となり、今年最大の増加幅となった。10月は毎年需要の多い時期である上に、新型車の投入や個別消費税の引き下げをなどが奏功したとされる。
・ルノーサムスンを除く4社が前年実績を上回っており、現代は16.7%増、起亜は25.9%増、韓国GMが8.6%増、双竜は83.5%増、ルノーサムスンは4.7%減となっている。
・国内の10月販売の5社のシェアは、現代が46.4%で首位、2位が起亜自動車で31.9%、3位の韓国GMが10.0%、双竜が6.8%、ルノーサムスンが4.8%だった。
・モデル別では現代の小型セダン「アバンテ(Avante)」が 1万2,838台で8月から3カ月連続で首位を維持した。続いて同中型セダン「ソナタ(Sonata)」が1万487台、同小型トラック「ポーター (Porter)」が8,978台、同中型クロスオーバーSUV「サンタフェ(Santa Fe)」が8,787台、起亜のコンパクトSUV「スポーティジ (Sportage)」が7,585台。
・ また、海外販売も、減退していた中国市場が回復したことで6.5%増の66万9,188台となり、国内外の合計は8.7%増の81万5,294台となっ た。現代・起亜は米国で6月から5カ月連続でプラスとなっており、合計で10月としては過去最高を記録した。中国でも中国政府の景気刺激策の一環で、10 月1日から2016年12月末まで、排気量1,600cc以下の小型車の自動車取得税を10%から5%に引き下げる減税措置が始まった。現代・起亜はいず れも1,600ccモデルを追加、新車効果と合わせて追い風となり、4.7%増の15万6,575台で6カ月ぶりにプラスに転じた。
・現代の国内販売は16.7%増の6万7,807台となった。新車投入効果で「アバンテ」と「ソナタ」がいずれも今年初めて月間1万台以上の販売を 記録し、全体の販売を牽引している。海外販売も4.7%増の39万568台となり、グローバル販売は6.3%増の45万8,375台となった。
・ 起亜は国内では9月に発売された「スポーティジ」の新型モデル、7月発売の新型「K5」などと「モーニング」、「カーニバル」、「ソレント」など主力モデ ルの販売が好調で25.9%増の4万6,605台となった。海外販売も14.2%増の22万2,349台となり、グローバル販売は16.1%増の26万 8,954台となっている。
・韓国GMは、国内は8.6%増1万4,675台で、10月単月として2002年に会社発足以来最高を記録した。輸出 は昨年と同数となり、グローバル販売合計では2.2%増の5万4,671台となった。10月のCKD 輸出は7万499台。韓国国内では、9月に米国からの輸入販売を開始した「インパラ (Impala)」の人気は高いが在庫不足により10月の販売は1,499台、また、「ユーロ6」導入による販売停止を控えるSUV「キャプティバ(Captiva)」は前年同月比60.9%増の1,186台となっている。
・双竜は、国内では新型の小型SUV「チボリ(Tivoli)」の 販売が5,237台と好調で、初めて月間販売台数が5,000台超となり、 国内販売合計が83.5%増の1万8台となった。月間国内販売台数が1万台を超えたのは2003年12月以来約12年ぶりという。一方、輸出は45.5% 減の3,351台で、グローバル販売合計は15.2%増の1万3,359台となった。
・ルノー・サムスンは、国内が4.7%減の7,011台、輸出も11.6%減の1万2,924台(うち日産のコンパクトSUV「ローグ(Rogue)」が1万1,820台)となり、国内外の合計では9.3%減の1万9,935台となった。国内では「QM3」を2,301台販売、同モデルは7カ月連続で2,000台超となっている。日産「ローグ」の1-10月までの累計輸出台数は9万521台で、当初の契約台数の年間8万台を突破している。

・ 1-10月の各社のグローバル累計販売は、現代が前年同期比1.5%減の399万7,169台、起亜は1.4%減の245万6,611台、韓国GMは 2.3%減の50万9482台(CKD輸出は外数で68万8,889台)、ルノーサムスンは47.1%増の18万2,655台、双竜は0.5%減の11万 7,233台(CKDは内数で223台)となっている。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年10月)
メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
10月
2014年
10月
前年
同月比
2015年
10月
2014年
10月
前年
同月比
10月 シェア*1 10月 シェア*1
現代 67,807 46.4% 58,103 47.8% 16.7% 390,568 372,984 4.7% 458,375 431,087 6.3%
起亜 46,605 31.9% 37,005 30.5% 25.9% 222,349 194,690 14.2% 268,954 231,695 16.1%
韓国GM 14,675 10.0% 13,507 11.1% 8.6% 39,996 39,996 0.0% 54,671 53,503 2.2%
ルノーサムスン*2 7,011 4.8% 7,360 6.1% -4.7% 12,924 14,620 -11.6% 19,935 21,980 -9.3%
双竜 10,008 6.8% 5,455 4.5% 83.5% 3,351 6,143 -45.5% 13,359 11,598 15.2%
合計 146,106 100.0% 121,430 100.0% 20.3% 669,188 628,433 6.5% 815,294 749,863 8.7%
出所: 各社発表。
*1: シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
*2: ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国輸入車販売、10月は6.0%増の1.7万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が5日に発表した10月の輸入車の新規登録台数は前年同月比6.0%増の1万7,423台となった。
・前月比ベースでは14.5%減となっており、KAIDAのユン・デソン専務は、最近のディーゼル問題といくつかのブランドの在庫不足によるものと説明している。
・ 10月の登録台数をブランド別に見ると、メルセデスベンツが前年同月比5.8%増の3,713台(輸入車内のシェア21.3%)で首位、続いてBMWが 9.3%減の3,156台(同18.1%)、アウディが28.4%増の2,482台(同14.2%)、プジョーが4.3倍の1,071台(同6.1%) 、排ガス不正問題渦中のVWは46.2%減の947台で5位となり、9月の2,901台から約3分の1に減退、アウディも9月の3,401台から2,0% 減となっている。
・モデル別ではプジョーの小型クロスオーバーSUV「2008 1.6 e-HDi」が719台でトップ、続いてレクサス「ES300h」が492台、メルセデス・ベンツ「E220 BlueTEC」が437台の順だった。1位に躍り出たプジョー「2008」は「ユーロ5」モデルのため、売り切り施策がとられた。
・排気量別で は、2,000cc未満の車両が8,715台(輸入車内でのシェア50.0%)となり、2,000-3,000cc未満が6,850台 (39.3%)、3,000-4,000cc未満が1,242台(7.1%)、4,000cc以上は573台(3.3%)、その他43台(0.2%)と なった。エンジン別では、ディーゼルが1万1,057台(63.5%)、ガソリン車が5,367台(30.8%)、ハイブリッドが956台(5.5%)、 電気自動車(EV)が43台(0.2%)。購入タイプ別では個人の購入が9,777台(56.1%)、法人が7,646台(43.9%)。生産国別では、 欧州が1万3,835台(79.4%)、日本が2,219台(12.7%)、米国は1,369台(7.9%)だった。
・1-10月の累計では前年同期比21.1%増の19万6,543台となっている。


輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
10月 シェア 10月 シェア
Mercedes-Benz 3,713 21.3% 3,511 21.4% 5.8%
BMW 3,156 18.1% 3,480 21.2% -9.3%
Audi 2,482 14.2% 1,933 11.8% 28.4%
Peugeot 1,071 6.1% 248 1.5% 331.9%
Volkswagen 947 5.4% 1,759 10.7% -46.2%
Ford/Lincoln 801 4.6% 841 5.1% -4.8%
Toyota 792 4.5% 469 2.9% 68.9%
Land Rover 744 4.3% 459 2.8% 62.1%
Lexus 731 4.2% 624 3.8% 17.1%
MINI 690 4.0% 793 4.8% -13.0%
Chrysler/Jeep 509 2.9% 552 3.4% -7.8%
Nissan 430 2.5% 360 2.2% 19.4%
Volvo 326 1.9% 320 1.9% 1.9%
Porsche 318 1.8% 216 1.3% 47.2%
Jaguar 274 1.6% 135 0.8% 103.0%
Infiniti 134 0.8% 278 1.7% -51.8%
Honda 132 0.8% 284 1.7% -53.5%
Cadillac 59 0.3% 51 0.3% 15.7%
Bentley 49 0.3% 27 0.2% 81.5%
Fiat 33 0.2% 5 0.0% 560.0%
Citroen 29 0.2% 85 0.5% -65.9%
Rolls-Royce 3 0.0% 6 0.0% -50.0%
Total 17,423 100.0% 16,436 100.0% 6.0%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA)

より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ

2015年9月 販売台数速報

2015.10.1

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


韓国5社の新車販売、9月は15.7%増の12.8万台
・韓国メーカー5社が発表した9月の国内新車販売台数は、前年同月比15.7%増の12万8,067台となった。新型車の投入や個別消費税の引き下げを受けた積極的なセールスプロモーションなどが奏功したとされる。
・8月に続いて5社とも前年実績を上回っており、現代は8.7%増、起亜は16.6%増、韓国GMが24.0%増、双竜59.1%増、ルノーサムスンが10.9%増となっている。
・国内の8月販売の5社のシェアは、現代が40.6%で首位、2位が起亜自動車で35.1%、3位の韓国GMが12.8%、双竜が6.3%、ルノーサムスンが5.2%だった。
・モデル別では現代の小型セダン「アバンテ(Avante)」が8,583台(うち新型ADモデルが5,667台)で8月に続いて首位を維持した。続いて同中型セダン「ソナタ(Sonata)」が8,033台、同中型クロスオーバーSUV「サンタフェ(Santa Fe)」が7,568台、起亜のSUV「ソレント(Sorento)」が7,130台、同小型車「モーニング(Morning)」が6,870台などとなっている。

・一方、韓国5社の海外販売は、中国市場などの販売減の影響を受け、0.8%減の58万2,070台となった。海外販売の減少幅は減少しており、国内外の合計は1.8%増の71万137台で、6月から3カ月ぶりに前年実績を上回った。
・現代の国内販売は8.7%増の5万1,954台、海外販売は0.2%増の34万2,907台となり、グローバル販売は1.2%増の39万4,861台となった。
・起亜は国内ではSUV「ソレント(Sorento)」の新型モデル、新型「K5」、新型「スポーティジ」などの販売が好調で、前年同月比16.6%増となった。一方、海外販売は、輸出台数は改善したものの、中国生産が減少しているため、4.4%減の18万5,120台となり、グローバル販売は0.9%減の23万130台となっている。中国の生産は4月から8月まで抑えられていたが、9月の販売は増加に転じており、今月は新型「スポーティジ」を中国でも発売、今後のプラス基調に期待がかかる。
・韓国GMは、国内は24.0%増、輸出も0.5%増となり、合計では6.9%増の5万1,502台となった。9月のCKD 輸出は5万8,960台。9月に米国からの輸入販売を開始した「インパラ (Impala)」は9月の販売が1,634台で、すでに1万台以上を契約済みとされ、今後輸入台数拡大によりさらに販売は伸びるとみている。
・双竜は、国内では新型の小型SUV「チボリ(Tivoli)」のディーゼルモデル投入により前年同月比59.1%増の8,106台となったが、輸出は36.4%減の3,383台で、グローバル販売合計は10.3%増の1万1,489台となった。 双竜の国内販売は9月末時点で前年同期比39.8%増の6万9,243台となり、昨年実績を上回っている。
・ルノー・サムスンは、国内が10.9%増の6,604台、輸出は47.7%増の1万5,551台(うち日産のコンパクトSUV「ローグ(Rogue)」が1万2,550台)となり、国内外の合計では34.4%増の2万2,155台となった。国内では「QM3」を2,306台販売、同モデルは6カ月連続で2,000台超となっている。

・1-9月の各社のグローバル累計販売は、現代が前年同期比2.4%減の353万8,408台、起亜は3.1%減の218万9,454台、韓国GMは2.8%減の45万4,811台(CKD輸出は外数で61万8,390台)、ルノーサムスンは59.3%増の16万2,720台、双竜は2.2%減の10万3,874台(CKDは内数で223台)となっている。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年9月)
メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
9月
2014年
9月
前年
同月比
2015年
9月
2014年
9月
前年
同月比
9月 シェア*1 9月 シェア*1
現代 51,954 40.6% 47,789 43.2% 8.7% 342,907 342,376 0.2% 394,861 390,165 1.2%
起亜 45,010 35.1% 38,605 34.9% 16.6% 185,120 193,559 -4.4% 230,130 232,164 -0.9%
韓国GM 16,393 12.8% 13,218 11.9% 24.0% 35,109 34,943 0.5% 51,502 48,161 6.9%
ルノーサムスン*2 6,604 5.2% 5,954 5.4% 10.9% 15,551 10,530 47.7% 22,155 16,484 34.4%
双竜 8,106 6.3% 5,094 4.6% 59.1% 3,383 5,323 -36.4% 11,489 10,417 10.3%
合計 128,067 100.0% 110,660 100.0% 15.7% 582,070 586,731 -0.8% 710,137 697,391 1.8%
出所: 各社発表。
*1: シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
*2: ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国輸入車販売、9月は19.7%増の2.0万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が6日に発表した9月の輸入車の新規登録台数は前年同月比19.7%増の2万381台となった。
・前月比ベースでも12.0%増となっており、KAIDAのユン・デソン専務は、いくつかのブランドの新車投入と個別消費税の引き下げが追い風となったと説明している。
・ 9月の登録台数をブランド別に見ると、メルセデスベンツが前年同月比22.4%増の4,329台(輸入車内のシェア21.2%)で首位、続いてBMWが 6.1%増の3,506台(同17.2%)、アウディが44.8%増の3,401台(同16.7%)、VWが26.7%増の2,901台(同14.2%) などとなっている。
・モデル別ではVWの「ティグアン 2.0 TDI ブルーモーション(Tiguan 2.0TDI BlueMotion)」が771台、アウディの「A6 35 TDI」が661台、メルセデス・ベンツ「E220 BlueTEC」が609台の順だった。VWの排ガス不正問題が広まったのは9月末のため、影響が出るのは10月以降になるとみられる。
・排気量 別では、2,000cc未満の車両が1万1,229台(輸入車内でのシェア55.1%)となり、2,000-3,000cc未満が7,408台 (36.3%)、3,000-4,000cc未満が1,206台(5.9%)、4,000cc以上は465台(2.3%)、その他73台(0.4%)と なった。エンジン別では、ディーゼルが1万3,826台(67.8%)、ガソリン車が5,595台(27.5%)、ハイブリッドが887台(4.4%)、 電気自動車(EV)が73台(0.4%)。購入タイプ別では個人の購入が1万2,779台(62.7%)、法人が7,602台(37.3%)。生産国別で は、欧州が1万6,440台(80.7%)、日本が2,417台(11.9%)、米国は1,524台(7.5%)だった。
・1-9月の累計では前年比22.8%増の17万9,120台となっている。


輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
9月 シェア 9月 シェア
Mercedes-Benz 4,329 21.2% 3,538 20.8% 22.4%
BMW 3,506 17.2% 3,303 19.4% 6.1%
Audi 3,401 16.7% 2,349 13.8% 44.8%
Volkswagen 2,901 14.2% 2,289 13.4% 26.7%
Ford/Lincoln 854 4.2% 733 4.3% 16.5%
Lexus 781 3.8% 537 3.2% 45.4%
Peugeot 641 3.1% 289 1.7% 121.8%
Chrysler/Jeep 579 2.8% 566 3.3% 2.3%
Toyota 576 2.8% 666 3.9% -13.5%
Honda 498 2.4% 317 1.9% 57.1%
MINI 479 2.4% 434 2.5% 10.4%
Nissan 415 2.0% 335 2.0% 23.9%
Volvo 342 1.7% 298 1.8% 14.8%
Porsche 336 1.6% 284 1.7% 18.3%
Jaguar 234 1.1% 155 0.9% 51.0%
Land Rover 180 0.9% 443 2.6% -59.4%
Infiniti 147 0.7% 294 1.7% -50.0%
Cadillac 91 0.4% 89 0.5% 2.2%
Citroen 38 0.2% 60 0.4% -36.7%
Fiat 32 0.2% 2 0.0% 1500.0%
Bentley 17 0.1% 43 0.3% -60.5%
Rolls-Royce 4 0.0% 3 0.0% 33.3%
Total 20,381 100.0% 17,027 100.0% 19.7%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA)



より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ

2015年8月 販売台数速報

2015.9.1

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


韓国5社の新車販売、8月は13.6%増の12万台
・韓国メーカー5社が発表した8月の国内新車販売台数は、好調なRVの販売により、前年同月比13.6%増の12万400台となった。
・企業別では5社とも前年実績を上回っており、現代は6.1%増、起亜は15.9%増、韓国GMが16.0%増、双竜45.7%増、ルノーサムスンが30.8%増となっている。
・国内の8月販売の5社のシェアは、現代が42.4%で首位、2位が起亜自動車で34.7%、3位の韓国GMが11.5%、双竜が6.2%、ルノーサムスンが5.2%だった。
・モデル別では現代の小型セダン 「アバンテ(Avante)」が8,806台で2014年9月以降11カ月ぶりに首位となった。続いて同中型セダン「ソナタ(Sonata)」が8,218台、同中型クロスオーバーSUV「サンタフェ(Santa Fe)」が7,957台、韓国GMの小型車「スパーク (Spark)」が6,987台、起亜の小型車「モーニング(Morning)」が6,954台などとなっている。
・一方、韓国5社の海外販売は、中国やロシア市場などの販売減の影響を受け、5.8%減の50万2,142台にとどまり、国内外の合計は2.6%減の62万2,542台となった。

・現代の国内販売は6.1%増の5万1,098台、海外販売は2.8%増の31万8,694台となり、グローバル販売は3.3%増の36万9,792台となった。
・起亜は国内では新型「K5」、ミニバン「カーニバル(Carnival)」やSUV「ソレント(Sorento)」などRVの販売好調により前年同月比では15.9%増の4万1,740台となった。一方、海外販売は、輸出台数・海外生産共に減少したため、15.0%減の15万4,242台となり、グローバル販売は9.9%減の19万5,982台となっている。
・韓国GMは、国内は16.0%増の1万3,844台となったが、海外は28.9%減の2万2,096台となり、合計では16.5%減の3万5,940台となった。8月のCKD 輸出は5万3,709台。7月に新型モデルを投入した小型車シボレー「スパーク(Spark)」は2011年1月のシボレーブランド韓国投入以来、月間販売台数で最高を記録した。
・双竜は、国内では新型の小型SUV「チボリ(Tivoli)」の販売がディーゼルモデル投入により前年同月比45.7%増の7,517台となったが、輸出は29.4%減の3,254台で、グローバル販売合計は10.3%増の1万771台となった。
・ルノー・サムスンは、国内が30.8%増の6,201台、輸出は33.7%減の3,856台(うち日産のコンパクトSUV「ローグ(Rogue)」が2,699台)となり、国内外の合計では4.8%減の1万57台となった。国内では「QM3」を2,119台販売、同モデルは5カ月連続で2,000台超となっている。一方北米向けの「ローグ」は、年式変更に伴う生産調整のため大幅減となっている。

・1-8月の各社のグローバル累計販売は、現代が前年同期比2.8%減の314万3,384台、起亜は3.4%減の195万9,265台、韓国GMは3.9%減の40万3,309台(CKD輸出は外数で55万9,430台)、ルノーサムスンは64.1%増の14万565台、双竜は3.6%減の9万2,385台(CKDは内数で223台)となっている。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年8月)
メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
8月
2014年
8月
前年
同月比
2015年
8月
2014年
8月
前年
同月比
8月 シェア*1 8月 シェア*1
現代 51,098 42.4% 48,143 45.4% 6.1% 318,694 309,955 2.8% 369,792 358,098 3.3%
起亜 41,740 34.7% 36,003 34.0% 15.9% 154,242 181,434 -15.0% 195,982 217,437 -9.9%
韓国GM 13,844 11.5% 11,938 11.3% 16.0% 22,096 31,080 -28.9% 35,940 43,018 -16.5%
双竜 7,517 6.2% 5,158 4.9% 45.7% 3,254 4,609 -29.4% 10,771 9,767 10.3%
ルノーサムスン*2 6,201 5.2% 4,741 4.5% 30.8% 3,856 5,818 -33.7% 10,057 10,559 -4.8%
合計 120,400 100.0% 105,983 100.0% 13.6% 502,142 532,896 -5.8% 622,542 638,879 -2.6%
出所: 各社発表。
*1: シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
*2: ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国輸入車販売、8月は10.7%増の1.8万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が4日に発表した8月の輸入車の新規登録台数は前年同月比10.7%増の1万8,200台となった。
・前月比ベースでは12.1%減となっているが、KAIDAのユン・デソン専務は、いくつかのブランドの在庫不足と夏季休暇の季節要因によるものと説明している。
・ 8月の登録台数をブランド別に見ると、メルセデスベンツが前年同月比19.4%増の3,662台(輸入車内のシェア20.1%)で7月に続いて首位となっ た。続いてBMWが13.4%増の3,642台(同20.0%)、VWが25.2%増の3,145台(同17.3%)などとなっている。
・モデル別ではVWの「パサート 2.0 TDI (Passat 2.0 TDI)」が854台、アウディの「A6 35 TDI」が795台、VW「ゴルフ(Golf) 2.0 TDI」が740台の順だった。
・ 排気量別では、2,000cc未満の車両が1万956台(輸入車内でのシェア60.2%)となり、2,000-3,000cc未満が5,864台 (32.2%)、3,000-4,000cc未満が911台(5.0%)、4,000cc以上は414台(2.3%)、その他55台(0.3%)と なった。エンジン別では、ディーゼルが1万3,154台(72.3%)、ガソリン車が4,634台(25.5%)、ハイブリッドが357台(2.0%)、 電気自動車(EV)が55台(0.3%)。購入タイプ別では個人の購入が1万1,463台(63.0%)、法人が6,737台(37.0%)。生産国別で は、欧州が1万5,370台(84.5%)、日本が1,865台(10.2%)、米国は965台(5.3%)だった。
・1-8月の累計では前年比23.2%増の15万8,739台となっている。


輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
8月 シェア 8月 シェア
Mercedes-Benz 3,662 20.1% 3,067 18.7% 19.4%
BMW 3,642 20.0% 3,213 19.5% 13.4%
Volkswagen 3,145 17.3% 2,512 15.3% 25.2%
Audi 2,796 15.4% 2,762 16.8% 1.2%
Peugeot 633 3.5% 230 1.4% 175.2%
Toyota 578 3.2% 595 3.6% -2.9%
Ford/Lincoln 496 2.7% 626 3.8% -20.8%
Nissan 476 2.6% 312 1.9% 52.6%
MINI 382 2.1% 436 2.7% -12.4%
Chrysler/Jeep 379 2.1% 437 2.7% -13.3%
Porsche 338 1.9% 157 1.0% 115.3%
Volvo 336 1.8% 272 1.7% 23.5%
Honda 329 1.8% 301 1.8% 9.3%
Infiniti 251 1.4% 261 1.6% -3.8%
Lexus 231 1.3% 448 2.7% -48.4%
Land Rover 217 1.2% 422 2.6% -48.6%
Jaguar 104 0.6% 172 1.0% -39.5%
Cadillac 90 0.5% 80 0.5% 12.5%
Fiat 51 0.3% 10 0.1% 410.0%
Citroen 48 0.3% 107 0.7% -55.1%
Bentley 11 0.1% 20 0.1% -45.0%
Rolls-Royce 4 0.0% 2 0.0% 100.0%
Lamborghini 1 0.0% - -% -%
Total 18,200 100.0% 16,442 100.0% 10.7%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA)


より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ

2015年7月 販売台数速報

2015.8.4

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


韓国5社の新車販売、7月は6.4%増の13.5万台
・韓国メーカー5社が発表した7月の国内新車販売台数は、引き続きRVの販売が好調で、前年同月比6.4%増の13万5,471台となった。
・企業別では韓国GMを除く4社が前年実績を上回っており、中でも起亜は13.9%増、双竜は36.2%増となっている。
・国内の7月販売の5社のシェアは、現代が44.3%で首位、2位が起亜自動車で35.6%、3位の韓国GM9.2%、双竜が6.1%、ルノーサムスンが4.9%だった。
・モデル別では現代の中型クロスオーバーSUV「サンタフェ(Santa Fe)」が9,942台でトップ、続いて同小型トラック「ポーター(Porter)」が9,525台、中型セダン「ソナタ(Sonata)」が8,380台(うちハイブリッドモデルは790台)、起亜の小型車「モーニング(Morning)」が7,349台、同ミニバン「カーニバル(Carnival)」が7,158台などとなっている。
・一方海外販売は中国市場などでの販売減の影響を受け、7.4%減の54万5,671台にとどまり、国内外の合計は5.0%減の68万1,142台となった。

・現代の国内販売は0.5%増の5万9,957台、海外販売は7.3%減の29万7,838台となり、グローバル販売は6.0%減の35万7,795台となった。
・ 起亜は国内では新型「K5」、ミニバン「カーニバル(Carnival)」やSUV「ソレント(Sorento)」などRVの販売好調により前年同月比で は13.9%増の4万8,202台となった。現代自動車グループ発足以来、起亜自動車として最高を記録している。一方、海外販売は、輸出台数・海外生産共 に減少したため、15.4%減の18万6,325台となり、グローバル販売は10.7%減の23万4,527台となった。
・韓国GMは、国内は 6.8%減の1万2,402台となったが、海外は30.7%増の4万7,088台となり、合計では20.6%増の5万9,490台となった。7月のCKD 輸出は6万7,730台。小型車シボレー「スパーク(Spark)」の姉妹車オペル「カール(Karl)」の輸出が拡大している。
・双竜は国内では前年同月比36.2%増の8,210台となったが、輸出は37.9%減の3,604台(CKD1台を含む)で、グローバル販売合計は0.1%減の1万1,814台となった。国内では新型の小型SUV「チボリ(Tivoli)」の販売がディーゼルモデル投入により4,011台と月販最高を記録した。
・ルノー・サムスンは、国内が10.9%増の6,700台、輸出は70.9%増の1万816台(うち日産のコンパクトSUV「ローグ(Rogue)」が7,500台)となり、国内外の合計では41.6%増の1万7,516台となった。

・ 1-7月の各社のグローバル累計販売は、現代が前年同期比3.6%減の277万4,287台、起亜は2.6%減の176万3,296台、韓国GMは 2.5%減の36万7,369台(CKD輸出は外数で50万5,721台)、ルノーサムスンは73.8%増の13万508台、双竜は5.2%減の8万 1,614台(CKDは内数で223台)となっている。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年7月)

メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
7月
2014年
7月
前年
同月比
2015年
7月
2014年
7月
前年
同月比
7月 シェア*1 7月 シェア*1
現代 59,957 44.3% 59,640 46.8% 0.5% 297,838 321,193 -7.3% 357,795 380,833 -6.0%
起亜 48,202 35.6% 42,305 33.2% 13.9% 186,325 220,212 -15.4% 234,527 262,517 -10.7%
韓国GM 12,402 9.2% 13,307 10.5% -6.8% 47,088 36,030 30.7% 59,490 49,337 20.6%
ルノーサムスン*2 6,700 4.9% 6,040 4.7% 10.9% 10,816 6,327 70.9% 17,516 12,367 41.6%
双竜 8,210 6.1% 6,027 4.7% 36.2% 3,604 5,801 -37.9% 11,814 11,828 -0.1%
合計 135,471 100.0% 127,319 100.0% 6.4% 545,671 589,563 -7.4% 681,142 716,882 -5.0%
出所: 各社発表。
*1: シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
*2: ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国輸入車販売、7月は14.3%増の2.1万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が6日に発表した7月の輸入車の新規登録台数は前年同月比14.3%増の2万707台となった。
・前月比では14.7%減となっており、KAIDAのユン・デソン専務は、いくつかのブランドの在庫不足と本格的な休暇シーズンの季節要因によるものと説明している。
・7月の登録台数をブランド別に見ると、メルセデスベンツが3,976台(輸入車内のシェア19.2%)で4月以来3カ月ぶりに首位となった。続いてBMWが3,926台(同19.0%)、VWが2,998台(同14.5%)などとなっている。
・モデル別ではアウディの「A6 35 TDI」が791台、VWの「ティグアン 2.0 TDI ブルーモーション(Tiguan 2.0TDI BlueMotion)」が670台、同「ゴルフ(Golf) 2.0 TDI」が593台の順だった。
・ 排気量別では、2,000cc未満の車両が1万1,159台(輸入車内でのシェア53.9%)となり、2,000-3,000cc未満が7,542台 (36.4%)、3,000-4,000cc未満が1,340台(6.5%)、4,000cc以上は550台(2.7%)、その他116台(0.6%)と なった。エンジン別では、ディーゼルが1万4,325台(69.2%)、ガソリン車が5,483台(26.5%)、ハイブリッドが783台(3.8%)、 電気自動車(EV)が116台(0.6%)。購入タイプ別では個人の購入が1万2,369台(59.7%)、法人が8,338台(40.3%)。生産国別 では、欧州が1万6,658台(80.4%)、日本が2,524台(12.2%)、米国は1,525台(7.4%)だった。
・1-7月の累計では前年比25.1%増の14万539台となっている。


輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
7月 シェア 7月 シェア
Mercedes-Benz 3,976 19.2% 3,349 18.5% 18.7%
BMW 3,926 19.0% 3,353 18.5% 17.1%
Volkswagen 2,998 14.5% 3,157 17.4% -5.0%
Audi 2,617 12.6% 2,860 15.8% -8.5%
Ford/Lincoln 908 4.4% 917 5.1% -1.0%
MINI 894 4.3% 495 2.7% 80.6%
Toyota 652 3.1% 567 3.1% 15.0%
Land Rover 646 3.1% 408 2.3% 58.3%
Lexus 637 3.1% 506 2.8% 25.9%
Peugeot 610 2.9% 315 1.7% 93.7%
Nissan 592 2.9% 309 1.7% 91.6%
Chrysler/Jeep 543 2.6% 379 2.1% 43.3%
Honda 393 1.9% 320 1.8% 22.8%
Porsche 344 1.7% 305 1.7% 12.8%
Volvo 314 1.5% 276 1.5% 13.8%
Infiniti 250 1.2% 260 1.4% -3.8%
Jaguar 169 0.8% 157 0.9% 7.6%
Cadillac 74 0.4% 39 0.2% 89.7%
Citroen 69 0.3% 41 0.2% 68.3%
Fiat 66 0.3% 80 0.4% -17.5%
Bentley 21 0.1% 12 0.1% 75.0%
Rolls-Royce 5 0.0% 7 0.0% -28.6%
Lamborghini 3 0.0% 0 0.0% -%
Total 20,707 100.0% 18,112 100.0% 14.3%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA)


より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ

2015年6月 販売台数速報

2015.7.2

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


韓国5社の新車販売、6月は11.5%増の13.5万台
・韓国メーカー5社が発表した6月の国内新車販売台数は、引き続きRVの販売が好調で、前年同月比11.5%増の13万5,218台となった。
・企業別ではルノーサムスンを除く4社が前年実績を上回っており、中でも起亜は26.8%増となっている。
・国内の6月販売の5社のシェアは、現代が46.4%で首位、2位が起亜自動車で33.3%、3位の韓国GM9.0%、双竜が6.2%、ルノーサムスンが5.0%だった。
・モデル別では現代の小型トラック「ポーター (Porter)」が9,957台でトップ、続いて中型セダン「ソナタ(Sonata)」が9,604台(うちハイブリッドモデルは1,255台)、SUV「サンタフェ (Santa Fe)」が9,073台、起亜のSUV「ソレント(Sorento)」が7,212台、現代の準大型プレミアムセダン「グレンジャー (Grandeur)」が7,150台などとなっている。
・一方海外販売は1.5%増の62万1,257台にとどまり、国内外の合計は3.2%増の75万6,475台となった。

・ 現代の国内販売はRVが好調で4.8%増の6万2,802台となった。海外販売は2.2%減の34万5,224台となり、グローバル販売は1.2%減の40万8,026台となった。現代は、販売好調なSUV「サンタフェ(Santa Fe)」と、7月2日に発売した「ソナタ」の2016年モデルの拡販により下半期の販売増を図る。

・ 起亜は国内ではSUV「ソレント(Sorento)」が7,212台と発売以来の月販最高記録を達成、ミニバン「カーニバル(Carnival)」などRVの販売が大幅増となり、26.8%増の4万5,010台となった。海外でも4.3%増の21万8,917台となり、国内外の合計では7.5%増の26万3,927台となっている。
・韓国GMは、国内は0.8%増の1万2,233台、海外も9.3%増の4万2,953台となり、合計では7.3%増の5万5,186台となった。6月のCKD輸出は8万1,133台。
・双竜は国内では新型の小型SUV「チボリ(Tivoli)」の販売が3,630台と好調で、前年同月比63.3%増の8,420台となり、2005年以来10年ぶりに月間最高記録を更新した。一方、輸出は41.0%減の3,952台で、グローバル販売合計は4.4%増の1万2,372台となった。
・ルノー・サムスンは、国内は20.7%減の6,753台となったが、輸出は3.5倍の1万211台(うち日産のコンパクトSUV「ローグ(Rogue)」が9,658台)となり、国内外の合計では47.9%増の1万6,964台となった。

・ 1-6月の各社のグローバル累計販売は、現代が前年同期比3.2%減の241万6,626台、起亜は1.2%減の152万9,441台、韓国GMは5.9%減の30万7,879台(CKD輸出は外数で43万7,991台)、ルノーサムスンは80.1%増の11万2,992台、双竜は6.0%減の6万9,800台(CKDは内数で222台)となっている。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年6月)

メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
6月
2014年
6月
前年
同月比
2015年
6月
2014年
6月
前年
同月比
6月 シェア*1 6月 シェア*1
現代 62,802 46.4% 59,915 49.4% 4.8% 345,224 352,920 -2.2% 408,026 412,835 -1.2%
起亜 45,010 33.3% 35,502 29.3% 26.8% 218,917 209,985 4.3% 263,927 245,487 7.5%
韓国GM 12,233 9.0% 12,132 10.0% 0.8% 42,953 39,313 9.3% 55,186 51,445 7.3%
ルノーサムスン*2 6,753 5.0% 8,515 7.0% -20.7% 10,211 2,956 245.4% 16,964 11,471 47.9%
双竜 8,420 6.2% 5,157 4.3% 63.3% 3,952 6,695 -41.0% 12,372 11,852 4.4%
合計 135,218 100.0% 121,221 100.0% 11.5% 621,257 611,869 1.5% 756,475 733,090 3.2%
出所: 各社発表。
*1: シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
*2: ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国輸入車販売、6月は36.4%増の2.4万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が6日に発表した6月の輸入車の新規登録台数は前年同月比36.4%増の2万4,275台となった。これは、韓国が輸入車に対して市場を開放した1987年以降で単月として最高となっている。
・前月比でも32.0%増となっており、KAIDAのユン・デソン専務は、各ブランドの積極的なプロモーション、いくつかのブランドの在庫確保と新車効果により単月として過去最高を記録したと説明している。
・6月の登録台数をブラン ド別に見ると、BMWが5,744台(輸入車内のシェア23.7%)でトップ、続いてVWが4,321台(同17.8%)、 メルセデスベンツが4,196台(同17.3%)などとなっている。
・モデル別ではVWの「ティグアン 2.0 TDI ブルーモーション(Tiguan 2.0TDI BlueMotion)」が1,062台、同「ゴルフ(Golf) 2.0 TDI」が1,006台、BMWの「520d」が863台の順だった。
・ 排気量別では、2,000cc未満の車両が1万3,886台(輸入車内でのシェア57.2%)となり、2,000-3,000cc未満が8,176台 (33.7%)、3,000-4,000cc未満が1,630台(6.7%)、4,000cc以上は557台(2.3%)、その他26台(0.1%)と なった。エンジン別では、ディーゼルが1万7,292台 (71.2%)に拡大、ガソリン車は6,095台(25.1%)、ハイブリッドが862台(3.6%)、電気自動車(EV)が26台(0.1%)。 購入タイプ別では個人の購入が1万5,107台(62.2%)、法人が9,168台(37.8%)。生産国別では、欧州が1万9,863台 (81.8%)、日本が2,617台(10.8%)、米国は1,795台(7.4%)だった。
・1-6月の累計では前年比27.1%増の11万9,832台となっている。


輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
6月 シェア 6月 シェア
BMW 5,744 23.7% 3,358 18.9% 71.1%
Volkswagen 4,321 17.8% 3,010 16.9% 43.6%
Mercedes-Benz 4,196 17.3% 2,907 16.3% 44.3%
Audi 2,150 8.9% 2,728 15.3% -21.2%
Ford/Lincoln 1,120 4.6% 710 4.0% 57.7%
Land Rover 825 3.4% 466 2.6% 77.0%
MINI 785 3.2% 611 3.4% 28.5%
Lexus 727 3.0% 590 3.3% 23.2%
Toyota 711 2.9% 554 3.1% 28.3%
Peugeot 678 2.8% 184 1.0% 268.5%
Chrysler/Jeep 602 2.5% 419 2.4% 43.7%
Porsche 479 2.0% 311 1.7% 54.0%
Honda 464 1.9% 283 1.6% 64.0%
Nissan 461 1.9% 393 2.2% 17.3%
Volvo 316 1.3% 245 1.4% 29.0%
Infiniti 254 1.0% 416 2.3% -38.9%
Jaguar 253 1.0% 193 1.1% 31.1%
Cadillac 73 0.3% 36 0.2% 102.8%
Citroen 44 0.2% 60 0.3% -26.7%
Fiat 41 0.2% 304 1.7% -86.5%
Bentley 27 0.1% 23 0.1% 17.4%
Rolls-Royce 4 0.0% 2 0.0% 100.0%
Total 24,275 100.0% 17,803 100.0% 36.4%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA)



より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ

2015年5月 販売台数速報

2015.6.1

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


韓国5社の新車販売、5月は0.2%増の12.1万台
・韓国メーカー5社が発表した5月の国内新車販売台数は、RVの販売が好調で、前年同月比0.2%増の12万1,497台となった。
・一方海外販売は5.0%減の59万5,388台にとどまり、国内外の合計は4.2%減の71万6,885台となった。
・国内の5月販売の5社のシェアは、現代が45.3%で首位、2位が起亜自動車で32.9%、3位の韓国GM10.0%、双竜が6.4%、ルノーサムスンが5.4%となっている。
・モデル別では現代の中型セダン「ソナタ(Sonata)」が9,495台でトップ、続いて小型トラック「ポーター (Porter)」が7,378台、3月17日に3代目となる新型モデルを発売した小型SUV「ツーソン (Tucson)」が7,270台、起亜の小型車「モーニング (Morning)」が6,868台、現代の小型セダン 「アバンテ(Avante)」が6,620台などとなっている。

・現代の国内販売はRVの合計が9.5%増の1万3,466台と好調だったものの、乗用車が16.4%減の2万8,126台にとどまり、合計では8.2%減の5万4,990台となっている。海外販売も6.1%減の33万4,309台となり、グローバル販売は6.4%減の38万9,299台となった。
・起亜は国内では「モーニング」、SUV「ソレント(Sorento)」やミニバン「 カーニバル(Carnival)」などRVの販売が好調で10.4%増の4万10台となったが、海外は国内の工場稼働日減の影響で7.0%減の20万2,044台となり、国内外の合計では4.6%減の24万2,054台となっている。
・韓国GMは、国内は1.6%減の1万2,202台となったが、3月に生産を開始したオペルのAセグメントの新型5ドア・ハッチバック「カール(Karl)」の輸出開始により、海外は5.2%増の4万2,474台となり、合計では3.6%増の5万4,676台となった。5月のCKD輸出は8万2,482台。
・双竜は国内では新型の小型SUV「チボリ(Tivoli)」の販売が3,437台と好調で、前年同月比47.1%増の7,753台となった。一方、輸出は37.9%減の4,229台(CKD72台を含む)で、グローバル販売合計は0.8%減の1万1,982台となった。
・ルノー・サムスンは、国内は11.6%減の6,542台となったが、輸出はは101.1%増の1万2,332台(うち日産のコンパクトSUV「ローグ」が9,900台)となり、国内外の合計では39.5%増の1万8,874台となった。

・1~5月の各社のグローバル累計販売は、現代が前年同期比3.6%減の200万9,409台、起亜は2.8%減の126万5,522台、韓国GMは8.4%減の25万2,693台(CKD輸出は外数で35万6,858台)、ルノーサムスンは87.3%増の9万6,028台、双竜は7.9%減の5万7,428台(CKDは内数で222台)となっている。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年5月)
メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
5月
2014年
5月
前年
同月比
2015年
5月
2014年
5月
前年
同月比
5月 シェア*1 5月 シェア*1
現代 54,990 45.3% 59,911 49.4% -8.2% 334,309 356,115 -6.1% 389,299 416,026 -6.4%
起亜 40,010 32.9% 36,252 29.9% 10.4% 202,044 217,349 -7.0% 242,054 253,601 -4.6%
韓国GM 12,202 10.0% 12,405 10.2% -1.6% 42,474 40,390 5.2% 54,676 52,795 3.6%
ルノーサムスン*2 6,542 5.4% 7,400 6.1% -11.6% 12,332 6,132 101.1% 18,874 13,532 39.5%
双竜 7,753 6.4% 5,271 4.3% 47.1% 4,229 6,807 -37.9% 11,982 12,078 -0.8%
合計 121,497 100.0% 121,239 100.0% 0.2% 595,388 626,793 -5.0% 716,885 748,032 -4.2%
出所: 各社発表。
*1: シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
*2: ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国輸入車販売、5月は20.1%増の1.8万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が4日に発表した5月の輸入車の新規登録台数は前年同月比20.1%増の1万8,386台となった。
・前月比では1.0%増にとどまっており、KAIDAのユン・デソン専務は、ブランドによりマイナスのところも出ているが、いくつかのブランドの積極的なマーケティングとプロモーションのおかげで、前月と同水準を維持したと説明している。1-5月の累計では前年比25.0%増の9万5,557台となっている。
・5月の登録台数をブラン ド別に見ると、BMWが4,649台(輸入車内のシェア25.3%)で2カ月ぶりに首位となり、続いてメルセデスベンツが3,530台(同19.2%)、 VWが2,522台(同13.7%)などとなっている。
・モデル別ではBMWの「320d」が699台、同「520d」が633台、VW「ゴルフ(Golf) 1.4 TSI」が588台の順だった。
・排気量別では、2,000cc未満の車両が1万280台(輸入車内でのシェア55.9%)となり、2,000-3,000cc未満が6,367台 (34.6%)、3,000-4,000cc未満が1,236台 (6.7%)、4,000cc以上は464台(2.5%)、その他39台(0.2%)となった。エンジン別では、ディーゼルが1万1,961台 (65.1%)となっており、ガソリン車は5,678台(30.9%)、ハイブリッドが708台(3.9%)、電気自動車(EV)が39台(0.2%)。購入タイプ別では個人の購入が1万1,410台(62.1%)、法人が6,976台(37.9%)。生産国別では、欧州が1万4,661台(79.7%)、 日本が2,225台(12.1%)、米国は1,500台(8.2%)だった。


輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
5月 シェア 5月 シェア
BMW 4,649 25.3% 3,212 21.0% 44.7%
Mercedes-Benz 3,530 19.2% 2,479 16.2% 42.4%
Volkswagen 2,522 13.7% 2,690 17.6% -6.2%
Audi 1,508 8.2% 2,047 13.4% -26.3%
Ford/Lincoln 941 5.1% 671 4.4% 40.2%
MINI 667 3.6% 601 3.9% 11.0%
Lexus 571 3.1% 505 3.3% 13.1%
Toyota 560 3.0% 581 3.8% -3.6%
Nissan 496 2.7% 292 1.9% 69.9%
Chrysler/Jeep 494 2.7% 354 2.3% 39.5%
Peugeot 462 2.5% 222 1.4% 108.1%
Porsche 370 2.0% 237 1.5% 56.1%
Honda 362 2.0% 280 1.8% 29.3%
Land Rover 355 1.9% 361 2.4% -1.7%
Volvo 306 1.7% 231 1.5% 32.5%
Infiniti 236 1.3% 78 0.5% 202.6%
Jaguar 149 0.8% 148 1.0% 0.7%
Cadillac 65 0.4% 19 0.1% 242.1%
Citroen 58 0.3% 28 0.2% 107.1%
Fiat 46 0.3% 244 1.6% -81.1%
Bentley 34 0.2% 30 0.2% 13.3%
Rolls-Royce 5 0.0% 4 0.0% 25.0%
Total 18,386 100.0% 15,314 100.0% 20.1%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA)


より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ

2015年4月 販売台数速報

2015.5.7

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


韓国5社の新車販売、4月は2.9%増の13.4万台
・韓国メーカー5社が発表した4月の国内新車販売台数は、新型モデルやSUVの販売が好調で、前年同月比2.9%増の13万3,935台となった。
・一方海外販売は0.5%減の64万4,122台となり、国内外の合計は0.1%増の77万8,057台となった。
・国内の4月販売の5社のシェアは、現代が47.1%で首位、2位が起亜自動車で32.1%、3位の韓国GMは9.5%、双竜が6.1%、ルノーサムスンが5.2%となっている。
・モデル別では現代の小型トラック「ポーター (Porter)」が9,455台でトップ、続いて3月17日に3代目となる新型モデルを発売した小型SUV「ツーソン (Tucson)」が9,255台、中型セダン「ソナタ(Sonata)」が8,446台、準大型プレミアムセダン「グレンジャー(Grandeur)」が7,911台、起亜の小型車「モーニング (Morning)」が7,818台などとなっている。
・現代の国内販売はSUVが好調だったものの、乗用車が15.4%減と落ち込み、合計では4.3%減の6万3,050台となっている。海外販売も0.1%減の37万3,809台(国内生産:11万1,658台、海外生産販売:26万2,151台)となり、グローバル販売は0.8%減の43万6,859台となった。
・起亜は国内では「モーニング」、SUV「ソレント(Sorento)」やミニバン「 カーニバル(Carnival)」などRVの販売が好調で10.4%増の4万3,050台となったが、海外はロシアなど新興国の不況の影響で1.2%減の20万9,478台となり、国内外の合計では0.6%増の25万2,528台となっている。
・韓国GMは、国内は3.0%減の1万2,687台、海外も14.6%減の4万59台となり、合計では12.1%減の5万2,746台となった。4月のCKD輸出は6万9,855台。
・双竜は国内では新型の小型SUV「チボリ(Tivoli)」の販売が3,420台と好調で、前年同月比35.3%増の8,130台となり、国内で初めて8,000台を突破した。一方、輸出は42.3%減の4,401台(うち「チボリ」は2,327台)で、グローバル販売合計は8.1%減の1万2,531台となった。
・ルノー・サムスンは、国内では新型クロスオーバーSUV「QM3」の販売が好調で前年同月比14.1%増の7,018台となった。輸出も日産のコンパクトSUV「ローグ」が1万2,440台と拡大しており、輸出合計は会社発足以来最大の1万6,375台なり、国内外の合計では86.5%増の2万3,393台となった。
・1~4月の各社のグローバル累計販売は、現代が前年同期比2.9%減の162万128台、起亜は0.5%増の94万3,303台、韓国GMは11.2%減の19万8,017台(CKD輸出は外数で27万4,376台)、ルノーサムスンは104.4%増の7万7,154台、双竜は9.7%減の4万5,446台(CKDは内数で150台)となっている。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年4月)

メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
4月
2014年
4月
前年
同月比
2015年
4月
2014年
4月
前年
同月比
4月 シェア*1 4月 シェア*1
現代 63,050 47.1% 65,891 50.6% -4.3% 373,809 374,317 -0.1% 436,859 440,208 -0.8%
起亜*3 43,050 32.1% 39,005 30.0% 10.4% 209,478 212,115 -1.2% 252,528 251,120 0.6%
韓国GM 12,687 9.5% 13,086 10.1% -3.0% 40,059 46,896 -14.6% 52,746 59,982 -12.1%
ルノーサムスン*2 7,018 5.2% 6,153 4.7% 14.1% 16,375 6,389 156.3% 23,393 12,542 86.5%
双竜 8,130 6.1% 6,010 4.6% 35.3% 4,401 7,624 -42.3% 12,531 13,634 -8.1%
合計*3 133,935 100.0% 130,145 100.0% 2.9% 644,122 647,341 -0.5% 778,057 777,486 0.1%
出所: 各社発表。
*1: シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
*2: ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。
*3: 台数に修正が入りました。(2015年5月11日)

韓国輸入車販売、4月は8.9%増の1.8万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が8日に発表した4月の輸入車の新規登録台数は前年同月比8.9%増の1万8,202台となった。
・前月比では18.3%減となっているが、KAIDAのユン・デソン専務は、一部のブランドの在庫切れおよび新車発売に伴う在庫不足によるものと説明している。1~4月の累計では前年比26.2%増の7万7,171台となっている。
・4月の登録台数をブラン ド別に見ると、メルセデスベンツが4,136台(輸入車内のシェア22.7%)で2カ月ぶりに首位となり、続いてBMWが3,798台(同20.9%)、 VWが2,612台(同14.4%)などとなっている。
・モデル別ではVW「ティグアン 2.0 TDI ブルーモーション(Tiguan 2.0TDI BlueMotion)」が847台、BMWの「520d」が615台、メルセデス・ベンツ「E 220 BlueTEC」が441台の順だった。
・排気量別では、2,000cc未満の車両が9,894台(輸入車内でのシェア54.4%)となり、2,000~3,000cc未満が6,400台 (35.2%)、3,000~4,000cc未満が1,340台 (7.4%)、4,000cc以上は547台(3.0%)、その他21台(0.1%)となった。エンジン別では、ディーゼルが1万1,710台 (64.3%)となっており、ガソリン車は5,794台(31.8%)、ハイブリッドが677台(3.7%)、電気自動車 (EV)が21台(0.1%)。購入タイプ別では個人の購入が1万623台(58.4%)、法人が7,579台(41.6%)。生産国別では、欧州が1万 4,320台(78.7%)、 日本が2,255台(12.4%)、米国は1,627台(8.9%)だった。


輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
4月 シェア 4月 シェア
Mercedes-Benz 4,136 22.7% 3,310 19.8% 25.0%
BMW 3,798 20.9% 3,625 21.7% 4.8%
Volkswagen 2,612 14.4% 2,609 15.6% 0.1%
Ford/Lincoln 1,044 5.7% 799 4.8% 30.7%
Audi 1,010 5.5% 1,980 11.8% -49.0%
MINI 725 4.0% 302 1.8% 140.1%
Toyota 647 3.6% 543 3.2% 19.2%
Lexus 573 3.1% 601 3.6% -4.7%
Chrysler/Jeep 530 2.9% 344 2.1% 54.1%
Peugeot 493 2.7% 330 2.0% 49.4%
Nissan 481 2.6% 443 2.7% 8.6%
Land Rover 432 2.4% 355 2.1% 21.7%
Volvo 345 1.9% 218 1.3% 58.3%
Porsche 343 1.9% 217 1.3% 58.1%
Honda 322 1.8% 374 2.2% -13.9%
Jaguar 280 1.5% 143 0.9% 95.8%
Infiniti 232 1.3% 211 1.3% 10.0%
Fiat 55 0.3% 201 1.2% -72.6%
Cadillac 53 0.3% 26 0.2% 103.8%
Citroen 42 0.2% 52 0.3% -19.2%
Bentley 42 0.2% 28 0.2% 50.0%
Rolls-Royce 7 0.0% 1 0.0% 600.0%
Total 18,202 100.0% 16,712 100.0% 8.9%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA)

より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ

2015年3月 販売台数速報

2015.4.1

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


韓国5社の新車販売、3月は4.8%増の12.7万台
・韓国メーカー5社が発表 した3月の国内新車販売台数は、SUVやRVの販売が好調で、前年同月比4.8%増の12万7,216台となった。
・海外販売も0.9%増の67万4,781台となり、国内外の合計は1.5%増の80万1,997台となり、昨年12月から3カ月ぶりに80万台超となった。
・国内の3月販売の5社のシェアは、現代が45.6%で首位、2位が起亜自動車で33.3%、3位の韓国GMは10.4%、双竜が6.1%、ルノーサムスンが4.7%となっている。
・モデル別では現代の小型トラック「ポーター (Porter)」が9,117台でトップ、中型セダン「ソナタ(Sonata)」が8,556台(うちハイブリッドモデルが911台)、続いて起亜の小型車「モーニング (Morning)」が 7,936台、同社の小型セダン 「アバンテ(Avante)」が7,239台、準大型プレミアムセダン「グレンジャー(Grandeur)」が7,037台(うちハイブリッドモデルは812台)などとなっている。

・現代の国内販売は前年同月比0.3%増の5万7,965台となっている。SUVの販売台数は、前年同月比12.7%減と落ち込んでいるが、昨年発売した「ソナタ」と「ジェネシス」の販売が好調で乗用車は8.8%増となっている。3月17日に3代目となる新型モデルを発売した小型SUV「ツーソン(Tucson)」の3月の販売台数は4,389台だったが、予約台数が1万1,000台超となっており、現代は今後の販売増に期待を寄せている。海外販売も0.9%増の37万8,854台(国内生産:10万5,624台、海外生産販売:27万3,230台)となり、グローバル販売は0.8%増の43万6,819台となった。
・起亜は国内では昨年発売したSUV「ソレント(Sorento)」やミニバン「 カーニバル (Carnival)」などRVの販売が好調で8.5%増の4万2,305台、海外も0.7%増の23万4,351台で、国内外の合計では1.8%増の27万6,656台となっている。
・韓国GMは、国内は0.5%増の1万3,223台となったが、海外は14.9%減の4万1,082台となり、合計では11.6%減の5万4,305台となった。3月のCKD輸出は7万8,000台。
・双竜は国内では1月13日に発売となった新型の小型SUV「チボリ(Tivoli)」の 販売が2,827台と好調で、前年同月比31.9%増の7,719台となった。輸出は30.2%減の5,151台(3月はCKDはなし)で、グローバル販売合計は2.7%減の1万2,870台となった。3月は「チボリ」の輸出を本格化、今年は約2万5,000台を輸出する計画で、双竜は輸出市場の多様化と新興市場の開拓などにより販売量を増やしていくとしている。
・ルノー・サムスンは、国内では年初に発売した中型セダン「SM5」の新型モデル、新型クロスオーバーSUV「QM3」の販売が好調で前年比で7.4%増の6,004台となった。輸出も日産のコンパクトSUV「ローグ」が1万354台と輸出開始以来初めて1万台超となっており、輸出合計は前年比で3倍増の1万5,343台と拡大、国内外の合計では98.0%増の2万1,347台となった。

・1~3月の各社のグローバル累計販売は、現代が前年同期比3.6%減の118万3,204台、起亜は2.7%減の75万1,162台、韓国GMは10.9%減の14万5,271台(CKD輸出は外数で20万4,521台)、ルノーサムスンは 113.4%増の5万3,761台、双竜は10.2%減の3万2,915台(CKDは内数で150台)となっている。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年3月)

メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
3月
2014年
3月
前年
同月比
2015年
3月
2014年
3月
前年
同月比
3月 シェア* 3月 シェア*
現代 57,965 45.6% 57,812 47.6% 0.3% 378,854 375,373 0.9% 436,819 433,185 0.8%
起亜 42,305 33.3% 39,005 32.1% 8.5% 234,351 232,705 0.7% 276,656 271,710 1.8%
韓国GM 13,223 10.4% 13,161 10.8% 0.5% 41,082 48,285 -14.9% 54,305 61,446 -11.6%
ルノーサムスン** 6,004 4.7% 5,588 4.6% 7.4% 15,343 5,194 195.4% 21,347 10,782 98.0%
双竜 7,719 6.1% 5,850 4.8% 31.9% 5,151 7,382 -30.2% 12,870 13,232 -2.7%
合計 127,216 100.0% 121,416 100.0% 4.8% 674,781 668,939 0.9% 801,997 790,355 1.5%
出所: 各社発表。
*シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
**ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国輸入車販売、3月は41.6%増の2.2万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が6日に発表した3月の輸入車の新規登録台数は前年同月比41.6%増の2万2,280台となり、1987年に輸入車に市場が開かれてから28年で初めて2万台を突破した。
・前月比では32.9%増となっており、KAIDAのユン・デソン専務は、営業日数増と一部のブランドでの人気モデルの在庫確保と積極的なマーケティングによるものと説明している。1~3月の累計では前年比32.7%増の5万8,969台となっている。
・3月の登録台数をブランド別に見ると、BMWが4,003台(輸入車内のシェア18.0%)で3カ月ぶりに首位となった。続いてアウディが3,895台(同17.5%)、メルセデスベンツが3,639台(同16.3%)、VWが3,264台(同14.6%)とドイツ勢上位4社全てが3,000台を上回っている。
・モデル別ではVW「ティグアン 2.0 TDI ブルーモーション(Tiguan 2.0TDI BlueMotion)」が1,046台、アウディの「A6 35 TDI」805台、同「A6 45 TDI quattro」792台の順だった。
・排気量別では、2,000cc未満の車両が1万2,307台(輸入車内でのシェア55.2%)となり、2,000~3,000cc未満が8,109台 (36.4%)、3,000~4,000cc未満が1,199台 (5.4%)、4,000cc以上は657台(2.9%)、その他8台(0.0%)となった。エンジン別では、ディーゼルが1万5,663台 (70.3%)となっており、ガソリン車は5,829台(26.2%)、ハイブリッドが780台(3.5%)、電気自動車 (EV)が8台(0.0%)。購入タイプ別では個人の購入が1万3,342台(59.9%)、法人が8,938台(40.1%)。生産国別では、欧州が1万7,951台(80.6%)、 日本が2,729台(12.3%)、米国は1,600台(7.2%)だった。


輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
3月 シェア 3月 シェア
BMW 4,003 18.0% 3,511 22.3% 14.0%
Audi 3,895 17.5% 2,457 15.6% 58.5%
Mercedes-Benz 3,639 16.3% 2,532 16.1% 43.7%
Volkswagen 3,264 14.6% 2,255 14.3% 44.7%
Ford/Lincoln 924 4.1% 792 5.0% 16.7%
Lexus 749 3.4% 593 3.8% 26.3%
MINI 723 3.2% 401 2.5% 80.3%
Toyota 709 3.2% 504 3.2% 40.7%
Land Rover 680 3.1% 322 2.0% 111.2%
Chrysler/Jeep 629 2.8% 426 2.7% 47.7%
Honda 528 2.4% 332 2.1% 59.0%
Nissan 473 2.1% 247 1.6% 91.5%
Peugeot 444 2.0% 266 1.7% 66.9%
Volvo 420 1.9% 204 1.3% 105.9%
Jaguar 349 1.6% 218 1.4% 60.1%
Porsche 346 1.6% 201 1.3% 72.1%
Infiniti 270 1.2% 310 2.0% -12.9%
Fiat 79 0.4% 94 0.6% -16.0%
Citroen 63 0.3% 20 0.1% 215.0%
Cadillac 47 0.2% 12 0.1% 291.7%
Bentley 40 0.2% 33 0.2% 21.2%
Rolls-Royce 6 0.0% 3 0.0% 100.0%
Total 22,280 100.0% 15,733 100.0% 41.6%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA)

より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ

2015年2月 販売台数速報

2015.3.2

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


韓国5社の新車販売、2月は3.6%減の10.3万台
・韓国メーカー5社が発表 した2月の国内新車販売台数は、3.6%減の10万3,202台となり、昨年10月以来4カ月ぶりに前年同月実績を下回った。昨年は1月だった旧正月が 今年は2月となったため、稼働日が減少したことが大きく影響した。
・海外販売も7.0%減の54万3,184台となり、国内外の合計は6.5%減の64万6,386台となった。
・国内の2月販売の5社のシェアは、現代が45.4%で首位、2位が起亜自動車で34.3%、3位の韓国GMは8.9%、双竜が6.4%、ルノーサムスンが5.0%となっている。
・モデル別では現代の中型セダンの「ソナタ(Sonata)」が7,306台(うちハイブリッドモデルが1,154台)ででトップ、続いて起亜の小型車「モーニング (Morning)」が7,127台、現代の小型トラック「ポーター (Porter)」が6,873台、同社の小型セダン 「アバンテ(Avante)」が6,717台、準大型プレミアムセダン「グレンジャー(Grandeur)」が6,369台(うちハイブリッドモデルは744台)などとなっている。

・現代の国内販売は前年同月比8.8%減の4万6,859台となっている。特に韓国で販売が好調なSUVの販売台数は、前年同月比29.3%と落ち込んでおり、主力の「サンタフェ(Santa Fe)」が19.8%減の4,892台、新モデルに切り替え前の「ツーソン(Tucson)ix」は49.3%の1,751台と大幅減となっている。海外販売も5.0%減の31万3,123台(国内生産:8万5,805台、海外生産販売:22万7,318台)となり、グローバル販売は5.5%減の35万9,982台となった。
・起亜は国内では昨年8月に発売したSUV「ソレント (Sorento)」や6月に発売したミニバン「 カーニバル (Carnival)」の新型モデルが牽引して1.2%増の3万5,405台となったが、海外は10.4%減の18万6,264台で、国内外の合計では8.7%減の22万1,669台となっている。
・韓国GMは、国内が11.0%減の9,163台、海外も19.9%減の3万218台となり、合計では18.0%減の3万9,381台となった。2月のCKD輸出は前年同月比22.4%減の6万4,288台。
・双竜は国内では1月13日に発売となった新型の小型SUV「チボリ(Tivoli)」の販売が2,898台と好調で、前年同月比19.4%増の6,571台となった。輸出は50.0%減の3,153台(CKD150台を含む)で、グローバル販売合計は17.6%減の9,724台となり、昨年8月以来6カ月ぶりに1万台を割り込んだ。引き続きロシアなど主力市場向けの輸出は減少しているが、双竜は3月以降は「チボリ」の欧州、中国市場向けの出荷開始により、輸出台数は回復すると予測している。
・ルノー・サムスンは、国内では中型セダン「SM5」及び準中型セダン「SM3」の新型モデルの販売が好調で前年比で7.9%増の5,204台となった。輸出も日産のコンパクトSUV「ローグ」が5,220台となっており、輸出合計は前年比で3.6倍増の1万426台と拡大、国内外の合計では102.5%増の1万5,630台となった。

・1~2月のグローバルの累計販売は、現代が前年同期比5.7%減の74万6,471台、起亜は5.1%減の47万4,520台、韓国GMは10.5%減の9万966台(CKD輸出は外数で31.1%減の12万6,521台)、ルノーサムスンは124.9%増の3万2,414台、双竜は14.5%減の2万45台(CKDは内数で150台)となっている。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年2月)

メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
2月
2014年
2月
前年
同月比
2015年
2月
2014年
2月
前年
同月比
2月 シェア* 2月 シェア*
現代 46,859 45.4% 51,380 48.0% -8.8% 313,123 329,539 -5.0% 359,982 380,919 -5.5%
起亜 35,405 34.3% 35,000 32.7% 1.2% 186,264 207,797 -10.4% 221,669 242,797 -8.7%
韓国GM 9,163 8.9% 10,301 9.6% -11.0% 30,218 37,706 -19.9% 39,381 48,007 -18.0%
ルノーサムスン** 5,204 5.0% 4,821 4.5% 7.9% 10,426 2,896 260.0% 15,630 7,717 102.5%
双竜 6,571 6.4% 5,502 5.1% 19.4% 3,153 6,303 -50.0% 9,724 11,805 -17.6%
合計 103,202 100.0% 107,004 100.0% -3.6% 543,184 584,241 -7.0% 646,386 691,245 -6.5%
出所: 各社発表。
*シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
**ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国輸入車販売、2月は21.0%増の1.7万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が5日に発表した2月の輸入車の新規登録台数は前年同月比21.0%増の1万6,759台となった。
前月比では15.9%減となっているが、KAIDAのユン・デソン専務は、営業日数減と一部のブランドでの人気モデルの在庫不足によるものと説明している。1~2月の累計では前年比27.8%増の3万6,689台となっている。
・ 2月の登録台数をブラン ド別に見ると、メルセデスベンツが3,055台(輸入車内のシェア18.2%)で1月に続いて首位となった。続いてBMWが3,004台(同 17.9%)、VWが2,913台(同17.4%)、アウディが2,446台(同14.6%)などとなっている。
・モデル別ではVW「ゴルフ 2.0 TDI」が823台、同「ティグアン 2.0 TDI ブルーモーション(Tiguan 2.0TDI BlueMotion)」が794台、アウディの「A6 35 TDI」が641台の順だった。
・ 排気量別では、2,000cc未満の車両が9,455台(輸入車内でのシェア56.5%)となり、2,000~3,000cc未満が5,779台 (34.5%)、3,000~4,000cc未満が1,019台 (6.1%)、4,000cc以上は491台(2.9%)、その他15台(0.1%)となった。エンジン別では、ディーゼルが1万1,824台 (70.6%)となっており、ガソリン車は4,330台(25.8%)、ハイブリッドが590台(3.5%)、電気自動車 (EV)が15台(0.1%)。購入タイプ別では個人の購入が9,349台(55.8%)、法人が7,410台(44.2%)であった。生産国別では、欧 州が1万3,594台(81.1%)、 日本が1,990台(11.9%)、米国は1,175台(7.0%)だった。


輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
2月 シェア 2月 シェア
Mercedes-Benz 3,055 18.2% 2,641 19.1% 15.7%
BMW 3,004 17.9% 3,154 22.8% -4.8%
Volkswagen 2,913 17.4% 2,104 15.2% 38.5%
Audi 2,446 14.6% 2,187 15.8% 11.8%
Ford/Lincoln 687 4.1% 558 4.0% 23.1%
Lexus 511 3.0% 272 2.0% 87.9%
Toyota 503 3.0% 422 3.0% 19.2%
Land Rover 487 2.9% 154 1.1% 216.2%
Peugeot 456 2.7% 206 1.5% 121.4%
Nissan 451 2.7% 327 2.4% 37.9%
Chrysler/Jeep 448 2.7% 310 2.2% 44.5%
MINI 404 2.4% 317 2.3% 27.4%
Honda 317 1.9% 300 2.2% 5.7%
Porsche 267 1.6% 159 1.1% 67.9%
Volvo 226 1.3% 180 1.3% 25.6%
Jaguar 216 1.3% 175 1.3% 23.4%
Infiniti 208 1.2% 264 1.9% -21.2%
Fiat 43 0.3% 71 0.5% -39.4%
Cadillac 40 0.2% 14 0.1% 185.7%
Citroen 37 0.2% 14 0.1% 164.3%
Bentley 34 0.2% 20 0.1% 70.0%
Rolls-Royce 6 0.0% 3 0.0% 100.0%
Total 16,759 100.0% 13,852 100.0% 21.0%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA)


より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ

2015年1月 販売台数速報

2015.2.2

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、差異が生じることがございます。


韓国5社の新車販売、1月は5.0%増の11.2万台
・韓国メーカー5社が発表した1月の国内新車販売台数は、前年同月比5.0%増の11万1,620台となった。国内販売の5社のシェアは、現代が45.2%で首位、2位が起亜自動車で33.0%、3位の 韓国GMは10.6%、双竜が6.1%、ルノーサムスンが5.1%となっている。
・輸出も国際原油価格の急激な下落と現代・起亜の海外工場の稼働日減の影響を受け、日産のコンパクトSUV「ローグ(Rogue)」の委託生産しているルノーサムスン以外はマイナスとなっており、5社合計で4.8%減の60万5,712台となった。国内・海外合計では3.4%減の71万7,332台となっている。
・単月のモデル別販売では、現代の小型トラック「ポーター (Porter)」が8,860台で首位、同中型セダン「ソナタ (Sonata)」が6,907台で2位、同SUV「サンタフェ(Santa Fe)」が6,689台で3位、同準大型プレミアムセダン「グレンジャー(Grandeur)」が6,513台で4位、起亜のSUV「ソレント(Sorento)」が6,338台で5位だった。
・現代は国内が2.2%減の5万413台、海外販売も稼働日の減少により7.3%減の33万5,455台となり、グローバル販売は6.7%減の38万5,868台となった。
・起亜の国内販売は、前年同期比8.2%増の3万6,802台、海外販売は3.3%減の21万5,972台で、グローバル販売は1.8%減の25万2,774台。
・GM韓国は、国内は9.0%増の1万1,849台で昨年1月に続いて過去最高を記録しているが、海外販売は7.0%減の3万9,736台となり、合計では3.8%減の5万1,585台となった。国内ではシボレー「スパーク(Spark)」の2015年型モデルが32.8%増の5,228台と好調だった。また、CKD輸出は6万2,233台だった。
・ルノー・サムスンは、国内では新型クロスオーバーSUV「QM3」、年初に発売した「SM5」の新型モデルの投入効果もあり27.5%増の5,739台となった。輸出も日産のコンパクトSUV「ローグ」が8,380台となっており、輸出合計は前年比で5倍増の1万1,045台と拡大、国内外の合計では2.5倍増の1万6,784台となった。
・双竜は国内販売が25.2%増の6,817台となったが、輸出は43.4%減の3,504台で、グローバル販売は11.3%減の1万321台となっている。1月13日に発売となった新型小型SUV「チボリ(Tivoli)」1月末時点の契約台数が7,000台を突破、1月中の販売台数は2,312台と同社の販売を牽引している。


韓国メーカーの新車販売台数(2015年1月)
メーカー 国内販売 海外販売 合計
2015年 2014年 前年
同月比
2015年
1月
2014年
1月
前年
同月比
2015年
1月
2014年
1月
前年
同月比
1月 シェア* 1月 シェア*
現代 50,413 45.2% 51,525 48.5% -2.2% 335,455 361,865 -7.3% 385,868 413,390 -6.7%
起亜 36,802 33.0% 34,000 32.0% 8.2% 215,972 223,399 -3.3% 252,774 257,399 -1.8%
韓国GM 11,849 10.6% 10,873 10.2% 9.0% 39,736 42,733 -7.0% 51,585 53,606 -3.8%
ルノーサムスン** 5,739 5.1% 4,500 4.2% 27.5% 11,045 2,198 402.5% 16,784 6,698 150.6%
双竜 6,817 6.1% 5,445 5.1% 25.2% 3,504 6,189 -43.4% 10,321 11,634 -11.3%
合計 111,620 100.0% 106,343 100.0% 5.0% 605,712 636,384 -4.8% 717,332 742,727 -3.4%
出所: 各社発表。
*シェアはマークラインズの計算による。(5メーカーの合計より算出)
**ルノーサムスンの海外販売は、Nissan Rogueの台数を含む。

韓国輸入車販売、1月は34.2%増の2万台
・韓国輸入自動車協会(KAIDA)が5日に発表した1月の輸入車の新規登録台数は前年同月比34.2%増の1万9,930台となり、昨年7月の1万8,112台を超えて、月間最高記録を更新した。
・前月比でも16.4%増となっており、KAIDAのユン・デソン専務は、一部のブランドでの在庫確保と新車効果によるものと説明している。
・1月の登録台数をブラン ド別に見ると、メルセデスベンツが4,367台(輸入車内のシェア21.9%)で初めて4,000台を超え、昨年の10月以来3カ月ぶりに首位となった。続いてアウディが3,550台(同17.8%)、BMWが3,008台(同15.1%)などとなっている。モデル別ではアウディの「A6 35 TDI」が807台でトップ、続いてVW「パサート(Passat) 2.0 TDI」が791台、同「ティグアン 2.0 TDI ブルーモーション(Tiguan 2.0TDI BlueMotion)」が767台だった。
・ 排気量別では、2,000cc未満の車両が1万377台(輸入車内でのシェア52.1%)となり、2,000~3,000cc未満が7,555台(37.9%)、3,000~4,000cc未満が1,335台 (6.7%)、4,000cc以上は642台(3.2%)、その他21台(0.1%)となった。エンジン別では、 ディーゼルが1万3,573台(68.1%)となっており、ガソリン車は5,683台(28.5%)、ハイブリッドが653台(3.3%)、電気自動車(EV)が21台 (0.1%)。購入タイプ別では個人の購入が1万1,662台(58.5%)、法人が8,268台(41.5%)であった。生産国別では、欧州が1万6,280台(81.7%)、 日本が2,219台(11.1%)、米国は1,431台(7.2%)だった。


輸入車販売台数
ブランド 2015年 2014年 前年
同月比
1月 シェア 1月 シェア
Mercedes-Benz 4,367 21.9% 2,773 18.7% 57.5%
Audi 3,550 17.8% 2,137 14.4% 66.1%
BMW 3,008 15.1% 3,408 23.0% -11.7%
Volkswagen 3,003 15.1% 2,700 18.2% 11.2%
Ford/Lincoln 909 4.6% 757 5.1% 20.1%
Toyota 647 3.2% 393 2.6% 64.6%
Lexus 520 2.6% 356 2.4% 46.1%
Land Rover 488 2.4% 246 1.7% 98.4%
Chrysler/Jeep 475 2.4% 345 2.3% 37.7%
Honda 457 2.3% 232 1.6% 97.0%
Peugeot 445 2.2% 148 1.0% 200.7%
Nissan 433 2.2% 389 2.6% 11.3%
Volvo 421 2.1% 218 1.5% 93.1%
MINI 349 1.8% 301 2.0% 15.9%
Porsche 315 1.6% 94 0.6% 235.1%
Jaguar 186 0.9% 168 1.1% 10.7%
Infiniti 162 0.8% 80 0.5% 102.5%
Fiat 52 0.3% 41 0.3% 26.8%
Cadillac 47 0.2% 15 0.1% 213.3%
Bentley 46 0.2% 30 0.2% 53.3%
Citroen 46 0.2% 12 0.1% 283.3%
Rolls-Royce 4 0.0% 6 0.0% -33.3%
Total 19,930 100.0% 14,849 100.0% 34.2%
出所: 韓国輸入自動車協会(KAIDA) 


より詳細な韓国の台数統計はこちら

ページトップへ