自動車販売台数 ロシア 2024年

Copyright (C) MarkLines Co., Ltd. All rights reserved.


会員登録いただくと、世界66ヵ国のモデル別の月次販売台数をご覧いただけます。
この機会に是非ご利用ください。


販売台数速報 2024年

1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

2024年6月 販売台数速報

2024年7月4日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

ロシア新車販売、6月は49.6%増の13.1万台、2024年上半期は74.5%増
・欧州ビジネス協会(AEB)が3日に発表した6月のロシア国内新車販売台数(小型商用車を含む)は、前年同月比49.6%増の13万715台となった(元資料の都合により、総数のみの発表)。2024年上半期は74.5%増の70万3,765台。
・AEBのAlexey Kalitsev会長は以下のように述べた。
・2024年上半期は、新車市場の急成長で全需は年初の予測値を上回った。AEBは1月、2024年の市場規模を130万台と予想していた。政府が並行輸入量の削減や自動車生産の現地化、EAEU諸国を通じた輸入規制に取り組んだことも、成長鈍化の一因となった時期もあったが、この成長トレンドに変化はなかった。
・市場成長の主な要因は引き続き新車の輸入である。しかし、現在進行中の計画的な生産開始により、外国メーカーが積極的に現地生産をする時期には、将来的に輸入のシェアは減少するであろう。また、輸入される代替燃料車の量は実質的に増加していないことも注目に値する。そのシェアは2024年の上半期には18%に低下した。
・需要面では、かなり高い水準で推移しているものの、ディーラーへの客足は伸びていない。その理由の一つは、中央銀行の政策金利が引き続き高いことによる融資コストの高さである。さまざまな経済的、規制、政治的要因を考慮し、制裁やその他の圧力が2024年末まで同じレベルにとどまると仮定しても、AEBは2024年の新車販売台数を145万台のレベルに上方修正する。


ロシアの新車販売

元資料の都合により、総数のみとなりました。
ブランド別台数は年次更新時に記載予定です。

2024年
6月*1
前年
同月比*1
2024年
1-6月累計*1
前年
同期比*1
乗用車 N/A -% N/A -%
小型トラック N/A -% N/A -%
合計 130,715 49.6% 703,765 74.5%

出所: Association of European Businesses (AEB)
*1 AEBの発表に基づく数値




ページトップへ

2024年5月 販売台数速報

2024年6月5日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

ロシア新車販売、5月は143.9%増の12.6万台
・欧州ビジネス協会(AEB)が3日に発表した5月のロシア国内新車販売台数(小型商用車を含む)は、前年同月比143.9%増の12万5,501台となった(元資料の都合により、総数のみの発表)。
・AEBのAlexey Kalitsev会長は「6月の販売は市場の成長が持続可能かどうかを示すことになるだろう。2024年1月から5月までの新車販売台数は81%増で61万7,000台を超えており、1月に発表した2024年の見通しは実現する可能性が高いと考えている。次のプレスリリースで2024年上半期のデータを発表すると同時に、見通しも発表する予定。
我々は現在、近い将来の市場状況に大きな影響を与える可能性のある決定、特に中央銀行による政策金利の変更の可能性、廃棄手数料の引き上げの水準と時期を注意深く監視している。一般的に、労働条件と規制当局による意思決定の透明性と予測可能性は 産業の安定的な発展のために重要である」と述べた。


ロシアの新車販売

元資料の都合により、総数のみとなりました。
ブランド別台数は年次更新時に記載予定です。

2024年
5月
2023年
5月
前年
同期比
乗用車 N/A N/A -%
小型トラック N/A N/A -%
合計 125,501 51,466 143.9%
出所: Association of European Businesses (AEB)



ページトップへ

2024年4月 販売台数速報

2024年5月7日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

ロシア新車販売、4月は132.4%増の12.6万台
・欧州ビジネス協会(AEB)が3日に発表した4月のロシア国内新車販売台数(小型商用車を含む)は、前年同月比132.4%増の12万6,410台となった(元資料の都合により、総数のみの発表)。
・AEBのAlexey Kalitsev会長は「市場は、業界規制の変化に適応し続けており、2024年4月1日に発効したEAEU諸国から輸入された自動車の追加廃車料に関する改正規則も含まれている。生産拠点の再開と、ロシアに新規参入する、あるいは既にロシアで操業している自動車メーカーの現地化を成功させるための条件を整備する政府の努力は、国内市場での新車販売モデルの拡大に貢献する。ハイブリッドや電動パワートレインなどの最先端技術を誘致することが特に重要である。すでに述べたように、現在、そのような車に対する消費者の関心が高まっている。しかし、物品税やその他の支払いを計算する既存のアプローチは、エンジンのパワーを単純に加算することに基づいており、技術的な観点から間違っていることが、購入の制約要因の一つであり続けている。この点に関して、2基以上のエンジンを搭載した車両の出力を計算する方法の開発および実施は、依然として関連性がある。我々はすでに、それぞれの調査を行うための提案を関係政府当局にしており、彼らが調査を開始し、この取り組みを支援することを期待している」と述べた。


ロシアの新車販売

元資料の都合により、総数のみとなりました。
ブランド別台数は年次更新時に記載予定です。

2024年
4月
2023年
4月
前年
同期比
乗用車 N/A N/A -%
小型トラック N/A N/A -%
合計 126,140 54,270 132.4%
出所: Association of European Businesses (AEB)


ページトップへ

2024年3月 販売台数速報

2024年4月9日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

ロシア新車販売、3月は107.9%増の10.1万台、2024年第1四半期は62.3%増の24.9万台
・欧州ビジネス協会(AEB)が3日に発表した3月のロシア国内新車販売台数(小型商用車を含む)は、前年同月比107.9%増の10万658台となった(元資料の都合により、総数のみの発表)。。
・1-3月の累計販売台数は前年同期比62.3%増の24万9,118台。
・1-3月の販売をブランド別に見ると、アフトワズのラダが42.5%増の9万1,563台。次いで哈弗(Haval)が125.2%増の3万7,470台。続いて奇瑞汽車が74.4%増の3万3,002台。このほか吉利汽車は129.7%増の2万9,104台、GAZ LCVが24.3%増の1万1,878台などとなっている。
・2024年1-3月のモデル別では、ラダ「グランタ(Granta)」が4万2,767台で首位、ラダ「ニーバ(Niva)」が2万4,038台で2位、、ラダ「ヴェスタ(Vesta)」は2万3,309台で3位となっている。

ロシアの新車販売

元資料の都合により、総数のみとなりました。
ブランド別台数は年次更新時に記載予定です。

2024年
3月
2023年
3月
前年
同月比
2024年
1-3月累計
2023年
1-3月累計
前年
同期比
乗用車 N/A N/A -% N/A N/A -%
小型トラック N/A N/A -% N/A N/A -%
合計 100,658 48,414 107.9% 249,118 153,477 62.3%
出所: Association of European Businesses (AEB)


ページトップへ

2024年2月 販売台数速報

2024年3月6日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

ロシア新車販売、2月は98.9%増の8.3万台
・欧州ビジネス協会(AEB)が5日に発表した2月のロシア国内新車販売台数(小型商用車を含む)は、前年同月比98.9%増の8万3,260台となった(元資料の都合により、総数のみの発表)。
・AEBのAlexey Kalitsev会長は「2月は高レベルの在庫による市場の飽和の影響は残っているが、それほど顕著ではなくなっている。 国は、自動車市場を規制するために様々な支援措置や制限を導入し、適応させている。 自動車市場を活性化し、現地生産の発展を強化すると同時に、新たに資産を取得したメーカーを含め自動車事業の更なる発展の機会が提供される。特に、政府調達に推奨されるロシア製自動車のリストが拡大された。
その他の対策には、次のようなものがある。
2月1日より、簡易認証制度は正規輸入の電気自動車には適用されなくなった。これは短期的には電気自動車の販売増には寄与しないが、それは明らかに現地生産を刺激し、販売された車の技術的支援に良い影響を与えるはずである。4月1日以降、EAEU諸国を経由して輸入された自動車には、追加の廃車料金が請求される。この措置により、安い車を購入したい人が利用しようとする2月と3月の市場を支援することになる可能性が高い。1-2月の市場動向を踏まえると、3月も引き続き成長が継続する十分な前提条件がある」と述べた。

ロシアの新車販売

元資料の都合により、総数のみとなりました。
ブランド別台数は年次更新時に記載予定です。

2024年
2月
2023年
2月
前年
同月比
乗用車 N/A N/A -%
小型トラック N/A N/A -%
合計 83,260 41,851 98.9%
出所: Association of European Businesses (AEB)



ページトップへ

2024年1月 販売台数速報

2024年2月6日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

ロシア新車販売、1月は100.6%増の6.5万台
・欧州ビジネス協会(AEB)が5日に発表した1月のロシア国内新車販売台数(小型商用車を含む)は、前年同月比100.6%増の6万5,200台となった(元資料の都合により、総数のみの発表)。
・AEBのAlexey Kalitsev会長は「市場のダイナミクスは、内外要因への継続的な適応によって影響を受けた。その要因の一つは、クロスオーバーセグメントに在庫が集中していることによる市場の飽和である。また、2023年1月の低水準が2024年1月の販売増加率を押し上げた。2023年12月と比較すると、伝統的に12月は次の休暇のために契約がよりダイナミックになるため、1月は販売台数が減少する傾向にある。キーレートや廃棄手数料などの大幅な値上げの影響が続いていることは明らかで、多くの顧客が新車の購入を延期している。この傾向をさらに整備していくためには、販売店や製造業者だけでなく、国レベルでも消費者の需要を支える施策を強化していく必要がある。2月には、自動車市場の動向をより正確に把握できるようになるだろう」と述べた。


ロシアの新車販売

元資料の都合により、総数のみとなりました。
ブランド別台数は年次更新時に記載予定です。

2024年
1月
2023年
1月
前年
同月比
乗用車 N/A N/A -%
小型トラック N/A N/A -%
合計 65,200 32,499 100.6%

出所: Association of European Businesses (AEB)


ページトップへ