Chrysler:2011年第1四半期に最終黒字、年内にFiatが51%出資へ

Dual Clutch、後輪駆動用8速ATを搭載、2013年に前輪駆動用9速ATを採用

2011/05/25

要 約

 米国市場の回復と、2010年に生産を開始した16の新型車または大幅改良車が貢献し、Chryslerの業績が回復している。

 Chryslerの2010年の最終損益は652百万ドルの赤字であったが、世界販売台数は131.8万台から151.6万台に増加し、期待を超える改善を示したとしている。

 2011年第1四半期には、約5年ぶりの最終黒字(116百万ドル)となった。米国販売台数は23.5万台から28.7万台に22%拡大し、Chryslerの2011年の世界販売は、2010年の151.6万台から200万台に拡大する見込みとしている。

 Chryslerは、2011年5月に、米国政府とカナダ政府からの融資76億ドルを全額返済した。これに合わせて、FiatのChryslerへの出資比率は年初の20%から46%に上昇し、さらに年内に51%と過半数を超える見込み。

 Chryslerは、省燃費技術の採用を進めている。2010年にV6 Pentastarエンジン、2011年にFiatの技術による1400cc MultiAirエンジンを搭載した。トランスミッションでは、Fiatの技術によるDual Clutch Transmission、ZFとの提携による後輪駆動車用8速ATを採用、さらに2013年から前輪駆動車用9速ATも搭載する計画。

 2012年から、2009年11月に発表した中期計画に基づき、Fiatとプラットフォームを共有する新モデルを大量投入し、2014年に世界280万台販売の目標達成を目指すとしている。



2010年と2011年第1四半期に、米国を中心に販売台数が回復

 2010年のChryslerの販売は、米国市場の回復と既存モデルの更新や大幅改良により、回復している。米国販売は2009年の93.1万台から108.5万台にアップし、シェアも8.8%から9.2%に回復した。カナダ市場でのシェアも11.0%から13.0%へ向上した。

 2011年第1四半期には、2010年に生産を開始した新型車6モデル、大幅改良車10モデル、合計16モデル(うち11モデルは2010年第4四半期に生産を開始した)の販売が貢献し、米国販売が23.5万台から28.7台にアップ、世界販売は33.4万台から39.4万台に増加した。

 Chryslerは、2011年の米国全体需要は1,400万台を超え(2010年は1,177万台)、Chryslerの世界販売は、2010年の151.6万台から200万台へ拡大する見込みとしている。Chryslerは、今後も2009年11月に発表した「2010~2014年中期計画」に沿って新商品を開発・投入し、2014年のChryslerの世界販売目標280万台を目指すとしている。

Chryslerの世界販売台数とシェア

(1,000台)
  2008年 2009年 2010年 2010年Q1 2011年Q1
台数 シェア 台数 シェア 台数 シェア 2010年 シェア 2011年 シェア
米国
カナダ
メキシコ
1,453
223
116
10.8%
13.3%
10.9%
931
163
83
8.8%
11.0%
10.6%
1,085
205
79
9.2%
13.0%
9.3%
235
45
19
9.1%
13.7%
 
287
50
20
9.2%
14.7%
 
北米合計 1,792 11.0% 1,177 9.2% 1,369 9.6% 299   357  
北米以外 215   141   147   35   37  
世界販売 2,007 3.0% 1,318 2.1% 1,516 2.1% 334   394  
米国全体需要 13,497   10,603   11,770   2,588   3,112  
資料:ChryslerのSEC Filing Form 10 (2011.2.25)、2011年第 1四半期決算報告書 (2011.5.2)
(注) 1. 2008年および2009年1月~6月9日までは旧Chrysler、2009年6月10日以降は、破産法手続き終了後の新Chryslerの実績。
2. 販売店在庫は、2010年3月末の20.8万台、2010年12月末の23.6万台(在庫日数63日)から、2011年3月末に30.2万台(67日)に増加した。販売店は、16モデルの新型車販売が好調であり、また今後販売が拡大すると見込んでChryslerへの発注台数を増やしている。
3. 米国ミニバン市場は近年縮小しているが、Chryslerは2010年米国で21.6万台販売し、シェアは45.3%、うちChrysler Town & Countryが11.2万台を販売し、ベストセラーモデルとなった。
4. Chryslerの2011年4月米国販売は、117,225台で前年比22.5%増加した(米国市場全体は17.9%増)。1~4月累計で404,175台販売し22.5%増(米国市場全体は19.6%増)。
5. 東日本大震災の影響により、2011年第2および第3四半期にそれぞれ予定より2.5~5万台、合計5~10万台の生産が減少する見込みと発表した。

 



2011年第1四半期に、約5年ぶりに最終黒字

 Chryslerの2010年決算は、売上高419億ドル、営業利益が7.6億ドル、純損失が6.5億ドルだが、当初の期待を超えて改善したとしている。

 Chryslerの2011年第1四半期(1~3月期)の決算は、売上高は131億ドルで35%増加し、2009年6月に新Chryslerとして発足して以来の最終黒字116百万ドルを計上した(旧Chryslerの時代を含めると、2006年第2四半期以来の黒字)。

 2010年に生産を開始した16モデルの新型車および大幅改良車の販売、平均販売価格の上昇、販売ミックス改善が貢献した。

 出荷台数は、新型車・大幅改良車へのディーラーの発注増に応え、前年の38万台から48.5万台に増加した。

Chryslerの、2010年と2011年第 1 四半期の業績

(100万ドル)
  2010年
通年目標
2010年実績 2011年目標
(Guidance)
2010年 2011年
1~3月 1~3月
Worldwide Shipment(台)   1,602,000 2,000,000 380,000 485,000
Net Revenues 40,000~45,000 41,946 55,000 9,687 13,124
Modified EBITDA (注2) 2,500-2,700 3,461 4,800 787 1,171
Modified Operating Profit Breakeven~200 763 2,000 143 477
Net income/loss   (652) 200~500 (197) 116
Cash(期末手元資金)   7,347   7,367 9,877
Total Liquidity (注3)   9,600超   9,800 12,100
Capital Expenditures(注4) 2,700 2,700      
Free Cash Flow   1,355 1,000 1,648 2,526
資料:Chrysler 決算報告書 (2011.1.31/2011.5.2)
(注) 1. 新Chryslerは、旧Chrysler(2009年 6月10日に社名をOld Carco LLCに変更)の主要な資産と一部負債を買い取り、2009年 6月10日に新Chryslerとして営業を開始した。
2. Modified EBITDAとModified Operating Profitは、Chryslerの経営管理上の指標で、米国のGAAP(Generally Accepted Accounting Principles)のNet Income/(Loss)との関連は、Net income (loss)から税金、支払い利息、リストラ費を戻した数値がModified Operating Profit、さらに減価償却費を戻した数値がModified EBITDA。
3. 米国政府、カナダ政府およびオンタリオ州政府の支援による信用枠が 2,300百万ドルあり、2011年3月末のトータルの流動性は 12,100百万ドル(2009年12月末の8,300百万ドル、2010年 12月末の9,600百万ドル超からさらに増加した)。
4. Chryslerは、Fiatとプラットフォームを共有する商品の開発を続けていて、2012年から本格投入する計画で、今後も一定水準のCapital Expendituresが続くとしている。

 



Chrysler:Fiatは2011年内に出資比率を51%に、Chryslerは公的負債を全額返済

 Chryslerは、2011年5月24日に、民間金融機関からの借入れとFiatの追加出資金により、米国政府およびカナダ政府からの融資総額76億ドルを全額返済した。利率が高くChryslerの収益を圧迫しているため、銀行団からの融資などに置き換えた。

 新生Chryslerは、2009年6月10日にFiatが20%出資してスタートした。Fiatは、ChryslerがFiatの技術による省燃費エンジンを生産するなどを条件に、Chrysler株式の過半数を取得できる契約になっている。Fiatは、Chryslerが5月24日に公的負債を返済するのと同時に、Chrysler株式の16%のオプション権を行使して出資比率を46%に高め、2011年末にさらに5%を追加取得して、51%の過半数となる見込み。

 Fiatは、Chryslerの株式51%を取得した後に、さらに米国政府とUAW VEBAの保有する株式を取得し、Chryslerへの出資比率を70%以上に高める可能性があると報道されている。

FiatのChryslerへの出資比率は、2011年5月に46%、年末に51%へアップ

  出資比率変更 Chrysler-Fiatが満たした条件
2011年1月10日 20%→25%  米国Dundee工場で、Fiatの省燃費型FIREエンジンの生産を開始。
2011年4月12日 25%→30%  Chryslerが、北米以外の地域で、新Chryslerが発足した2009年6月10日以降累計15億ドル以上の売上高を達成すること(ブラジルやEUのFiatの販売店の90%以上が、Chrysler車またはChrysler車をベースとする車を取り扱うことなどを含む)。
2011年5月24日 30%→46%  Fiatは、さらにChryslerの株式16%を得る権利(option)を行使した(Chryslerの米国政府とカナダ政府からの負債の残額が、40億ドル以下に減少していることが条件になっていた)。
2011年第4四半期 46%→51%  米国内で、Fiatの技術をベースとして、combined燃費が40 mpg以上の省燃費車を生産すること(2011年第4四半期に、FiatのプラットフォームベースのC-classセダンの生産を開始する予定)。(注2)
将来の可能性 米国政府
保有株を購入
 Fiatは、Chryslerが公的債務全額を支払った後12ヶ月以内に,米国政府の保有する(4月12日現在8.6%)を購入する権利を持つ。(注3)
VEBA保有株
を購入
 また2012年6月~2016年末の間に、UAW VEBAが保有する株式(2011年4月12日現在59.2%)の40%を取得する権利を有する。
資料:Chrysler LLC広報資料 2011.1.10/2011.4.12/2011.4.21、Fiat広報資料 2011.4.21
(注) 1. 新生Chrysler発足時のFiatの出資比率は20%。他の株主構成は、UAW VEBA(退職者医療支援機構)が55%、米国政府が8%、カナダ政府が2%で、合計85%。Fiatの出資比率が35%まで上がることを想定していた。
2. Fiatの出資比率が51%に達した時のChryslerの株主構成は、Fiat 51%、UAW VEBA 41.5%、米国政府6.0%、カナダ政府1.5%の見込み。
3. Fiatが米国政府保有株式を買い取ることにより、Fiat-Chryslerは経営自由度が高まり、またFiatは今後収益改善が見込まれるChryslerから、より多くの利益を得ることが可能になる。米国政府は民間企業への出資という事態からの脱却を目指す。

 

Chrysler:米国・カナダ政府からの融資76億ドルを全額返済

 2011年5月24日Chryslerは、銀行借り入れなど75億ドルとFiatの追加出資金13億ドルを充当し、米国およびカナダ政府からの融資76億ドルを全額返済した(未払い利息等を含め、支払い総額は85億ドル)。新規借り入れ、公的資金の返済、Fiatの追加出資は同時に実行された。
 両国政府からの融資は利率が高く、Chryslerの2010年の実質支払い利息(支払い利息 - 受取り利息)は、両国政府への支払いを中心に1,228百万ドルあった。(例えば、2017年6月満期の、米国政府の融資3,557百万ドルの利率は12.16%であった)。負債の借換えにより、Chryslerは年間利払い費を350百万ドル節約できるとしている。

資料:Chrysler SEC Filings 2011.2.25、広報資料 2011.4.28/2011.5.19/2011.4.24、Reuter 2011.5.5

 



2010年に、既存モデルを一新、2012年からFiatベース車を大量投入

 Chryslerは2010年に、更新したばかりのRamピックアップシリーズと近く販売を終了するDodge Caliberなどを除き、北米で販売する全ての車種をモデルチェンジまたは大幅改良(significantly refresh)した。大幅改良したモデルのうち、C/Dセグメント車の殆どは、2012~2013年にFiatベース車に置き換えられる予定だが、Chryslerは販売回復のため広範なモデルの刷新を行った。

ChryslerのMY2011ラインアップ

*印は、2010年に生産を開始した新型車(新型車は、新しいプラットフォームをベースに開発)。
**印は、2010年に生産を開始した大幅改良車(大幅改良車は既存のプラットフォームベースだが、
大幅な変更または改善をしたモデル)。
(Fiat 500/500 CabrioとChrysler 200 convertibleはMY2012として、2011年に発売した)
ブランド Chrysler Jeep Dodge Ram Fiat
乗用車
Mini
Small
Mid-size
Full-size
Sport
 
 
 
**200(注2)、
*300、
**200 convertible
   
 
Caliber、
**Avenger、
*Charger、
**Challenger、
   
*500、
*500 Cabrio
 
 
 
乗用車以外
ミニバン
 
**Town & Country
   
**Grand Caravan
   
Utility
Vehicles
  **Patriot、
**Compass、
**Wrangler、
**Wrangler Unlimited、
**Liberty、
*Grand Cherokee

**Journey、
Nitro、

*Durango

   
Pick-up
Trucks
      Dakota、
1500、
2500/3500、
*Chassis Cab
 
資料:Chrysler SEC Filing Form10 (2011.2.25)
(注) 1. *印または**印がないモデルについては、Ram 1500/2500/3500は2008~2009年に新型車を発売済み。Dodge Caliber/NitroとRam Dakotaは、2011~2012年に販売を終了する予定。
2. Chrysler 200は、旧Chrysler Sebringの新車名。

2011年:北米でMY2012モデルを投入し、欧州・南米でFiatとの協働を開始

 2011年には、16の新型車および大幅改良車のうち、2010年第4四半期に生産を開始し、2010年末または2011年初めに発売した11モデルの販売が貢献する見込み。また、MY2012のFiat 500/500 Cabrio、Chrysler 200 convertible、および8気筒高性能エンジン車SRT8シリーズを発売する。 2011年に、Dual Dry Clutch Transmissionと8速ATの搭載も開始する計画。

 また2011年半ばから、欧州とブラジルでFiatの販売網を活用する拡販を開始する。

 さらに北米では、ChryslerがAlfa Romeoブランド車の販売または生産を担当し、2011年にメキシコで、2012年に米国とカナダで販売を開始する計画(1995年に、品質問題で米国から撤退して以来の投入となる)。

ChryslerのMY2012車投入

新型車または大幅改良車
Fiat 500  2010年12月にメキシコToluca工場でFiat 500の生産を開始した。Fiatの1400cc MultiAirエンジンと6速ATを搭載。
 米国で130店舗(最終的に165店とする予定)とカナダの64店で、2011年3月に発売した。Fiat 500は、従来からのChryslerの顧客と違うライフスタイルを持つ顧客を吸引する狙いとされる。
Fiat 500 Cabrio  2011年4月に発表、価格は19,500ドルから。
Chrysler 200
Convertible
 4人乗り車。外装のデザインとアクセントを変更、内装を一新し、サスペンションも一新した。V6 Pentastarエンジンと6速ATを搭載する。
SRT8シリーズ
SRT8 Family  Jeep Grand Cherokee、Dodge Charger、Chrysler 300の3車種に、8気筒6400cc HEMI高性能エンジン(465~470hp)を搭載するSRT8モデルを設定する。トランスミッションは5速ATとなる見込み。
省燃費パワートレイン搭載車
Chrysler 200  Fiatの技術によるDual Dry Clutch TransmissionをChrysler車で初搭載し、2011年第2四半期に発売する。
Dodge Avenger
Jeep Wrangler  Wrangler/Wrangler Unlimitedは、V6 Pentastarエンジンを搭載し、従来の4速ATに替わり5速ATを採用する。
Dodge Charger  ZFの技術による後輪駆動および4WDの8速ATを、V6 Pentastarエンジンと組み合わせて設定する。2011年半ばに発売する見込み。
Chrysler 300

資料:Chryslerの2010年/2011年第1四半期の決算報告書

Chryslerベース車のFiatブランドでの発売

発売ブランド モデル名 概要
Fiat Freemont  Dodge JourneyベースのCrossover車。欧州および南米向けに開発。新開発 V6 3600ccエンジンを搭載し、前輪駆動車と4WD車を設定。
Lancia
または
Chrysler
Thema  Chrysler 300をベースとするフラグシップカー。後輪駆動車と4WD車を設定
Grand Voyager  大幅改良したChrysler Town & Countryベース。先進安全装備を強化した。
Flavia  大幅改良したChrysler 200ベース。2011年 Geneva Motor showに出展。セダンとconvertibleを発売する。
資料:SEC Filing (2011.2.25)、Chryslerの2011年第1四半期決算報告書(2011.5.2)
(注) 1. 2011年6月にFiatが欧州でのChrysler車総代理店となり、各国の状況に合わせて、(1)既存のChrysler販売網を活用、(2)新たな販売網の構築、(3)上表のようにChrysler車をFiat系ブランドで発売、を織り交ぜて拡販を図る計画。
2. ChryslerブランドとLanciaブランドは統合し、国によりどちらかのブランドを販売する。欧州では、大陸各国ではLanciaブランド、英国とアイルランドではChryslerブランドで販売する。
3. ブラジルでは、Chrysler車を、FiatブランドでFiatの販売網で発売する。2011年6月に、2400ccエンジンを搭載するDodge JourneyをFiat Freemontの車名で発売する。

 

2012年から、Fiatとプラットフォームを共有する新モデルを投入

 2012年から、Fiatのプラットフォームをベースとする新モデルを大量投入する。Chryslerは、新しいプラットフォームの開発には2億ドルもの費用が必要でまた期間も数年かかるので、Fiatとのプラットフォーム共有は、技術上および財務上大きな便益になり、より早く新商品の市場投入が可能になるとしている。

 ChryslerとFiatは、現在FiatのC-Evoプラットフォームをベースに"Compact U.S. Wide"または"CUSW"と呼ぶプラットフォームを開発中で、2012年初めに使用を開始する。ChryslerのC/Dセグメント車は、body-on-frame構造のJeep Wranglerを除き、全てこのプラットフォームをベースとする計画。

 2014年までに、2009年以来の全商品ラインアップの更新を完了し、Chrysler車の半数以上がFiat車とプラットフォームを共有する計画。

 (Chryslerの「2010~2014年中期計画」については、2009年11月30日付けレポート「Chryslerの中期計画:2014年の世界販売を、280万台に倍増」をご参照ください。現在も、大筋はこの計画が進行している)

 



Chrysler:省燃費パワートレインを採用

 Chryslerは、Fiatのエンジンとトランスミッション技術を取り入れ、2010~2014年の間に25%以上の平均燃費向上を目指す。Fiatが小型ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの開発、Chryslerは大排気量ガソリンエンジンと電動車両の開発を担当する。FiatのMultiAirや直噴の技術を、Chryslerの4気筒/V6エンジンにも採用していく計画。

 トランスミッションでは、2011年第2四半期に発売する2012 Chrysler 200とDodge Avengerに、Fiatの技術によるDDCT(Dual Dry Clutch Transmission)を採用する。またZF Friedrichshafenと提携し、2011年半ばに後輪駆動車用8速ATをChrysler 300とDodge Chargerに搭載し、また2013年から前輪駆動車用9速ATを搭載する。8速AT・9速ATとも、Chryslerのインディアナ州Kokomo工場で2013年から生産するが、自社生産開始以前や生産が不足する場合はZFから購入する。

Chrysler:新パワートレインの生産、搭載を開始

1400cc MultiAir
エンジン
 Chryslerは2010年11月、ミシガン州Dundee South工場、でFiatの 1400cc FIREエンジンの生産を開始し、まず2010年12月にメキシコのToluca工場で生産を開始したFiat 500に搭載した。FiatのMultiAir技術を搭載し、出力を10%、トルクを15%、燃費を10%向上させる。(注1)
2000cc級
エンジン
 Dundee North工場では、Chryslerの自然吸気 4気筒 2000cc/2400ccエンジン"World Gas Engine"を生産している。2012年に、MultiAir技術を搭載する 2400ccエンジンの生産を開始し、CUSWプラットフォームベースに開発するC/Dセグメント車に搭載する計画。
V6 Pentastar
エンジン
 Chryslerは、2010年3月にミシガン州Trenton工場で、さらに10月にメキシコのSaltillo工場(注2)で、新開発 Pentastar V6 3600ccエンジンの生産を開始した。燃費を従来型比7%向上させる。2010年第 2 四半期に発売した新型Jeep Grand Cherokeeに初搭載した。Pentastar V6エンジンは、FiatのMultiAir、直噴技術、ターボチャージャーの採用が可能。
(注) 1. FIREは、Fully Integrated Robotized Engineの略で、Fiatが 1970年代に、エンジン生産ラインにロボットを導入したことに由来し、エンジンの名称として今日まで続いている。
2. Chryslerは、2010年10月、メキシコで6番目の工場となるSaltillo Engine Plantで、新開発V6 Pentastarエンジンの生産を開始した。投資額は570百万ドル、生産能力は年間40万基以上。
新技術のトランスミッションを採用
Dual Dry Clutch
Transmission
 Chryslerは、Fiatの 6速Dual Dry Clutch Transmissionを、2011年第2四半期に発売するMY 2012 Chrysler 200 とDodge Avengerに初搭載する。走行性能を高めながら、燃費を 10%向上させる。今後発売するCセグメント乗用車にも搭載する。
8速AT
(後輪駆動車用)
 ZFと提携し、2011年半ばに発売するMY 2012 Dodge ChargerとChrysler 300に、後輪駆動車用 8速AT(AWD仕様も含む)を搭載する。従来の5速ATに比べ燃費を12%向上させる。将来は、Chryslerの、Ram Heavy-dutyトラックを除く全ての後輪駆動車に搭載する計画。(このトランスミッションは、BMWやAudiも採用している)
9速AT
(前輪駆動車用)
 9速ATもZFと提携する。9速ATはまだ生産していないが、Chryslerは2013年に発売する前輪駆動のC/Dセグメント車に、9速ATを世界で初めて搭載する。6速AT比で燃費を11%向上させる。(注)
Start/Stop  Chryslerは、2011年に欧州で発売するJeep Wranglerディーゼル車に、Fiatの技術によるStart/Stopを初搭載する。2017年までに北米販売モデルの90%に搭載する計画。
軽量Axleを採用
ZFの軽量Axle  ChryslerはZF Friedrichshafenと提携し、ZFが特許を持つ軽量Axle技術を導入して自社工場で生産し、2010年にJeep Grand CherokeeとDodge Durangoに採用した。2011年にRamピックアップトラックに採用する。従来品より最大34%の軽量化が図れる。
資料:Chrysler広報資料 2010.1.7/2010.3.19/2010.6.9/2010.10.29
(注) Chryslerは、インディアナ・トランスミッション工場とKokomo鋳造工場に総額 1,186百万ドルを投資して、ZFの技術を導入し、2013年から後輪駆動車用8速ATと前輪駆動車用9速ATを生産する。自社生産が立ち上がるまでや生産量が不足する時は、ZFから購入する(ZFは、2013年からサウスカロライナ州 Greenvilleに建設する新工場で、8速ATと9速ATの量産を開始する。9速ATは世界で初の生産)。

Chrysler:電動車両計画

Fiat 500 EV  Chryslerは、Fiat 500 EVを2012年から北米で生産し北米市場に投入する。小型で車体の軽いFiat 500のplatformは、電気自動車に最適としている。北米以外の地域ではFiatが販売する。Chryslerは、Fiatグループの電動車両開発を担当する。
Plug-in Hybrid
テスト車両
 Chryslerは、米国エネルギー省(DOE)から48百万ドルの支援を得て、Dodge RamベースのPlug-in Hybrid車の走行テスト車両を 140台生産し、2010年からテスト走行中。さらに前輪駆動のミニバンのPlug-in Hybrid車も生産し、テスト走行を開始した。

資料:Chrysler SEC Filing (2011.2.25)、Chrysler 2011年第1四半期決算報告書(2011.5.2)

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>