FCA:2017年はJeepとAlfa Romeoの世界展開等で増収増益の見込み

北米ではSUV・ピックアップを増産、自動運転でBMW、Intel、Mobileyeと提携

2017/11/24

概要

FCA Group の連結業績
Jeep Compass
Jeep Compass
ブラジル、中国、メキシコ、インドで生産し、100カ国以上で販売する
5カ年計画を遂行

  FCA Groupは、「2014-2018年 5カ年計画」を引き続き実施しており、2016年にはFerrariを分離してグループの財務状況を改善。2017年には、Jeep車とAlfa Romeo車の世界展開や南米市場の回復により、さらに業績が改善している。2017年通年の売上高は前年比3.6-8.1%増の1,150億-1,200億ユーロ、特別損益を除いた調整後EBIT(金利税前利益)は前年比15.6%増の70億ユーロ以上の見込み。

2018年には新型Ram 1500、新型Dodge Journeyを投入へ

  2017年には、Alfa Romeoブランド初のSUVであるStelvioのほか、コンパクトSUVの新型Jeep Wranglerを投入。南米市場には小型ハッチバックのFiat Argoを投入した。2018年には、ピックアップトラックの新型Ram 1500、中型SUVの新型Dodge Journey、2019年にはJeepの新たな旗艦モデルとなるフルサイズSUVのWagoneer/Grand Wagoneerに加え、Jeep Wranglerをベースとしたピックアップ等の投入が計画されている。

北米工場ではSUV・ピックアップの生産拡大へ

  米国の生産拠点では、SUV・ピックアップトラックへの需要のシフトに対応するため、工場の設備改修を行っている。乗用車のDodge DartとChrysler 200の生産を2016年中に終了し、収益性の高いJeepのSUVとRamのピックアップの生産へ移行を進めている。

自動運転車開発で提携拡大

  FCAは、自動運転技術を進化させるには自動車メーカー、技術プロバイダー、サプライヤーが協力することが不可欠だとして、2017年8月にBMW、Intel、Mobileyeによる自動運転プラットフォームの共同開発に参加を表明した。2016年5月には、Google傘下の自動運転開発会社Waymoとも提携しており、PHVのミニバンであるChrysler Pacifica Hybridを自動運転テスト用に提供している。



関連レポート:

デトロイトモーターショー2017(1):米国メーカーの展示取材 (2017年2月)
FCA:2016年は利幅の大きいSUV等の拡販で大幅増益の見込み (2016年12月)
米国の新型車装備:歩行者対応自動ブレーキ、スマホ連携機能の設定拡大 (2016年8月)
フィアット・クライスラーの新5カ年計画:2018年に世界販売700万台へ (2014年5月)

 

 



2014-2018年 5カ年計画の進捗状況

  FCA Groupは2014年5月に発表し、2016年1月に改訂した「2014-2018年 5カ年計画」を引き続き遂行している。JeepとAlfa Romeoブランドの世界展開を進めるとともに、米国の生産拠点で乗用車から収益性の高いSUV・ピックアップトラックの生産への移行を実施している。本計画の目標の一つである債務削減については、2016年にFerrariを分離・独立させたことにより、製造部門の純負債を50億ユーロから46億ユーロに削減、2017年には25億ユーロにまで削減する見通し。今後も2018年の目標達成に向かって努力するが、その方策の一つとして、マルキオンネCEOはMagneti Marelliを含む部品部門のスピンオフを検討しているとされる(Automotive News 2017.10.2, Detroit News 2017.9.5)。

2014-2018年 5カ年計画の概要と進捗状況

2018年業績目標と
2017年見通し
2016年実績 2017年の見通し
(2017年10月時点)
2018年の目標
(2016年1月時点)
世界販売台数 448万台(中国JVを含まない連結販売台数)
472万台(中国JVを含む総販売台数)
700万台(中国JVを含む総販売台数)
売上高 1,110億ユーロ 1,150-1,200億ユーロ 1,360億ユーロ
調整後EBIT 61億ユーロ 70億ユーロ以上 87億~98億ユーロ
調整後純利益 25億ユーロ 30億ユーロ以上 47億~55億ユーロ
製造部門の手元現金(純負債) (46億ユーロ) (25億ユーロ以下) 40億~50億ユーロ
今後の目標 2017年と2018年の各年に十分な額のプラスの営業キャッシュフローを実現し、2018年に製造部門の手元現金として40億~50億ユーロを確保する。
主要な対策 各ブランドのラインアップの強化と差別化(JeepとAlfa Romeoの世界展開)、販売拡大、プラットフォームの削減、コスト効率の向上、利益率の向上、財務状況の改善
2016-2017年の
達成事項
・Ferrariを分離し、財務状況を改善。製造部門の純負債を46億ユーロに削減。
・ラインアップの強化:2016年には新型車を9車種投入(うち6車種は新モデル)、2017年には3車種投入(うち2車種は新モデル)。
・Jeepブランドの世界展開:2016年の世界販売は140万台、2017年1-10月は前年同期とほぼ同水準の113万台。
・米国ではChrysler 200とDodge Dartの生産中止、高収益のRamピックアップとJeep車の生産に移行するため工場の改修を実施中。


2017年1-9月の売上高は1%増の821億ユーロ、調整後EBITは15%増の52億ユーロ

  2017年1-9月の売上高は前年同期比0.9%増の820億5,800万ユーロ、調整後EBITは14.5%増の51億6,000万ユーロ、調整後純利益は35.2%増の26億7,300万ユーロ。調整後EBITは北米を除く全地域で増加した。北米では乗用車の生産からSUV・ピックアップトラックへの生産に移行するための工場の改修費用等が利益を押し下げた。

  2017年通年見通しについて、FCAは2017年1月に発表した見通しを2017年10月にも維持。売上高は1,150億-1,200億ユーロ、調整後EBITは70億ユーロ以上、調整後純利益は30億ユーロ以上としている。

FCA Groupの地域別調整後EBIT

FCAの業績概況

(100万ユーロ)

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
(計画)
1-9月
2016年 2017年
売上高 86,624 93,640 110,595 111,018 115,000-120,000 81,299 82,058
EBIT(金利税前利益) 3,002 2,834 2,625 5,122 3,708 5,942
調整後EBIT 3,521 3,362 4,794 6,056 7,000以上 4,507 5,160
純利益 1,951 632 377 1,814 1,405 2,706
調整後純利益 943 1,060 2,026 2,516 3,000以上 1,977 2,673

資料:FCA Full Year Results各年版、Interim Report Q3 2017
(注) 2017年(計画)はFCAが2017年1月に発表し、10月時点でも維持している見通し。

 



2018年にはピックアップの新型Ram 1500、中型SUVの新型Dodge Journeyを投入

  FCAは多様なブランドから、各セグメント、各地域に適したモデルを投入している。2017年には、Alfa Romeoブランド初のSUVであるStelvioのほか、コンパクトSUVの新型Jeep Wranglerを投入。南米市場には小型ハッチバックのFiat Argoを投入。2018年には、ピックアップトラックの新型Ram 1500、中型SUVの新型Dodge Journey、2019年にはJeepの新たな旗艦モデルとなるフルサイズSUVのWagoneer/Grand Wagoneerに加え、Jeep Wranglerをベースとしたピックアップ等の投入が計画されている。


Alfa Romeo Stelvio
Alfa Romeoブランド初のSUV

Fiat Argo (資料:FCA)
南米市場に投入した小型ハッチバック



FCA Groupのブランド別新型車投入状況・計画

ブランド 2016年 2017年 2018年 2019年
Fiat Toro (midsize pickup)
Fullback (midsize pickup)
Mobi (compact hatchback)
124 Spider (roadster)
Argo (compact hatchback) Cronos (compact sedan)
Alfa Romeo Giulia (midsize sedan) Stelvio (midsize SUV) Midsize coupe Alfetta (midsize sedan)
E-SUV
Maserati Levante (midsize SUV)
Chrysler Pacifica (minivan) Midsize SUV
Jeep New Compass (compact SUV) New Wrangler (compact SUV) New Grand Cherokee (midsize SUV)
Wagoneer/Grand Wagoneer (full-size SUV)
Pickup
Ram New Ram 1500 (full-size pickup)
New Ram Heavy Duty (full-size pickup)
Dodge New Journey (midsize SUV) New Durango (full-size SUV)



FCAが投入した新型車(2016-2017年)

発売年 モデル 概要
2016年 Fiat Toro 中型ピックアップ。2016年2月にブラジルで発売。ブラジルのPernambuco工場で生産。
Alfa Romeo Giulia 後輪/四輪駆動の新型中型セダン。競合車はBMW 3 Series、Audi A4。イタリア・Cassino工場で生産。2016年第1四半期に欧州、同年12月に北米で販売開始。
Chrysler Pacifica 新型ミニバン。Town & Countryからモデル名を変更。2016年春に販売開始。カナダのオンタリオ州・Windsor工場で生産。
2017年4月にプラグインハイブリッド車(PHV) Pacifica Hybridを販売開始。FCA初の量販PHV。カナダ・Windsor工場で生産。16kWhのリチウムイオン電池を搭載。航続距離は566マイル、EV航続距離は33マイル。充電時間は240V接続で2時間(100%)。
Fiat Fullback 新型中型ピックアップ。2016年6月に欧州で販売開始。三菱自動車からのOEM供給モデル。三菱自のタイ工場で、ベース車の Triton/L200 と一緒に生産される。
Fiat Mobi エントリークラスの5ドアハッチバック。車両重量は907kgと軽量。2016年4月、ブラジルに投入。ブラジル・ミナスジェライス州のBetim工場で生産。
Maserati Levante Maserati初のSUV。欧州では2016年第2四半期、北米とアジア・太平洋では第3四半期に発売。イタリア・トリノのMirafiori工場で生産。
Fiat 124 Spider マツダとの協業により開発されたモデルで、Mazda Roadster (MX-5)と姉妹車。マツダの広島工場で生産。欧州では2016年6月、北米では7月から販売。
新型 Jeep Compass Jeep CompassとPatriotの2モデルを統合するコンパクトSUV。2016年9月にブラジルのPernambuco工場で生産を開始し、南米で販売開始。同年12月に中国で生産・販売開始。最終的には世界100カ国以上で販売する計画。
2017年2月にメキシコのToluca工場で生産を開始し、3月から北米、欧州、中東へ左ハンドル車の供給を開始。
2017年7月にTataと合弁のインド・Ranjangaon工場で生産を開始。インドでのJeep車の生産は初。10月から豪州と日本に右ハンドル車を輸出。同年第4四半期中に他の海外市場への輸出も開始する計画。
2017年 Alfa Romeo Stelvio 後輪/四輪駆動の新型中型SUV。Alfa Romeoブランド初のSUV。2016年12月に欧州、2017年6月に米国で発売。Giuliaと同様、Giorgioプラットフォームを使用。イタリア・Cassino工場で生産。競合車はAudi Q5、BMW X3。
新型Jeep Wrangler フレーム付きのコンパクトオフロードSUV。米国オハイオ州Toledo工場で生産。3.6L V6エンジンに加え、新開発の2.0L 4気筒ターボエンジン、ディーゼルエンジン、48Vのマイルドハイブリッドシステムが設定される。
Fiat Argo 小型ハッチバック。Punto/Bravo/Palioの後継車。2017年5月にブラジル、9月にアルゼンチンで発売。ブラジル・Betim工場で生産。



FCAの新型車投入計画(2018-2019年)

2018年 Fiat Cronos 小型セダン。2017年末にアルゼンチン・Cordoba工場で生産開始し、2018年2月に発売予定。ハッチバックのArgoをベースとする。
新型Ram 1500 フルサイズの light duty ピックアップ。48Vマイルドハイブリッド車も設定する。新型はミシガン州Sterling Heights 工場で生産。
新型Ram Heavy Duty フルサイズの heavy duty ピックアップ。2500、3500、シャシーキャブの設定がある。
新型Dodge Journey 中型クロスオーバーSUV。新型はGiorgioプラットフォームを使用する模様で、生産はイタリアに移管される見込み。
Alfa Romeo 中型クーペ Giuliaベース。競合車はBMW 4シリーズ、Audi A5。
2019年 新型Jeep Grand Cherokee 中型SUV。ミシガン州Warren工場で生産される。
Jeep Wagoneer/
Grand Wagoneer
Jeepの新たな旗艦モデルとなる2列シート5人乗りのフルサイズSUV。3列シート7人乗りはGrand Wagoneer となる。次期Grand Cherokee とプラットフォームを共有。ミシガン州 Warren工場で生産。
Jeep Wrangler Pickup 次期Wrangler をベースにしたピックアップ。オハイオ州Toledo工場で生産。
新型Dodge Durango 3列シートフルサイズSUV。
Chrysler 中型SUV イリノイ州Belvidere工場で生産予定。
Alfa Romeo Alfetta Alfa Romeoの新たな旗艦モデルとなる後輪/四輪駆動の中型セダン。Giorgioプラットフォームを使用。競合車はBMW 5シリーズ、Audi A6。
Alfa Romeo E-SUV Giorgioプラットフォームを使用。


北米生産再編計画:乗用車からSUV・ピックアップトラックの生産へ移行

  FCAは米国市場における乗用車からSUV・ピックアップトラックへの需要のシフトに対応するため、また、米国から中型車・大型車の輸出を拡大するため、SUV・ピックアップの生産能力を整備している。2016年7月の発表では、新型Jeep WranglerとJeep Cherokeeの生産のために10.5億ドル、新型Ram 1500の生産のために15億ドルを投じて設備を刷新する。また、2017年1月の発表によると、Jeep Wagoneer/Grand Wagoneer、Jeepの新型ピックアップトラックの生産のために、10億ドルを投じて工場を改修する計画。

FCAの北米生産再編計画

米国の工場の動き

Warren Truck/Toledo South工場に10億ドル投資 (2017年1月発表)10億ドルを投資して、新たなフルサイズSUVのJeep WagoneerとGrand Wagoneerの生産のためにミシガン州Warren Truck工場を改修し、Jeepの新たなピックアップトラック生産のためにオハイオ州Toledo South工場を改修する。改修は2020年までに実施され、2,000名の新規雇用が生まれる見込み。今回の投資で、現在メキシコ・Saltillo工場で生産しているRamのヘビーデューティ・ピックアップをWarren Truck工場で生産することが可能になる。
Toledo North/Belvidere工場に10.5億ドル投資 (2016年7月発表)オハイオ州のToledo North工場を一時休止し(2017年4月から)、中型SUVの次期型Jeep Wrangler生産のため7億ドルを投資して改修。約700名を追加雇用。Toledo North工場で生産していた中型SUVのJeep Cherokeeの生産は、イリノイ州Belvidere工場に3.5億ドルを投資して改修し、移管(2017年5月)。これに伴い、300名を新たに雇用。
Sterling Heights工場に15億ドル投資 (2016年7月発表)ミシガン州のSterling Heights工場へ15億ドルを投資して、次世代のRam 1500の生産のために改修する。700名を新規雇用する見込み。
Conner Avenue工場を閉鎖 米国・デトロイトにあるConner Avenue工場で生産しているスポーツカー Dodge Viperの生産を終了し、2017年8月31日に同工場を閉鎖した。従業員は他工場に移動した。同工場は長年にわたり、レトロスタイルのスポーツカー Prowler、Viperに搭載されている10気筒エンジン、SRT10 Roadster/Coupe等を生産してきた。


2017年1-9月の世界販売台数は2%減の327万台

  2017年1-9月のFCA Groupの世界販売台数は、前年同期比1.8%減の326.7万台。北米ではRam車およびAlfa Romeoの新型車GiuliaとStelvioは好調だったが、利益率の低いフリート販売の計画的な縮小と、Chrysler 200、Dodge Dart、Jeep Patriotの廃止の影響により、8.5%減の177.7万台となった。需要が回復している欧州では、Fiat Tipoファミリー、Alfa Romeo Stelvio、Jeep Compass等が貢献して5.6%増の102.0万台となった。不振だった南米は、景気の回復とJeep CompassおよびFiat Mobiの販売増加により14.8%増の37.3万台。アジア太平洋地域では、インドでの現地生産と中国でのAlfa Romeo車の好調が販売を押し上げたが、中国におけるJeep車の現地生産への移行による販売減の影響が大きく、12.9%減の6.1万台。(地域別販売台数は連結販売台数であり、中国の合弁会社が生産・販売した車両は連結販売台数には含まない)。高級車部門のMaseratiは、新型Levante等の好調により50.0%増の3.6万台となった。

FCA Groupの世界販売台数 FCA Group の地域別販売台数



FCAの地域別販売台数

(1,000台)

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 1-9月
2016年 2017年
北米 2,115 2,238 2,493 2,726 2,587 1,942 1,777
欧州/その他 1,012 979 1,024 1,142 1,306 966 1,020
南米 979 950 827 553 456 325 373
アジア/太平洋 103 163 220 149 91 70 61
高級車部門 14 22 36 32 42 24 36
合計 4,223 4,352 4,600 4,610 4,482 3,327 3,267

資料:FCA Full Year Results 各年版、Interim Report Q3 2017
(注) 1. 高級車部門は2013年まで Ferrari と Maserati、2014年以降は Maserati のみを含む。(Ferrariは2016年1月初めにFCAから分離した。)
2. 上表は連結販売台数を示し、中国の合弁会社の販売台数は含まれない。2016年1-9月/2017年1-9月の中国合弁会社の販売台数は100,000台/151,000台。

 



自動運転車の開発でBMW-Intel-Mobileye連合、Google系Waymoと提携

  FCAのマルキオンネCEOは、自動運転技術の進化には、自動車メーカー、技術プロバイダー、サプライヤーの協力が不可欠だとして、2017年8月にBMW、Intel、Mobileye(現在はIntelの子会社)が共同で進める自動運転プラットフォームの開発への参加を表明した。FCAは2016年にGoogle傘下の自動運転車開発会社 Waymoとも提携し、ミニバンのChrysler Pacifica Hybrid 計600台を自動運転テスト用に提供している。

  また、FCAは2017年1月に開催されたコンシューマー・エレクトロニクスショー(CES)2017に自動運転EVコンセプトのChrysler Portalを出展。ミレニアル世代が設計したミレニアル世代の家族のための電気自動車で、レベル3の自動運転技術を搭載し、将来はソフトウェアの更新により、レベル4の自動運転も可能になるとしている。

Chrysler Pacifica Hybrid
Chrysler Pacifica Hybrid (資料:FCA)
Waymoの自動運転技術を搭載
Chrysler Pacifica Hybrid
Chrysler Portal
レベル3の自動運転技術を搭載するEV



自動運転プラットフォームの開発でBMW、Intel、Mobileyeと提携

FCAは2017年8月、BMW Group、Intel、Mobileyeが行う自動運転プラットフォームの共同開発に参加する覚書に署名した。今後、他のメーカーやサプライヤーにも呼びかけ、業界の基準となるプラットフォームを開発する。BMW Group、Intel、Mobileyeは2016年7月に、SAEが定める自動運転のレベル3およびレベル4/5を実現するソリューションを持ち寄り、自動運転車の量産を2021年までに開始する計画を発表している。FCAの参加により、エンジニアリングや技術面でのリソース拡大、販売台数や地域の拡大、北米での実績の活用等が期待される。



Google系Waymoの自動運転テストにミニバンを提供

Pacifica100台を提供 FCAは2016年下期にGoogle傘下の自動運転車開発会社 Waymoに対し、自動運転テスト用にミニバンのChrysler Pacifica Hybrid 100台を提供した。自動運転技術搭載のため、電気系統、パワートレイン、シャシーの改良を12月に完了。2017年初めにはWaymoの自動運転テスト車両に加えられた。
Pacifica 500台を追加提供 2017年4月、FCAはWaymoに自動運転テスト用にChrysler Pacifica Hybridを500台追加提供すると発表した。5月初めから順次納入している。WaymoはこのPacifica Hybridを使用し、地域住民を対象とした自動運転テスト走行を実施することも発表。まずアリゾナ州Phoenixの住民から参加者を募集し、自動運転技術を搭載したPacifica Hybridを日常的に使用してもらう計画。FCAはWaymoとの提携により、自動運転車の市場投入に必要なステップへの理解を深めている。



CES 2017に自動運転EVコンセプト Portalを出展

概要 FCAは2017年1月、コンシューマー・エレクトロニクスショー(CES)2017にコンセプト車のChrysler Portalを出展した。ミレニアル世代(1982-2001年に生まれた世代)の家族をターゲットとした3列シート6人乗りの自動運転EVコンセプト。ミニバン風のスタイルだが、FCAはPortalコンセプトをステーションワゴン、ミニバン、SUV、クロスオーバーに続く「第5世代のファミリー車」と呼ぶ。
EVシステム 床下に100kWhのリチウムイオン電池を搭載。航続距離は250マイル。急速チャージャーを利用すれば、20分の充電で約150マイルを走行可能。
自動運転技術 SAEが定めた自動運転レベル3に相当する自動運転技術を搭載。自動システムが要求した場合にドライバーが車をコントロールできることを条件に、高速道路などで運転を車両に任せることができる。センサー等のハードウェアは完全自動運転を想定した高性能品を搭載しているため、将来、技術が発展し、ユーザーが望めば、ソフトウェアを更新することにより、レベル4相当の自動運転が可能になる。


LMC Automotive生産予測:FCAグループの世界生産台数は2020年に533万台へ

(LMC Automotive、2017年9月)

FCA Groupのライトビークル生産予測

  LMC Automotiveが2017年9月に発表した予測によると、FCAグループの2017年のライトビークル世界生産台数は前年比0.9%増の474万台となる見込み。2017年には、北米以外の全地域で生産が増加するが、北米地域では、米国での需要低迷と北米での工場閉鎖等の影響で前年比7.0%減少する見通し。LMC Automotiveは、FCAの2020年の世界生産は2017年比12.5%増の533万台に達すると予測している。

  米国では、2017年のFCAの生産は前年比21.8%減の118万台となる見込み。Chrysler 200、Dodge Dart、Jeep Patriot、Jeep Compass等の生産終了や、モデル切替に伴う工場閉鎖により、生産が減少している。Sterling Heights工場は、次期型Ram 1500の生産に備え、通年閉鎖して改修する。また、Dodge Dartを生産していたBelvidere工場は、4月まで閉鎖して改修し、5月からJeep Cherokeeの生産を開始した。2018年には、Jeep WranglerとRam 1500の次期型車およびJeep Cherokeeの改良型車の生産が、生産能力を引き上げた工場で開始されるため、FCAの米国での生産は前年比20.6%増加する見込み。さらに2020年には、2017年比29.8%増の153万台に達するとLMC Automotiveは予測している。

  イタリアでの生産回復のためのFCAの戦略を一言で要約すると、「ドイツ車を見習い、高級車へのシフトと輸出拡大を図る」である。FCAグループはMaserati、Alfa Romeo、Jeepブランドの可能性を引き出すことにより、世界の消費者の需要を作り出し、高い利益を確保しようとしている。だが、イタリアでの生産の中期的見通しは、Pandaの生産をポーランドに移管するため、LMC Automotiveが第2四半期に発表した予測より減少している。実際、現時点の予測では、2017年の生産が予測期間を通してのピークである。FCAの世界展開と関税の負担を考えると、現地生産の拡大には逆らえない。これはつまり、イタリアでの生産回復は長くは続かないということである。LMC Automotiveの予測によると、2017年のイタリアでのFCAの生産は、前年比2.2%増の907,000台に増加するが、その後は徐々に減少し、2020年には2017年比17.0%減の753,000台となる見通し。



FCA Groupのライトビークル生産予測(LMC Automotive, 2017年9月)

(台)

COUNTRY GLOBAL MAKE 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
FCA Group Fiat 1,722,465 1,659,721 1,657,228 1,686,891 1,745,057 1,780,057 1,872,038
Jeep 1,089,198 1,298,674 1,414,923 1,464,838 1,804,320 1,710,795 1,821,999
Ram 512,285 547,320 597,038 601,442 645,279 640,912 625,112
Dodge 815,242 732,078 593,121 513,697 476,914 428,102 416,518
Chrysler 382,457 351,844 235,686 189,340 189,036 239,271 320,860
Alfa Romeo 65,970 61,475 86,658 164,518 196,704 204,748 201,719
Maserati 40,211 30,012 42,973 54,160 51,121 48,310 52,759
Lancia 64,116 57,760 67,417 63,828 52,715 28,193 18,542
FCA Group Total 4,691,944 4,738,884 4,695,044 4,738,714 5,161,146 5,080,388 5,329,547
USA Jeep 1,064,906 1,075,280 1,014,326 759,810 917,714 815,491 870,588
Ram 315,900 329,931 340,867 344,366 429,105 422,090 411,890
Dodge 176,271 172,399 108,433 73,932 73,536 97,421 246,952
Chrysler 159,054 180,083 42,805 0 0 0 0
USA sub-total 1,716,131 1,757,693 1,506,431 1,178,108 1,420,355 1,335,002 1,529,430
Italy Fiat 379,910 546,300 556,710 516,510 466,774 416,590 356,680
Alfa Romeo 65,970 61,475 86,658 164,518 196,704 204,748 201,719
Jeep 23,303 172,318 200,799 171,738 173,813 163,337 141,374
Maserati 40,211 30,012 42,973 54,160 51,121 48,310 52,759
Lancia 2,972 0 0 0 0 0 0
Italy sub-total 512,366 810,105 887,140 906,926 888,412 832,985 752,532
Poland Fiat 198,287 195,986 193,733 201,510 274,697 392,730 491,838
Jeep 0 0 0 0 0 25,381 68,913
Lancia 61,144 57,760 67,417 63,828 52,715 28,193 18,542
Poland sub-total 259,431 253,746 261,150 265,338 327,412 446,304 579,293
Brazil Fiat 675,190 433,927 334,256 385,022 372,380 386,264 419,844
Jeep 0 41,568 61,226 91,561 104,148 104,975 112,739
Brazil sub-total 675,190 475,495 395,482 476,583 476,528 491,239 532,583
Mexico Jeep 0 0 0 192,938 298,136 276,968 271,237
Ram 196,385 217,389 256,171 257,076 216,174 218,822 213,222
Fiat 71,494 63,122 57,785 64,045 53,766 45,769 43,498
Dodge 197,153 195,988 120,379 100,391 62,773 29,213 0
Mexico sub-total 465,032 476,499 434,335 614,450 630,849 570,772 527,957
Canada Chrysler 223,403 171,761 192,881 189,340 189,036 239,271 320,860
Dodge 372,730 332,443 352,904 331,642 327,980 288,343 154,571
Canada sub-total 596,133 504,204 545,785 520,982 517,016 527,614 475,431
China Jeep 0 8,808 138,571 235,968 271,136 276,339 297,799
Fiat 0 0 0 0 47,894 49,129 50,778
Dodge 69,088 31,248 11,405 7,732 12,625 13,125 14,995
China sub-total 69,088 40,056 149,976 243,700 331,655 338,593 363,572
Turkey Fiat 165,985 219,031 340,663 355,194 369,690 341,353 321,103
Serbia Fiat 103,969 91,525 84,376 78,704 74,938 61,482 81,086
India Jeep 0 0 0 12,769 39,272 48,182 59,200
Fiat 13,614 7,934 7,374 2,480 3,844 8,389 16,384
India sub-total 13,614 7,934 7,374 15,249 43,116 56,571 75,584
Argentina Fiat 95,538 85,464 47,743 39,518 41,220 43,361 58,191
France Fiat 15,880 15,222 14,285 23,190 25,798 23,793 21,473
Japan Fiat 0 0 20,277 19,575 11,511 8,398 8,200
Iran Fiat 0 0 0 1,112 2,342 2,390 2,399
Venezuela Fiat 521 1,210 26 31 203 409 564
Jeep 989 700 1 54 101 122 149
Venezuela sub-total 1,510 1,910 27 85 304 531 713
Hungary Fiat 2,077 0 0 0 0 0 0

Source: LMC Automotive "Global Automotive Production Forecast (September 2017)"
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要になります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ


------------------
キーワード
FCA、フィアット、Fiat、アルファロメオ、Alfa Romeo、マセラティ、Maserati、クライスラー、Chrysler、ジープ、Jeep、ラム、Ram、ダッジ、Dodge、自動運転、Waymo、Mobileye

<自動車産業ポータル マークラインズ>