フランクフルトモーターショー 2013 (1):BMW、VW、Daimlerの展示取材

BMW i、VW e-up!、M-Benz S-Class PHVなど電動車をアピール

2013/09/26

要 約

プレスデーの様子(Daimlerの展示会場)
プレスデーの様子(Daimlerの展示会場)

 IAA 65 フランクフルトモーターショー2013がMesse Frankfurtで2013年9月12日から22日にかけて開催された(プレスデーは9月10、11日)。出展した主要自動車メーカーは、地元ドイツのBMW、VW、Daimlerの3社を初め、Renault、PSA、Fiat (傘下、米ChryslerのJeepブランドを含む)、Volvo、Jaguar/Land Roverの欧州各社。米系メーカーではGMがOpel、Chevrolet、Cadillacの3ブランドで出展し、Fordも出展。日系メーカーで出展したのはトヨタ(含むLexusブランド)、日産(含むInfinitiブランド)、ホンダ、マツダ、スズキ、富士重工、三菱、いすゞ。韓国メーカーでは現代自動車グループが現代ブランド、起亜ブランド、中国メーカーでは長安汽車が出展した。

 当レポートでは、各社の出展概況を3回(予定)に分けて、報告する。第1回は、地元ドイツのBMW、VW、Daimlerの3社。この3社はそろって、EV/PHVの販売モデルを披露した。BMWは電動車両の新しいサブブランドi の市販モデル EV i3とPHV i8を展示。一方、VWとDaimlerは既に販売しているモデルのEV/PHVモデルを披露。VWはe-up!とe-Golfを初披露し、DaimlerはS-ClassのPHVモデル、B-ClassのEVモデルを展示した。


関連レポート
フランクフルトモーターショー 2013 (2):欧州・アジアメーカーの展示取材
フランクフルトモーターショー 2013 (3):米日メーカーの展示取材



BMW:EV i3とPHV i8の量産モデル、新型X5、4 Series Coupeを披露

 BMWは、同社初のEV i3の量産モデルを数多く展示すると共に、PHV i8の量産モデルを世界初披露した。新型X5のPHV版コンセプト、小型MPVのPHVコンセプトを展示し、電動化への対応への意欲を示した。他には、X5の3代目を初披露し、3 Series Coupeの後継モデル4 Series Coupeの展示も行った。

 同社の展示場では、建物内に走行レーンを設けてi3の試乗を行い、時折、そのレーンをMブランド車がうなりを上げて走行し、EVであるi3の静かな走行との違いを際立たせていた。また、i3はメッセ内を移動するシャトルとしても提供されており、行列ができるほどの人気を博していた。

 

EV BMW i3
EV BMW i3


i3の車体構造
i3の車体構造
(写真。車室部分はライフモジュールと呼ばれ炭素繊維強化樹脂製。シャシー部分はドライブモジュールと呼ばれアルミニウム製。

 

BMW iブランドのEV・PHVの量産モデル

BMW i3  BMW i ブランド初の量産EV。4人乗りの小型車。ボディの部分には炭素繊維強化樹脂(CFRP)、シャシーにはアルミニウムを利用し、車両重量は1,195kg。バッテリーパックは床下のシャシーの部分に敷き詰められており、車室内はフラットな形状。後部ドアは非常に小さくなっているが、観音開きでBピラーがないため乗り込みやすくなっている。2013年9月18日からドイツLeipzig工場で生産開始。販売価格はドイツで約3.5万ユーロから(なお、同国では、3 Seriesのセダンが約2.9万ユーロから、5 Seriesが約4.0万ユーロから販売されている)。
 モーターは後輪を駆動し、最大出力は125kW。航続距離は130-160km。電池消耗を節約する走行モード(ECO PROモード、ECO PRO+モード)に切替えることで、さらに20km以上航続距離を伸ばすことができる。また、オプションで発電用の650cc2気筒ガソリンエンジンを搭載することで、航続距離を最大300kmまで伸ばすことも可能。
 携帯電話回線を備えており、常時、BMWの情報サービスを受けられる。ナビゲーションシステムは、目的地まで電池が持たないと判断した場合、電池を節約する走行モードに切替えたり、必要であれば周辺の充電設備を案内する。
BMW i8  iブランド2番目の量産モデルである、プラグインハイブリッドスポーツカーの市販モデルを初披露。前輪部分にi3と同じモーターを微調整して用い(最高出力96kW)、後輪部分に3気筒1.5L ターボエンジン(最高出力170kW)を搭載。0-100km/hの加速は4.4秒ながら、燃費性能は2.5L/100km(EUテストサイクル)。EV走行の航続距離は35km、ガソリンエンジンを含めた総航続距離は500km。2014年初めに発売予定。
 i3と同じくボディにはCFRPを用い、シャシーにはアルミニウムを用いて軽量化を図り車両重量を1,490kgに抑えた。

 

BMW i8
BMWのプラグインハイブリッドスポーツカー i8
i8のドライブモジュールとライフモジュール
i8のドライブモジュールとライフモジュール。

 

3代目X5とPHV版コンセプト

X5  大型クロスオーバーX5の3代目を初披露。先代に比べ全長が32mm大型化したが、約90kgの軽量化を図った。 燃費性能は10.4L/100kmからとなり先代に比べて約16%向上し、全てのモデルが排出ガス基準EURO6に適応。また、ほぼ全てのモデルに、BMWの四輪駆動システムxDriveを搭載。生産は、米国のSpartanburg工場で行う。
Concept X5 eDrive  3代目X5のPHV版コンセプト。EV走行での航続距離は30kmで、燃費性能は3.8L/100km(EUテストサイクル)。4気筒のターボエンジン(排気量は不明)、70kW(95hp)の電気モーター、リチウムイオン電池を組み合わせる。

 

三代目X5
三代目X5
Cocept X5 eDrive
Concept X5 eDrive:X5のPHV版コンセプト

 

Concept Active Tourer Outdoor:小型MPV

 小型MPVのプラグインハイブリッドモデルのコンセプトカー。2012年のパリモーターショーで展示したActive Tourerの発展版で、自転車2台を車室内に固定できる機構がついた。PHVシステムは同じで、1.5L3気筒ターボエンジンが前輪を、モーターが後輪を駆動する。システム出力は140 kW以上を発揮し、燃費性能は2.5L/100km以上。

 

Concept Active Tourer Outdoor
小型MPVのPHVコンセプト Concept Active Tourer Outdoor

 

BMW 4 Series Coupe:3 Series Coupeの後継モデル

 3 Seriesクーペの後継車の生産モデル。クーペとして独自性を表すため3 Seriesから独立した4 Seriesとした。先代と比べると、全長は26mm、全幅は43mm大型化したが、車両重量は5kg軽量化。

 

4 series クーペ
新しいシリーズ名が与えられた 4 Series クーペ

 

 



VWグループ:VWブランド初の量産EV e-up!を初披露、AudiブランドでPHVコンセプトカーを展示

 VWは、2018年までに電動車両の分野でも市場を引っ張っていく存在になることを、2013年フランクフルトショー前日のイベントで表明。グループの各ブランドを通じて、まずは2014年までに14のEV/HVモデルを販売する計画。さらに十分な需要が見込まれれば、最大40モデルまで拡大していく。VWグループの電動化戦略は、既に同社のモジュール化戦略に反映されおり、同社がModular toolkitと呼ぶプラットフォームは電動システムの搭載が可能な設計になっている。


 これを踏まえ、展示会場ではe-up!、e-GolfなどのEVを初め、HV/PHVの環境対応車を全面に打ち出した展示を行っていた。AudiブランドでもPHVコンセプトSport quattro concept 、2014年発売予定のA3 e-tronを展示。このうち、EVであるVW e-GolfとPHVであるAudi A3 e-tron は同じモジュールプラットフォームMQBを採用している。

 

VWブランド初のEVモデル e-up!
VWブランド初のEVモデル e-up!
e-up!のモータールーム内
e-up!のモータールーム内
e-up!の商用車版e-load up!
e-up!の商用車版e-load up!

 

VW初のEV量産モデル e-up!、e-Golf

e-up!  小型車up!のEV版 e-up!の生産モデルを初披露。都市生活者向けに開発。駆動用モーター(最高出力60kW/最大トルク210Nm)とリチウムイオンバッテリー(18.7kWh)を搭載する。バッテリーは床下に敷き詰められ、前後の座席下の部分にも収められている。モーターや減速機、リチウムイオンバッテリーは自社のドイツ国内で製造する。航続距離は最大160km(欧州NEDCモード)、車重は1,185kg。2013年10月にドイツで販売され、価格は26,900ユーロ。
e-load up!  e-up!をベースに開発した、都市内配送用の商用バン。最大積載量は306kg。
e-Golf  e-Golfは、新型Golfをベースに開発されたEV。航続距離は190km(暫定値)。2014年春に欧州で発売し、同年末から2015年初頭にかけてアジア/北米で発売していく。また、50km以上のEV走行可能なPHV版も2014年に発表される予定。
 EVパワートレインは、モーターが最高出力85kW、最大トルク270Nmを発生。容量24.2kWhのリチウムイオンバッテリーを前後部座席の下及びセンタートンネル内に収めている。モーターの最高出力を制限する3つの走行モードがある。またブレーキには、回生ブレーキの有無及び回生量によって5つのブレーキモードがある。モーターや減速機、リチウムイオンバッテリーは自社のドイツ国内で製造する。またVWブランドで初めてLED製のヘッドライトを標準装備。

 

2014年発売の7代目GolfのEVモデルe-Golf
2014年発売の7代目GolfのEVモデルe-Golf
e-Golfのカットモデルのモータールームの様子。
e-Golfのカットモデルのモータールームの様子。
e-Golfのカットモデルの床下の様子
e-Golfのカットモデルの床下の様子。
前部座席の下、センタートンネル内、後部座席の下に
リチウムイオン電池が搭載されている。

 

ミニバンのコンセプトカーGolf Sportsvan

 ミニバンのコンセプトカーGolf Sportsvanを初披露。Golf Plusの後継モデルとなり、全長で134mm、ホイールベースで107mm延長されており、全幅も48mm拡大されている(全高はほぼ同じ)。先代に比べて燃費は最大19%改善し、ディーゼルエンジン(最高出力81kW)搭載の1.6 TDI Bluemotionの燃費は、3.7L/100km。2014年半ばに発売される予定。

 

初披露されたGolf Sportsvan
初披露されたGolf Sportsvan

 

Audiの2台の高級スポーツカーコンセプト:Sport quattro concept & nanuk quattro concept

Sport quattro concept
Sport quattro concept:高級スポーツカーのPHVコンセプト

nanuk quattro concept
nanuk quattro concept:ミッドシップ・スポーツカーと
オフロードRVを融合させたクロスオーバーコンセプト

 

Sport quattro concept  高級スポーツカーのPHVコンセプトを初公開。ボディサイズは、全長 4,602mmあり、2010年パリ・モーターショーで出展したQuattro Conceptよりも300mm以上大きくなっている。ヘッドライト、テールライトともLEDが使用され、覆いがされていないデザインが特徴。グリルのデザインは今後のAudiのスポーツモデルのデザインの方向性を示すものとしている。
 PHVシステムは、4.0L V8ツインターボエンジン(最高出力412 kW)に8速AT、電気モーター(最高出力110kW)、リチウムイオンバッテリー(14.1kWh)を搭載し、システム最高出力は515 kW (700hp)。アイドリングストップや、低負荷走行時に8気筒のうち4気筒を休止するCOD(シリンダー・オン・デマンド)を採用し、燃費は 2.5L/100km(欧州複合モード)、CO2排出量は59g/kmとなる。EVモードでの走行距離は最長50km。
nanuk quattro concept  傘下に収めたItaldesign Giugiaroがデザインした、ミッドシップ・スポーツカーとオフロードRVを融合させたクロスオーバーコンセプトを初披露。5.0L V10 ツインターボ・ディーゼルエンジンは最高出力400 kW以上、最大トルク1000Nmを発揮。最高速度は305km/h。
 エアサスペンションは3段階(標準設定、30mm下降、40mm上昇)最低地上高を変更できる。後輪の装舵も可能なステアリングシステムを備え、低速時 は後輪が最大9度 前輪と反対方向に回転して旋回性能を高め、高速時は前輪とは同じ側に最大2.5度回転し走行安定性を高める。

 

A3の4シーターオープンカーとPHV、低燃費モデル

A3 Cabriolet  4シーターオープンカーの新型A3 Cabrioletを初公開。先代モデルと比べて全長で180mm大型化したものの、車両重量はホワイトボディで30kg、エンジン/インテリアなどで20kg、合計50kg軽量化した。2014年第1四半期より納車予定。
A3 Sportback e-tron  5ドアハッチバックA3 SportbackをベースとしたPHV。2013年のジュネーブモーターショーで初披露され、発売は2014年の計画。1.4Lターボ付エンジン(最大出力110kW)と6速DCT、その間にモーター(同75kW)がある前輪駆動のハイブリッドシステムを持つ。容量8.8kWhのリチウムイオン電池は後部座席下に搭載。EV走行の航続距離は50kmで、燃費性能は1.5L/100km。将来的に無線充電への対応も検討。
A3 ultra  2013年9月発売のA3の低燃費モデル。1.6Lターボ付ディーゼルエンジンを搭載し、燃費性能は3.2L/100kmとAudiブランドで最も燃費効率が高いモデル。軽量な複合素材の利用などで車両重量を1,205kgに抑えたほか、車高を15mm低くし、低転がり抵抗タイヤの採用、ファイナルギア比の変更を行った。

 

初披露されたA3 Cabriolet
初披露されたA3 Cabriolet
A3 Sportback e-tron
A3 Sportback e-tron:A3 SportbackをベースとしたPHV
3.2L/100km を誇るA3ultra
3.2L/100km を誇るA3 ultra

 

SEATブランドとSkodaブランドの初披露モデル

SEAT LEON ST  新型LEONのステーションワゴン版を初披露。全長は4,535mmとVWグループのGolfのステーションワゴン版とほぼ同じ大きさ。エンジン横置き用モジュール・プラットフォームMQBを採用。新しいディーゼルエンジン 1.6L TDI Ecomotiveを搭載したモデルの燃費は、3.2L/100km(NEDC)を記録。
Skoda Rapid Spaceback  新型Rapid Spacebackを初公開。同モデルは前回のフランクフルトショーで展示されたMissonLの市販モデルRapidのハッチバックタイプ。Skodaにとって初のハッチバックモデルとなる。2013年10月に発売予定。

 

SEAT LEON ST
SEAT LEON ST
Skoda Rapid Spaceback
Skoda Rapid Spaceback

 

 



Daimler:S-ClassのPHVモデル、クーペモデル、自動運転実験車を展示

 Daimlerは、Mercedes-Benzブランドでは、S-ClassのPHVモデル S 500 Plug-in Hybrid、クーペモデル S-Class coupe concept、自動運転実験車S 500 INTELLIGENT DRIVE と新型S-Classをベースとしたモデルを積極的にアピール。また、2014年発売予定の小型車B-ClassをベースとしたEV、同ブランド初となる小型クロスオーバーGLA-Classを展示。smartブランドでは、次のsmart forfourを暗示する4人乗りEVのデザインコンセプトfour joyを初披露した。

 また、S 500 Plug-in Hybridのパワートレインや、9速AT 9G-TRONICなどの最新の技術展示も多くの見物客の注目を浴びていた。

 

S 500 Plug-in Hybrid
S 500 Plug-in Hybrid
S 500 Plug-in Hybridのパワートレイン
S 500 Plug-in Hybridのパワートレイン

 

3つのS-Class:PHVモデル、クーペモデル、自動運転実験車両

S 500 Plug-in Hybrid  新型S-ClassのPHVモデル S 500 PLUG-IN HYBRIDを初披露。燃費性能は3.0L/100km で、約30kmのEV走行が可能。3.0L V6エンジン、7速ATとその間に備えられた最大出力80kWのモーターを装備。リアアクスル上に設置されるリチウムイオン電池は、既に発売されているS 400 Hybridの10倍の容量を持つ。2014年に発売予定。
S-Class coupe concept  S-Classの2ドアクーペのコンセプトモデルで、現行CL-Classの後継モデルを示すコンセプトカー。ただし、コンセプトカーとは言え、展示会場では何度も走行するシーンがみられた。エクステリアは肉感的なデザインと全面ガラスルーフ、Bピラーがないことが特徴。4.7L V8 ツインターボ(最大出力335kw)を搭載。S-Classにも用いられている、ステレオカメラ・レーダー・超音波センサーを用いた「Intelligent Drive」と呼ぶ安全技術も採用。
S 500 INTELLIGENT DRIVE  S-Classをベースにした実験車両S 500 INTELLIGENT DRIVEを初披露。2013年8月にドイツ国内の約100kmの一般道を自動運転で走行した。同社は自動運転車を2020年までに販売する計画。
 この実験車両に用いられたセンサー類は既に市販されているS-Classに搭載されているものを改良して利用している。主な改良点は以下の通り。
・ステレオカメラのカメラ間の距離を大きくし、より遠くの障害物をカメラでも検知する。
・2つの長距離レーダーをフロントバンパーに、1つを後方監視用に追加。
・4つの短距離レーダーを車の4隅に追加。
・周辺風景を撮影し、デジタルマップと比較することで現在地を特定するためのカメラを後方に設置。
 またDaimlerはNokiaと提携して、試験走行した一般道の詳細な、信号・標識の位置やレーンの数などを含む3Dマップを作成。同社は今後、デジタルマップが自動運転の必要条件であるとしている。
 残された主な技術的課題は、他の道路利用者との意思疎通、 複雑な交差点での自車位置特定など、とのこと。

 

S-Class coupe concept
S-Class coupe concept
S 500 INTELLIGENT DRIVE
自動運転実験車 S 500 INTELLIGENT DRIVE

 

B-Class Electric Drive:2014年発売予定のEV

 米社TESLAと共同開発した、小型車B-ClassベースのEV。2014年に米国で発売され、続いて欧州でも発売される予定。TESLA製のモーターが使われており、初披露された2013年3月のニューヨーク・モーターショーの時と比べて、モーターの出力/トルクが強化されている(最高出力が100kWから130kWへ、最大トルク310Nmから340Nmへ)。航続距離は200km(NEDC)。

 

B-class Electric Drive
B-Class Electric Drive

 

GLA-Classを初披露

 Mercedes-Benzブランド初の小型クロスオーバーモデルを初披露。同社がそろえる5つの小型車の内の4番目のモデル。2014年から発売される。全長4,417mmで同ブランドのSUVとして最小サイズとなり、空力性能を表すCd値は0.29となっている。2.2L直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載する「GLA 200 CDI」の燃費は4.3L/100km、CO2排出量は114g/km。

 

初の小型クロスオーバーモデルGLA-Class
初の小型クロスオーバーモデルGLA-Class

 

9速AT 9G-TRONIC

 2013年9月に発売された、E 350 BlueTECに搭載されているMercedes-Benz初の9速AT。後輪駆動車、4輪駆動、HV、PHVと様々なタイプの車両に搭載可能。レシオカバレッジは9.15、最大1000Nmのトルク耐性を持つ。

 

9速AT 9G-TRONICのカットモデル
9速AT 9G-TRONICのカットモデル

 

Smart:4人乗りEVのデザインコンセプトfour joyを初披露

4人乗りEVのデザインコンセプトfour joy
4人乗りEVのデザインコンセプトfour joy
forstars二人乗りのEVコンセプト
forstars二人乗りのEVコンセプト

 

four joy  ドアやリアウィンドウが無いデザインコンセプトカー。4人乗りのEVで、後輪を駆動する55 kWのモーターと17.6 kWhのリチウムイオン電池を搭載。急速充電器能を使えば1時間未満で充電可能。全長/全幅/全高は3494/1978/1494mm(なお2004年発売の4人乗りforfourの全長は3750mm)。
forstars  2012年パリ・モーターショーで初披露された、二人乗りのEVコンセプト。全長は3550mmあり、現行fortwoと比べて810mm長い。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>