欧州6社2013年上半期実績と通期見通し:独3社は世界販売記録更新を見込む

域外市場に投資、停滞する欧州販売を補う

2013/08/30

要 約

欧州6社の上半期販売台数比較 本レポートでは、欧州の主要自動車メーカー6社の2013年上半期の業績、市場見通し、目標と戦略、及び主要な出来事について報告をする。また、LMC Automotive社による2016年までのドイツ生産予測も掲載する。


 欧州の主要自動車メーカーグループ6社、PSA、Renault、Fiat、VW、BMW,Daimlerの2013年上期の合計販売台数は1,179.5万台で、前年同期比で1.7%増加した。VW、BMW、DaimlerとFiatは2013年上半期の販売台数で前年を上回った。Renaultは欧州市場や南北アメリカ市場の影響で、世界販売が1.9%減少、PSAは欧州、ロシア市場や、イランへのCKDキット輸出停止の影響から、販売台数が9.8%減少した。


 財務面ではDaimlerの営業利益と純利益、それぞれが前年同期比で大幅増益の41.1%増、72.1%増となったが、こちらはEADS株式売却による増益を含むため。一方、Renaultの純利益は、前年に対して2013年上半期は9,700万ユーロと、87.5%の大幅な減益となった。PSAの2013年上半期の売上高は前年より3.8%減少し、純損失は4億2,600万ユーロと前年より47.9%減少した。


 各社は改善の兆候が見えない欧州市場での販売を補うため、域外市場に注力する。生産体制の強化や販売網の整備を行い、域外市場での販売比率を高めるために様々な施策を打つ。一方、欧州内でも生産体制の再編や工場の稼働率向上を狙う。


 また2013年通期にドイツ3社は、販売台数の過去最高記録を上回ることを目標としている。Renaultは当初に設定した目標を据え置き、2012年の販売台数を上回り自動車部門の黒字化を目指す。Fiatも同様に当初に設定した目標である、グループ全体の売上高、最大920億ユーロ、営業利益45億ユーロ、純利益15億ユーロを維持している。PSAは2013年に営業キャッシュフローの赤字を前年の30億ユーロより半減させることを目指す。

 
関連レポート:
・VW:2013年上半期の新車販売は480万台 (2013年7月掲載)
・PSA:欧州依存からの脱却を目指し、新興市場へ展開 (2013年6月掲載)
・FIAT:2016年までに欧州市場で収支均衡の達成を狙う (2013年5月掲載)
・Renault:2013年は自動車部門の黒字化を目指す (2013年4月掲載)
・Mercedes-Benz Cars: 2015年までに世界販売160万台を目指す (2013年1月掲載)
・BMW:4年前倒しで、2016年に世界販売200万台を目指す (2012年12月掲載)

欧州6社の2013年見通し

PSA ・営業キャッシュフローの赤字を2012年の30億ユーロから、最低でも半減をするとしている。(2014年には大幅に減少させ、2015年に同キャッシュフロー収支均衡を目標としている。)
Renault ・2013年は当初の目標設定を維持し、前年の販売台数を上回り、自動車部門の営業黒字化、自動車部門のフリーキャッシュフローの黒字化と、2011~2013年の期間で累計20億ユーロのフリーキャッシュフローの達成を目指す。(2012年は5億9,700万ユーロ。2011年は10億8,400万ユーロ。)
Fiat ・Fiat Groupは当初目標の売上高880億~920億ユーロ、営業利益を40億~45億ユーロ、純利益を12億~15億ユーロの目標設定を維持。
VW ・2013年の販売台数、売上高については2012年を超える見込み。営業利益については競合激化の影響を受けるが、2012年と同水準を狙う。
BMW ・乗用車販売台数は、前年から1桁台の成長、営業利益は、前年と同水準程度を見込み、自動車部門のEBIT対売上高比 8~10%を目指し、RoCE (Return on Capital Employed)は26%を見込む。
Daimler ・2013年の乗用車販売は、前年の販売台数を上回り、販売台数の記録を更新すると予測している。EBITについて、2013年通年は前年よりも低くなるとしている

欧州6社の業績概要

(100万ユーロ、世界販売は1,000台)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2012年/
2011年
変化率
1-6月
2012年 2013年 変化率
PSA 世界販売 3,260 3,188 3,602 3,549 2,965 (16.5%) 1,619 1,460 (9.8%)
売上高 54,356 48,417 56,061 59,912 55,446 (7.5%) 28,809 27,710 (3.8%)
営業利益 550 (689) 1,796 1,315 (576) (51) (65) 27.5%
純利益 (363) (1,161) 1,134 588 (5,010) (818) (426) (47.9%)
Renault 世界販売 2,382 2,309 2,627 2,723 2,550 (6.4%) 1,328 1,303 (1.9%)
売上高 37,791 33,712 38,971 42,628 41,270 (3.2%) 20,622 20,441 (0.9%)
営業利益 326 (396) 1,099 1,091 729 (33.2%) 508 583 14.8%
純利益 599 (3,068) 3,490 2,139 1,735 (18.9%) 774 97 (87.5%)
Fiat 世界販売 2,153 2,152 2,082 3,966 4,209 6.1% 2,121 2,172 2.4%
売上高 - 32,684 35,880 59,559 83,957 41.0% 41,745 42,082 0.8%
営業利益 - 736 1,112 2,392 3,814 59.4% 1,753 1,647 (6.0%)
純利益 - (345) 222 1,651 1,411 (14.5%) 816 715 (12.4%)
VW 世界販売 6,257 6,336 7,203 8,265 9,276 12.2% 4,552 4,798 5.4%
売上高 113,808 105,187 126,875 159,337 192,676 20.9% 95,378 98,687 3.5%
営業利益 6,333 1,855 7,141 11,271 11,510 2.1% 6,540 5,780 (11.6%)
純利益 4,688 911 7,226 15,799 21,884 38.5% 8,847 4,793 (45.8%)
BMW 世界販売 1,436 1,286 1,461 1,669 1,845 10.5% 901 955 6.0%
売上高 53,197 50,681 60,477 68,821 76,848 11.7% 37,495 37,098 (1.1%)
営業利益 921 289 5,111 8,018 8,300 3.5% 4,401 4,107 (6.7%)
純利益 330 210 3,224 4,907 5,122 4.4% 2,629 2,704 2.9%
Daimler 世界販売 2,073 1,551 1,895 2,111 2,198 4.1% 1,072 1,107 3.3%
売上高 98,469 78,924 97,761 106,540 114,297 7.3% 55,895 55,794 (0.2%)
営業利益 2,730 (1,513) 7,274 8,755 8,615 (1.6%) 4,366 6,159 41.1%
純利益 1,414 (2,644) 4,674 6,029 6,495 7.7% 2,990 5,147 72.1%
6社合計 世界販売 17,561 16,822 18,871 22,283 23,043 3.4% 11,593 11,795 1.7%
売上高 - 349,605 416,025 496,797 564,494 13.6% 279,944 281,812 0.7%
営業利益 - 282 23,533 32,842 32,392 (1.4%) 17,517 18,211 4.0%
純利益 - (6,097) 19,970 31,113 31,637 1.7% 15,238 13,030 (14.5%)

資料:各社の決算発表資料
(注) 1. 「(  )」内の数値はマイナス値を表す。



PSA:2013年上半期は販売台数減少、営業赤字が続く

 PSAの2013年上半期の世界販売台数は、イランへのCKDキット輸出の取引中止や、欧州での需要低迷の影響から146万台と前年より9.8%の減少となった。市場別にみると、欧州市場は前年同期比で12.8%減少の85万5,000台。一方、中国では33%増の27万8,000台、中南米では19.7%増の14万6,000台となっている。なお、欧州域外での販売比率は、前年同期比で39%から41%に増加している。


 PSAの上半期の連結業績は、欧州市場不振による需要低迷、Aulnay工場のストなどの影響から、売上高が前年同期比3.8%減の277億1,000万ユーロ、営業赤字は前年より27.5%増の6,500万ユーロ、最終赤字は47.9%減の4億2,600万ユーロ。そのうち、自動車部門の売上高は前年同期比7.5%減の186億9,500万ユーロ、営業赤字は 5億1,000万ユーロとなった。

PSAの地域別世界販売台数

(1,000台)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年~
2012年
変化率
1-6月
2012年 2013年 変化率
欧州 2,231 2,159 2,195 2,063 1,758 (14.8%) 980 855 (12.8%)
ロシア 59 41 56 75 78 4.0% 41 32 (22.0%)
ラテンアメリカ 263 232 294 326 283 (13.2%) 122 146 19.7%
中国 179 272 376 404 442 9.4% 209 278 33.0%
その他 219 142 204 224 259 15.6% 124 149 20.2%
完成車合計 2,952 2,845 3,125 3,092 2,820 (8.8%) 1,476 1,460 (1.1%)
Total CKD 309 342 477 458 145 (68.3%) 143 - -
世界販売 3,260 3,188 3,602 3,549 2,965 (16.5%) 1,619 1,460 (9.8%)

資料:PSA Full Year Results、Half Year Results
(注) 「(  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

PSAの連結業績

(100万ユーロ)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年~
2012年差
1-6月
2012年 2013年 変化率
Sales 54,356 48,417 56,061 59,912 55,446 (7.5%) 28,809 27,710 (3.8%)
内自動車部門 41,643 38,265 41,405 42,710 38,299 (10.3%) 20,203 18,695 (7.5%)
Recurring operating income 550 (689) 1,796 1,315 (576) (51) (65) 27.5%
内自動車部門 (225) (1,257) 621 (92) (1,504) 16.3倍 (657) (510) (22.4%)
Net Profit (363) (1,161) 1,134 588 (5,010) (818) (426) (47.9%)
資料:PSA Full Year Results、Half Year Results
(注) 1. PSAは自動車部門の他に、部品サプライヤーFaurecia、金融部門を抱える。
2. 2012年12月にGefcoの株式の75%を売却。2012年の数値は部内ごと売却の対象となっていたGefcoを含まない。
3. 2011年の、Gefcoを含まないSalesは 585億900万ユーロ、Recurring operating incomeは10億9,300万ユーロ、Net Profitは5億8,800万ユーロ。
4. (  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

PSAの主要な動向

欧州市場 ・EMP2(Efficient Modular Platform)プラットフォームを導入し、共通コンポーネントを用いてコスト削減を狙う。欧州では2013年よりEMP2を使用したモデルを投入。
・各ブランドの上級セグメント移行と、ブランド・アイデンティティーの明確化/差別化により収益改善を図る。
・欧州市場以外での販売比率を2015年までに50%、2020年までに3分の2にまで引き上げるとしている。2011年の欧州域外販売比率は33%、2012年は38%、2013年上半期は41%。

・2013年に50万台販売を目指す。
神龍汽車 ・武漢第3工場を2013年7月に稼働。
・Peugeot 301、Citroen C-Elyseeを下半期に発売予定。
長安PSA ・2013年下半期にDS5の現地生産開始。
・2013年末までに40都市で、合計84拠点を設け、販売ネットワークを整備する。
ラテンアメリカ ・ブラジルで2012年~2015年の間に、年間2.4億ユーロを投資。2015年の生産能力は完成車30万台を目指す。

 

 



Renault:2013年上半期販売は前年比1.9%減少、純利益はかろうじて黒字

 Renaultの2013年上半期の世界販売台数は、前年同期比1.9%減少の130万3,000台となった。Europe市場の販売減をEuromed-Africaなどの販売増で補えなかった。ブランド別に見ると、Daciaブランドのみ前年同期比で15.9%増の21万1,000台となったが、Renaultブランド、Renault-Samsungブランドはそれぞれ4.6%減の106万2,000台と、12.1%減の2万9,000台に落ち込んだ。

 2013年上半期の連結業績を見ると、売上高が前年同期比0.9%減の204億4,100万ユーロで、営業利益は、新車投入効果や、「MONOZUKURI」施策などのコスト低減効果により、14.8%増の5億8,300万ユーロとなった。純利益はイランへの引当金を計上したため、前年同期比87.5%減の9,700万ユーロと大幅減で、日産などの関連会社の持分法利益を除外すると、純利益は、2012年上半期の1億5,500万ユーロの黒字から6億5,200万ユーロの赤字へ転落している。

Renault のブランド別/地域別世界販売台数

(1,000台)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年~
2012年
変化率
1-6月
2012年 2013年 変化率
Renault 2,019 1,861 2,116 2,261 2,125 (6.0%) 1,113 1,062 (4.6%)
Dacia 258 311 350 343 360 4.9% 182 211 15.9%
Renault-Samsung 104 136 162 118 66 (44.1%) 33 29 (12.1%)
Worldwide 2,382 2,309 2,627 2,723 2,550 (6.4%) 1,328 1,303 (1.9%)
Europe 1,508 1,530 1,644 1,550 1,271 (18.0%) 708 657 (7.2%)
Eurasia 130 80 106 171 208 21.6% 104 114 9.6%
Americas 255 228 317 397 451 13.6% 215 210 (2.3%)
Euromed-Africa 489 471 560 346 361 4.3% 184 197 7.1%
Asia-Pacific 259 260 0.4% 117 125 6.8%
資料:Renault earnings report 各年版
(注) 1. Lada ブランドは含まない。
2. Europe は西欧+中欧。Euromed は、東欧 (ルーマニア, ブルガリア等), トルコ, 北アフリカ。Eurasia はロシアと CIS諸国。Asia-Africa はオセアニア・中近東を含む。
3. Renaultは2007年~2011年にかけてはAsia-AfricaとEuromedと地域を分類していたが、2012年に変更。2011年の地域別販売データは2012年のRenault earnings reportより。
4. (  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

Renaultの連結業績

(100万ユーロ)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年~
2012年
変化率
1-6月
2012年 2013年 変化率
Revenues 37,791 33,712 38,971 42,628 41,270 (3.2%) 20,622 20,441 (0.9%)
Operating margin 326 (396) 1,099 1,091 729 (33.2%) 508 583 14.8%
Net Income 599 (3,068) 3,490 2,139 1,735 0.0% 774 97 (87.5%)
資料:Renault earnings report 各年版
(注) 1. 2013年7月発表の2012年の数値はIFRS11と改正IAS19の会計処理を適用したため、当初発表の数値とは異なる。当初発表値は以下の通り:Revenues: 20,935、Operating margin: 482、Net Income:786。
2. (  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

Renaultの2013年の戦略

域外市場戦略 ・域外市場の販売比率を高めていく。
・ロシア、ブラジル、インドでの成長を見込む。
・韓国Renault Samsungの経営立て直し計画の実施。
・中国国内での販売と現地生産体制の整備。
欧州市場戦略 ・新モデル投入でシェアの拡大を目指す。
・コスト削減、効率化を実施して利益を高めていく。
・リストラ、生産体制再編による生産競争力の強化を図る。

 

 



Fiat-Chrysler:販売台数は前年同期比2.4%増、業績の通年見通しは当初目標を維持

 Fiat-Chryslerの世界販売台数は217.2万台と前年比2.4%増となった。地域別にみると北米では、Dodge DartやRamブランドが好調で、前年同期比1.3%増の108.2万台。南米ではSienaやGrand Sienaなどのモデル販売好調や、自動車に対する工業製品税(IPI)の減免策が2013年末まで延長された影響などから10.7%増の48.8万台。一方、欧州/その他地域では市場不振の影響から、前年比5.2%減の53.2万台に留まった。


 Fiat-Chryslerの2013年上半期の売上高は、欧州以外の市場では前年同期比でほぼ同水準か微増となり、0.8%増の420億8,200万ユーロとなった。一方、営業利益は、開発・生産費用の増加により6.0%減の16億4,700万ユーロ、純利益は12.4%減の7億1,500万ユーロとなった。


 Fiat-Chryslerは2013年の見通しについて、当初の目標を維持し、グループ全体の売上高を880億~920億ユーロ、営業利益を40億~45億ユーロ、純利益を12億~15億ユーロとしている。

Fiat-Chrysler地域別世界販売台数

(1000台)
2011年 2012年 2011年~
2012年
変化率
2013年
計画
1-6月
2012年 2013年 変化率
欧州/その他 1,180 1,012 (14.2%) ~1,000 561 532 (5.2%)
北米 1,783 2,115 18.6% ~2,200 1,068 1,082 1.3%
南米 929 979 5.4% ~1,000 441 488 10.7%
アジア/太平洋 74 103 39.2% ~200 51 70 37.3%
合計 3,966 4,209 6.1% ~4,400 2,121 2,172 2.4%
資料:Fiat Annual Report各年版、Half Year Report各年版
(注) 1. 2011年の販売台数にはChrysler社の1月からの販売台数が含まれる。
2. (  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

Fiat-Chryslerの連結業績

(100万ユーロ)
2009年 2010年 2011年 2012年 変化率 2013年
(目標)
(Chrysler

含まない)
(Chrysler
を含む)
(Chrysler

含まない)
(Chrysler
を含む)
(Chrysler

含まない)
(Chrysler
を含む)
Net revenues 32,684 35,880 37,382 59,559 35,566 83,957 (4.9%) 41.0% 88,000~92,000
Trading profit 736 1,112 1,047 2,392 355 3,814 (66.1%) 59.4% 4,000~4,500
Trading margin 2.3% 3.1% 2.8% 4.0% 1.0% 4.5% (1.8%pt) 0.5%pt
Profit/loss for the year (345) 222 1,006 1,651 (621) 1,411 (14.5%) 1,200~1,500

 

1-6月
(Chryslerを含まない) (Chryslerを含む)
2012年 2013年 変化率 2012年 2013年 変化率
Net revenues 17,925 17,961 0.2% 41,745 42,082 0.8%
Trading profit 128 150 17.2% 1,753 1,647 (6.0%)
Trading margin 0.7% 0.8% 0.1%pt 4.2% 3.9% (0.3%pt)
Profit/loss for the period (313) (293) (6.4%) 816 715 (12.4%)
資料:Fiat Annual Report各年版、Half Year Report各年版
(注) 1. (  )」内の数値はマイナス値を表す。
2. Chryslerの業績は2011年6月分から含まれる。

 

Fiat Groupの方針

ブランド方針 ・Fiat:500とPandaを主力とし、今後の製品をその派生とする。
・Maserati: 製品ラインアップを充実させ、5万~15万ユーロの幅広い価格帯で提供する。
・Alfa Romeo:北米/欧州市場での展開に焦点を当てつつ、成長の見込みが大きいアジア・太平洋市場にも注力する。また、他プレミアムブランドと競える価格に設定にする。
・Jeepブランドを見直し、インド・欧州などの国際市場に合わせた製品を投入する。
各市場の方針 ・欧州市場:生産能力の15%を国際市場向けモデルの生産に割り当てるなど、工場稼働率の向上を図りつつ、2016年に生産台数200万台を目指す(2012年の実績:125万台)
・北米市場:新モデルとモデルチェンジ合計50車種を、2016年までに発表する。
・南米市場:商品のラインアップを充実し、同時に収益率を高く保つ。
・アジア・太平洋市場:中国・インドでの販売ネットワークを充実、整備する。
Chryslerの
株式追加取得
 FiatはChrysler株の残り41.5%をVEBA(全米自動車労組の退職者医療基金)より取得し、完全に経営統合して、競争力を高める狙い。2013年7月末には、デラウェア州の裁判所にFiatの要請を退けられたため、経営統合が遅れる可能性があると報じられている。

 

 



VWグループ:2013年は前年に続き、販売台数、売上高の記録更新を目指す

 2013年上半期のVWグループ販売台数は、中国市場が好調で、前年同期比5.4%増の479.8万台に増加し、過去最高記録を更新した。VWブランドは前年同期比4.4%増、Audiブランドは前年同期比6.4%増となった。一方、Skodaブランドのみ、信用不安により新車販売が伸びなかったため、前年より5.7%減少した。


 2013年上半期の業績は、売上高が前年同期比3.5%増の986億8,700万ユーロ、営業利益が11.6%減の57億8,000万ユーロ、税引き後利益が45.8%減の47億9,300万ユーロになった。VWグループは営業利益の減少について、欧州市場不振が乗用車部門に影響したとしている。


 VWグループは、2013年通年の販売台数と売上高について2012年を超えるとしている。また営業利益については競合激化の影響を受けるが、2012年と同水準を見込む。

VW地域別/ブランド別販売台数

(1,000台)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年~
2012年
変化率
2012年
1-6月
2013年
1-6月
変化率
VW ブランド 3,668 3,954 4,503 5,091 5,738 12.7% 2,787 2,911 4.4%
Audi ブランド 1,003 950 1,092 1,304 1,457 11.7% 733 780 6.4%
Skoda ブランド 675 684 763 879 939 6.8% 493 465 (5.7%)
SEAT ブランド 368 337 340 350 321 (8.3%) 163 182 11.7%
その他ブランド 10 6 6 8 70 8.8倍 5 87 17.5倍
商用車 502 362 436 529 550 4.0% 270 271 0.4%
Scania 31 43 64 80 67 (16.3%) 32 38 18.8%
MAN - - - 25 134 5.4倍 68 65 (4.4%)
世界販売 6,257 6,336 7,203 8,265 9,276 12.2% 4,552 4,798 5.4%
西欧 2,989 2,918 2,903 3,168 3,092 (2.4%) 1,647 1,586 (3.7%)
中東欧 560 385 430 563 672 19.4% 336 326 (3.0%)
北米 503 468 550 668 843 26.2% 391 439 12.3%
南米 803 826 908 963 1,082 12.4% 505 493 (2.4%)
アジア/大洋州 148 150 221 316 365 15.5% 181 185 2.2%
中国 1,024 1,401 1,925 2,260 2,815 24.6% 1,302 1,544 18.6%
その他地域 228 189 268 327 407 24.5% 190 225 18.4%
資料:VW Annual Report 各年版、Half year report 2012, 2013
(注) 1. その他ブランドは Bentley, Lamborghini, Bugatti, Porsche。"商用車" はすべて VW ブランドで、MAN、Scania を含まない。
2. MANの台数を2011年11月9日分から含む。
3. Porscheの台数は2012年8月分から、「その他」に含む。
4. (  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

VWグループの連結業績

(100万ユーロ)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年~
2012年
変化率
2012年
1-6月
2013年
1-6月
変化率
Sales Revenue 113,808 105,187 126,875 159,337 192,676 20.9% 95,378 98,687 3.5%
Operating Profit 6,333 1,855 7,141 11,271 11,510 2.1% 6,540 5,780 (11.6%)
Profit before tax 6,608 1,261 8,994 18,926 25,492 34.7% 10,090 6,620 (34.4%)
Profit after tax 4,688 911 7,226 15,799 21,884 38.5% 8,847 4,793 (45.8%)
資料:VW Annual Report 各年版 Half year report 2012, 2013
(注) 1. Revenue と Profit には、Financial Service 部門を含む。
2. Porscheを2012年8月1日から、MANを2011年11月から連結。
3. 2012年 1-6月のProfit before taxには、Porscheの株式に関するプット/コールオプションの再評価などによる特別利益を含む
4. (  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

VWグループの2013年計画

2013年計画  ・2013年から2015年にかけて、自動車部門に502億ユーロを投資する。設備に392億ユーロを投入し、ドイツ国内単独でその60%を投資する。また3年間で合計145億ユーロを、Audiのメキシコでの生産やPorsche生産工場の拡張などに投資する。
・モジュラー・プラットフォーム戦略でさらなるコスト削減を進め、各ブランドが様々な新モデルを展開する。
・中国では上記の502億ユーロとは別に、新モデル開発と設備投資に、各合弁会社の自己資金から総額98億ユーロを投入する。

 

 



BMW:2013年は新モデル展開で販売台数記録更新を見込む

 BMWの2013年上半期の世界販売台数は、前年同期比の6.0%増の95万4,521台となった。BMW X1、3-、5-、6-、7-Seriesの好評により、販売台数が増加したとしている。ブランド別にみると、BMWブランドは7.7%増の80万4,248台、MINIブランドは2.0%減の14万8,798台、Rolls-Royceは7.8%減の1,475台となった。市場別でみると、ドイツ市場が前年同期比の6.1%減の13万3,454台の一方、英国市場は11.3%増の9万4439台、米国市場は17万3,156台と前年同期比で9.1%増。中国市場が15.0%増の18万3,208台となった。


 連結業績を見ると、2013年上半期の売上高は、前年同期比で1.1%減の370億9,800万ユーロ。低下の要因は競争激化とリース販売の増加による。EBITは新技術への投資や欧州の自動車市場低迷の結果、6.7%減の41億700万ユーロ。税引き前利益は0.5%減の40億3,500万ユーロと前年同期とほぼ同水準。純利益は2.9%増加の27億400万ユーロとなった。

BMW のブランド別/地域別世界販売台数

(台)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年~
2012年
変化率
1-6月
2012年 2013年 変化率
BMW 1,202,239 1,068,770 1,224,280 1,380,384 1,540,085 11.6% 747,064 804,248 7.7%
MINI 232,425 216,538 234,175 285,060 301,526 5.8% 151,875 148,798 (2.0%)
Rolls-Royce 1,212 1,002 2,711 3,538 3,575 1.0% 1,600 1,475 (7.8%)
Total 1,435,876 1,286,310 1,461,166 1,668,982 1,845,186 10.6% 900,539 954,521 6.0%
Germany 280,900 267,500 267,200 285,300 287,400 0.7% 142,158 133,454 (6.1%)
United Kingdom 151,500 137,100 154,800 167,500 174,500 4.2% 84,870 94,439 11.3%
Rest of Europe 432,200 357,300 369,200 405,600 403,500 (0.5%) 210,310 208,816 (0.7%)
Americas 355,400 294,200 329,700 380,300 425,300 11.8% 195,020 213,867 9.7%
内USA 303,600 242,100 266,600 306,300 348,500 11.6% 158,691 173,156 9.1%
Asia 165,700 183,200 286,300 375,500 493,400 31.4% 238,731 272,943 14.3%
内China 65,900 90,600 183,328 233,630 327,300 40.1% 159,358 183,208 15.0%
Others 50,200 47,000 54,000 54,800 61,100 11.5% 29,450 31,002 5.3%

資料:Annual Report 各年版、Half Year Report 2012, 2013
注1. 「(  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

BMWの連結業績

(100万ユーロ)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年~
2012年
変化率
1-6月
2012年 2013年 変化率
生産台数 (台) 1,439,918 1,258,417 1,461,253 1,738,160 1,861,826 7.1% 912,653 1,002,094 9.8%
売上高 53,197 50,681 60,477 68,821 76,848 11.7% 37,495 37,098 (1.1%)
EBIT 921 289 5,111 8,018 8,300 3.5% 4,401 4,107 (6.7%)
税前利益 351 413 4,836 7,383 7,819 5.9% 4,056 4,035 (0.5%)
純利益 330 210 3,224 4,907 5,122 4.4% 2,629 2,704 2.9%

資料:Annual Report 各年版、Half Year Report 2012, 2013
注1. 「(  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

BMWの目標と動向

BMWの目標 ・2013~2014年の間に25モデルを投入し、その内10車両は新規モデル。
・2020年には、2005年と比較して、モデルラインアップが3倍に増加する。
・2014年に、BMW初のFWD、BMW Active Tourerを市場に投入する。
・MINIとBMW に、モジュール化した3、4気筒のガソリン/ディーゼルエンジンを導入し、規模の経済によるコスト削減を図る。
2013年のモデル投入 ・BMW 3 series、5 series、4 seriesやMINI Paceman、Rolls-Royce Wraith等、2013年は合計14モデルを投入する。

 

 



Daimler:2013年上半期は販売台数記録を更新、通年でも更新を目指す

 Daimlerの乗用車部門、Mercedes-Benz Carsの上半期の販売台数は、前年同期比5.3%増の74万6,222台となった。市場別に見ると、西欧市場が前年同期比0.7%増の32万7,938台に留まったものの、米国市場が7.8%増の14万4,474台、アジア市場が5.8%増の17万1,845台、その他市場が17.7%増の10万1,965台となり好調。西欧市場の内、ドイツ市場は前年同期比3.2%減の14万904台となった。Daimlerは販売増加について、新型A-ClassやCLA-Classなどのモデル投入で販売台数が増加したとしている。


 Daimlerの2013年上半期の業績を見ると、売上高が557億9,400万ユーロと前年同期比より0.2%の微減、EBITが41.1%増の61億5,900万ユーロ、純利益が72.1%増の51億4,700万ユーロとなった。EBITと純利益の大幅増はEADS株の再評価益と、2013年4月の売却益による31億9,400万ユーロが加算され、増益の要因となった。(EADS株式売却を除いた2013年上半期のEBITは29億6,500万ユーロ。)


 Daimlerは下半期について引き続き、フラッグシップモデルである新型S-Classなどの新車投入効果と合理化によるコスト削減効果を見込み、上半期と比較して大幅に改善するとしている。

Mercedes-Benz Cars の地域別販売台数 (卸売台数)

(台)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年~
2012年
変化率
1-6月
2012年 2013年 変化率
西欧 733,233 623,489 635,798 625,168 631,423 1.0% 325,621 327,938 0.7%
内ドイツ 332,472 297,756 292,895 290,658 289,923 (0.3%) 145,579 140,904 (3.2%)
内ドイツを
除く西欧
400,761 325,733 342,903 334,510 341,500 2.1% 180,042 187,034 3.9%
米国 251,160 202,955 220,454 250,355 299,741 19.7% 134,056 144,474 7.8%
アジア 144,141 138,942 261,568 335,449 338,286 0.8% 162,402 171,845 5.8%
内中国 48,620 67,451 159,974 223,059 208,494 (6.5%) 102,204 106,455 4.2%
その他 144,479 128,519 159,007 170,444 182,119 6.8% 86,608 101,965 17.7%
合計 1,273,013 1,093,905 1,276,827 1,381,416 1,451,569 5.1% 708,687 746,222 5.3%

資料:Daimler Annual Report 各年版、Half Year Report 2012, 2013
注1. 「(  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

Daimlerグループの連結業績

(100万ユーロ)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年~
2012年
変化率
1-6月
2012年 2013年 変化率
生産台数 (1,000台) 2,150 1,456 1,941 2,137 2,195 2.7% 1,100 1,177 7.0%
販売台数
(1,000台)
乗用車 1,273 1,094 1,277 1,381 1,452 5.1% 709 746 5.2%
商用車 800 457 619 730 746 2.2% 364 361 (0.8%)
Total 2,073 1,551 1,895 2,111 2,198 4.1% 1,072 1,107 3.3%
売上高 乗用車 47,772 41,318 53,426 57,410 61,660 7.4% 30,301 30,434 0.4%
商用車 42,859 28,813 36,394 42,348 44,388 4.8% 21,766 21,094 (3.1%)
Total 98,469 78,924 97,761 106,540 114,297 7.3% 55,895 55,794 (0.2%)
EBIT 乗用車 2,117 (500) 4,656 5,192 4,389 (15.5%) 2,567 1,501 (41.5%)
商用車 368 (792) 1,998 2,873 2,023 (29.6%) 1,103 831 (24.7%)
Total 2,730 (1,513) 7,274 8,755 8,615 (1.6%) 4,366 6,159 41.1%
Net profit 1,414 (2,644) 4,674 6,029 6,495 7.7% 2,990 5,147 72.1%
資料:Daimler Annual Report 各年版、Half Year Report 2012, 2013
(注) 1. 乗用車は Mercedes-Benz Cars 部門、商用車は Daimler Trucks、Mercedes-Benz Vans、Daimler Busesの合計。生産台数は両部門合計。
2. 売上高 と EBIT (Earnings Before Interest and Taxes)の Total には Financial Services 部門を含む。
3. (  )」内の数値はマイナス値を表す。
4. 2013年上半期のEBITの合計とNet profitは、EADS株の再評価益と2013年4月の売却益による31億9,400万ユーロが含まれる。

 

Daimlerグループの2013年の見通し

2013年の見通し ・2013年の乗用車販売は、前年の販売台数を上回り、販売台数の記録を更新すると予測している。
・Mercedes-Benz Cars部門については、A-classやB-class等の新型コンパクトモデルや、SUV、またCLA-class、新型E-Class、新型S-Classなどの主要モデルの投入が販売台数増加に貢献するとしている。
・Mercedes-Benz Vans部門については、新型Citan city vanや新型Sprinterが貢献し、販売台数が増加するとしている。また、ロシア市場ではSprinter Classicが投入される。
・Daimler Trucksでは2013年は前年より販売台数が微増するとしている。また、主要市場でのシェア拡大を見込む。
・Daimler Busesでは新型Citaro、Setra 500が販売台数増加に貢献するとしている。・主要市場でシェア首位を維持すると予測している。
・売上高については、新興国や北米市場で成長を見込み、2013年は前年を上回るとしている。EBITについてはEADS株式を全て売却したことから、持分利益が発生しないため、2013年通年は前年よりも低くなるとしている。

 

 



LMC Automotive 生産予測:独Light Vehicle生産は2014年で底を打ち、2015年から回復へ

(LMC Automotive社、2013年7月)

ドイツ内のLight Vehicle生産台数 LMC Automotive社の2013年7月の予測によると、ドイツの2013年のLight Vehicle生産は前年比4.2%減の537万台になると予測している。2016年までには2013年と比較してMercedes-Benzが1.7%、Opelが1.6%、Audiが減少の一方、VWとBMWがそれぞれ1.6%と0.7%増加すると予測している。

 LMC Automotive社はドイツの乗用車生産について、設備稼働率は80%以上を保つとコメントしている。一方、ヨーロッパについて「需要は復活するが、一部OEMの設備稼働率は著しく低くなり、適正な規模への縮小が見込まれる。稼働率が低く、頼れる提携相手がないOEMは苦しい状況に置かれる。」としている。






LMC社による、ドイツのLight Vehicle生産予測

GLOBAL MAKE (ブランド) 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
Grand Total 5,611,893 6,024,825 5,612,839 5,374,937 5,095,369 5,233,049 5,253,872
BMW 941,304 1,005,259 1,044,008 1,073,157 1,077,589 1,097,738 1,108,232
Ford 741,803 731,114 692,345 603,871 578,618 582,191 575,134
Mercedes-Benz 1,108,252 1,155,421 1,089,386 1,054,277 964,842 916,082 965,942
Multicar 1,273 1,322 1,381 1,372 1,393 1,372 1,362
Opel 464,445 442,040 387,525 313,918 262,416 243,651 228,628
Volkswagen
Group
Audi 875,468 1,017,155 814,854 821,634 719,390 754,963 757,976
Porsche 89,144 125,005 149,889 150,873 174,121 172,738 176,853
Volkswagen 1,390,204 1,547,509 1,433,451 1,355,835 1,317,000 1,464,314 1,439,745
Volkswagen Group Total 2,354,816 2,689,669 2,398,194 2,328,342 2,210,511 2,392,015 2,374,574
Source: LMC Automotive, Global Automotive Production Forecast, July 2013
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要となります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>