BMW:4年前倒しで、2016年に世界販売200万台を目指す

BMW/MINI共用のFFプラットフォームを開発、米・中国で生産能力増強

2012/12/14

要 約

BMW Groupの世界販売

BMW Groupの主要国別販売比率

 BMWは2012年3月に発表した中期目標で、2016年に世界販売200万台を目指すと発表した。従来は2020年に200万台販売という目標を掲げていたので、計画を4年前倒しすることになる。

 BMWの2011年世界販売は過去最高の167万台、2012年通年も過去最高を更新する見込みである。

 販売拡大に寄与しているのが幅広いラインアップの整備で、2012年には最量販モデルの新型3 Series のセダンとワゴン、BMWブランド初の4ドアクーペである6 Series Gran Coupeを発売。2013年には3 Series Coupe/Convertibleの後継車である4 Series Coupe/Convertible、MINIブランドの7つ目のモデルPacemanを投入する。

 200万台販売を達成するためのBMWの方策の一つに、成長が見込まれるプレミアムコンパクトセグメントへの積極的なモデル投入がある。BMWは新開発の前輪駆動用プラットフォームをBMW/MINIの多数モデルに採用し、同セグメントでの競争力を高める方針。また、MINIブランド車の販売拡大も必要で、英国工場の能力増強やオランダのNedCarへの生産委託など生産体制を拡充する。

 地域別では、債務危機等の影響で販売不振の欧州に対し、米国と中国では販売が好調で、2012年1-9月の国別販売比率では中国・米国 (各18%) がドイツ (16%) を上回った。BMWは米国と中国で生産能力を増強し、さらなる販売拡大を図る。また、ブラジルに工場を新設するなど、他の新興国市場でも生産体制を整備する。

 環境対応では、2020年までに95g/kmとする欧州でのCO2排出量規制を達成するため (BMW Groupの現在の平均値は145g/km)、同年までにGroupの排出量を1995年時の半分にするとしている。2013年末には、BMWの電動車両専用サブブランドi の第1号であるコンパクトEV i3 を、2014年初めにはPHVスポーツカー i8を投入する。また、2012年にはトヨタと環境技術に関して協力関係構築の覚書に調印し、リチウムイオン電池、燃料電池車、電動化技術等について共同研究する。

 2012年1-9月の売上高は11.6%増の563.1億Euroで、同期としては過去最高。EBIT (金利・税引前利益) も過去最高で、0.8%増の64億Euro。純利益は2.8%減の39億Euroとなった。2012年通年では、売上高・利益とも前年を超える見込み (2012年9月発表)。

関連レポート:欧州の新型車装備 (1):BMW (2012年9月), 北京モーターショー2012 (4):BMW (2012年6月)



モデル計画:2014年以降に新開発のFFプラットフォームを採用するBMW/MINIモデルを投入

BMW Group:新型車投入 (2012年 2月~2014年)

新型 3 Series Sedan 2012年 2月  3 Series Sedan の 6代目。旧型より全長は93mm長く、スポーティなスタイル。直噴ターボエンジン (2L 直4/3L 直6ガソリンまたは 2L 直4ディーゼル) と 6速MT (オプションで 8速AT) を設定。
ActiveHybrid 5 2012年 3月  5 Seriesのハイブリッドモデル。7 Series, X6 に続く BMW の HV第 3弾。3.0L 直6ターボエンジン(225kW/306ps)、電気モーター(40kW/55ps)、リチウムイオンバッテリー、8速ATを搭載。合計出力は250kW/340ps。EV走行での最高速度は60km/h。燃費は欧州テストサイクルで6.4L/100km。
MINI Roadster 2012年 3月  2シーターのオープンカー。MINI Coupeのオープンバージョンで、MINI ブランドの 6つ目のモデル。
6 Series Gran Coupe 2012年 6月  Coupe, Convertibleに続く6 Seriesの新たな派生車。BMWブランド初の4ドア Coupe。2ドアCoupeよりホイールベースが115mm拡大され、後席の快適性が増大。優雅なスタイリングと高いスポーツ性を併せ持つ。
ActiveHybrid 3 2012年 9月  3 Seriesのハイブリッドモデル。 3.0L 直6ターボエンジン(225kW/306ps)、電気モーター(40kW/55ps)、リチウムイオンバッテリー、8速ATを搭載。合計出力は250kW/340ps。EV走行での最高速度は75km/hで、4kmまで走行可能。燃費は欧州テストサイクルで5.9L/100km。
新型 3 Series Touring 2012年 9月  新型 3 Seriesのワゴンモデル。米国でも 2013年春に 3 Series Sports Wagon名で投入する。旧モデルより全長を97mm伸張し、荷室容量は35L増の495L。直噴ターボエンジン (2L 直4ガソリンまたは2L 直4/3L 直6ディーゼル)と 6速MT/8速AT を設定。
MINI Clubvan 2012年秋  MINI のワゴンタイプ Clubman のプラットフォームをベースとする商用バン。BMW傘下になってからのMINIでは、初の商用車。
MINI Paceman 2013年 3月  MINI ブランドの7つ目のモデル。MINIのクロスオーバー Countryman をベースとする2ドアクーペ。2012年9月のパリ・モーターショーに量産モデルを出展。
4 Series Coupe/
Convertible
2013年
夏以降
 3 Series Coupe/Convertible の後継車。3 Seriesの名を維持するsedan と station wagonに対し、よりスポーティで価格が高い Coupe, Convertible, X4 は4 Seriesを名乗る。これは 5 Series と 6 Series の関係と同様。
3 Series Gran Turismo
または GT
2013年  3 Seriesの5ドアハッチバック。5 SeriesのGran Turismoと同様のスタイル。
新型 X5 2013年  モデルチェンジを機に若干大型化されるが、従来と同様に3列目は設置しない見込み。
i3 2013年末  BMWのサブブランド i の第1号モデル。4人乗りのコンパクトEV。
i8 2014年初  BMWのサブブランド i の第2号モデル。PHVスポーツカー。
X4 2014年  SUVの新モデル。X6と同様、低いルーフラインのクーペスタイルにする見込み。

 

新開発の前輪駆動用プラットフォームを最大12モデルに採用
FWDプラットフォーム  BMWは、新開発の前輪駆動用 (FWD) プラットフォームを、BMW/MINI の最大12モデルに採用する計画 (2012年10月報道)。2014年に投入予定の新型 MINI Cooper、同時期に新投入するBMWブランド初の前輪駆動車、2018年に投入予定のBMW 1 Seriesにも採用する模様。
 BMW は、プレミアムコンパクトセグメントを最も急速に成長する分野 (年5%以上) と見込み、同セグメントに投入するモデルにFWDプラットフォームを採用する方針。これらは、Mercedes-BenzのA/B-ClassやAudi A3と競合すると見られる。
Concept Active
Tourer
 新開発のFWDプラットフォームを採用した初めてのコンセプトモデル。2012年9月開催のパリ・モーターショーに出展した。同プラットフォームと横置きの小型エンジンの採用により、広い車室スペースを確保。PHVのコンセプトカーで、フロントに搭載した新開発の1.5L 直噴3気筒ターボエンジンが前輪を駆動、電気モーターが後輪を駆動する。リチウムイオン電池を搭載し、家庭用の220Vコンセントで充電が可能。

 

 



地域別販売台数:北米・アジアが増加、欧州は前年並み

 2012年1-9月の地域別販売台数を見ると、欧州では、南欧の不振を他の地域が補い、0.8%増の64.0万台。ドイツは非常に好調だった2011年に近いレベルを達成 (1.2%減の20.7万台)。英国は好調で、3.4%増の13.3万台となった。北米では米国を中心として販売拡大が続き、7.4%増の26.4万台。アジアは、中国で現地生産のX1や3 Seriesのロングバージョンの堅調な伸びにより好調が続いており、27.1%増の35.9万台に拡大した。

BMW Group の地域別販売台数

(1,000台)
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2011年
1-9月
2012年
1-9月
欧州合計 814.4 898.3 864.6 761.9 791.3 858.4 635.4 640.2
ドイツ 285.3 280.9 280.9 267.5 267.2 285.3 209.8 207.2
UK 154.1 173.8 151.5 137.1 154.8 167.5 128.4 132.7
その他欧州 375.0 443.6 432.2 357.3 369.3 405.7 297.2 300.3
北米 337.4 364.0 331.8 271.0 298.3 341.3 245.9 264.2
米国 313.9 336.2 303.6 242.1 266.6 306.3 220.0 235.5
アジア 142.2 159.5 165.7 183.1 286.3 375.5 282.5 359.1
中国 44.8 61.2 75.5 99.0 183.3 233.6 178.2 237.7
その他の地域 80.0 78.9 73.8 70.3 85.3 93.7 68.8 72.0
合計 1,374.0 1,500.7 1,435.9 1,286.3 1,461.2 1,669.0 1,232.6 1,335.5

資料:BMW Annual Report 2011, BMW Quarterly Report 3Q 2012

 



生産体制: MINIブランド車の生産能力拡充、ブラジルに新工場を建設

BMW Group の主要完成車工場

生産モデルと最近動向 生産台数 (1,000台)
2009年 2010年 2011年
ドイツ Dingolfing 7 Series, 6 Series, 5 Series, M5, M6 のほか、Rolls- Royce のボディを生産。世界への部品供給基地。2012年1月からActiveHybrid 5 も生産する。サブブランド i のエンジンや駆動部品の生産も準備中。 194.7 287.4 343.2
Regensburg 1 Series, 3 Series (Sedan, Coupe, Convertible), M3, Z4, 四輪駆動車を生産。1 Series と 3 Series の chassis 部品も供給。3億Euroを投資して設備を更新し、2011年10月から新型3 Seriesの生産を開始した。 250.5 244.0 260.0
Munich 3 Series の Sedan と Touring、4/6/8/12気筒エンジンを生産。2011年10月に新型 3 Seriesの生産を開始。同年に2億500万Euroを投じて新型4気筒ガソリンエンジンの生産も開始した。2012年秋にActiveHybrid 3の生産を開始。 203.9 205.7 172.9
Leipzig 1 Series (3ドア車, Convertible, Coupe, M Coupe), X1 を生産。試験走行用のActiveE 1,100台も生産した。BMW i ブランド車を生産するため、2013年までに4億Euroを投じて工場を拡張する。 143.5 186.8 199.2
英国 Oxford MINI ブランド車 (MINI Countryman以外) を生産。2011年 にCoupe、2012年にRoadsterの生産を開始。 213.7 216.3 191.5
Goodwood Rolls-Royce Phantom と Ghost を生産。Rolls-Royce車に対する需要拡大に応じ、工場面積を拡張する計画。 0.9 3.2 3.7
米国 Spartanburg X3, X5, X6 を生産。2011年8月から週6日操業に移行し、年産能力は30万台に拡大。 123.0 159.3 276.1
南アフリカ Rosslyn 新型 3 Series Sedan と、3 Series の部品を生産。生産車の85%を米国、日本、豪州等に輸出する。 46.2 49.0 53.2
中国 Shenyang 1 華晨汽車 (Brilliance China Automotive Holdings Ltd.) との合弁。第1工場(Dadong)では 5 Seriesのロングバージョンを生産。年産能力は10万台。 36.0 55.6 98.2
Shenyang 2 2012年 5月開設。X1と新型3 Series Sedan(標準モデルとロングバージョン)を生産。当初の年産能力は10万台。 - - -
オーストリア 委託生産 MINI Countryman, Paceman の生産を委託。 46.0 54.9 102.7
他の6カ国 CKD生産 タイ、マレーシア、ロシア、エジプト、インドネシア、インドでCKD生産を実施。インドとロシアで生産能力を増強。 - 19.1 37.5
合計 1,258.4 1,481.3 1,738.2

 

MINIブランド車の生産能力拡充
英国工場の
生産能力増強
 BMWは2011年6月、MINIブランド車を生産する英国の工場に、2014年までに 5億Euroを投資すると発表した。エンジン工場も含めたMINI生産工場の設備を更新する。
 さらにBMWは2012年7月、同工場に2015年までに総額2.5億ポンドを投資すると発表した。Oxford完成車工場、Hams Hall エンジン工場、Swindonボディパネル工場の生産能力を増強するほか、中期的にMINIのラインアップを現在の7車種から最大10車種に拡大する。3工場での新規雇用は5,500人となる見込み。
NedCarに
生産委託
 BMWは、三菱自動車が2012年末で生産を終了するオランダのVDL NedCarに、MINIブランド車の生産を委託する。両社は2012年10月に契約を締結し、NedCarは2014年半ばからオランダのBorn工場でMINIブランド車の生産を開始する。生産ラインの改修は2013年初めに開始する予定。

 

ブラジルに年産能力3万台の工場を建設
 BMWは2012年10月、南米初の完成車工場をブラジルに建設すると発表した。2億Euro余を投資し、同国南部Santa Catarina州Joinvilleに建設する計画。同国政府から認可が下り次第着工し、2014年稼働を目指す。年産能力は3万台程度で、1,000人以上 を雇用する計画。

 

 



米国では年産能力を35万台へ、中国では第2完成車工場とエンジン工場を建設

米国:Spartanburg工場の生産能力増強

年産能力を
35万台へ
 BMWは米国・サウスカロライナ州のSpartanburg工場に2014年までに9億ドルを追加投資し、年産能力を30万台から35万台に引き上げる計画 (2012年1月発表)。これに伴い、2012年末までに約300名を新規に雇用する (現在は7,000名)。世界的に需要が拡大しているBMW Xシリーズの増産と新型モデルX4の投入に備える。
生産モデルの
販売動向
 同工場の2011年生産台数は前年比 73%増の27.6万台。その70%以上の約19万台を世界130以上の市場に輸出した。主力モデル X3 の2011年世界販売台数は前年比 156%増の11.8万台、2012年1-9月は29%増の10.8万台と好調を続けている。

 

中国:華晨BMWが第2完成車工場とエンジン工場を建設

第2完成車工場  華晨汽車 (Brilliance China Automotive Holdings Ltd.) との合弁会社である華晨BMW (BMW Brilliance Automotive) は2012年 5月、第2完成車工場の稼働を開始した。Shenyang市 Tiexi に開設した第 2工場の年産能力は 10万台で、2013年末には 20万台に拡大する。第1工場 (Dadong) との合計年産能力は 30万台となるが、将来的には 40万台まで拡大可能。2009年からの中国への累積投資額は、華晨汽車と共同で 15億Euro にのぼる見込み。
第1エンジン
工場を稼動
 華晨BMWは2012年5月にエンジン工場の稼働も開始した。BMWが欧州以外の地域で開設した初のエンジン工場となる。2.0L 4気筒エンジンを年20万基生産する計画。2つの完成車工場の生産拡大に対応し、エンジンの生産能力を増強する。
第2エンジン
工場を建設
 華晨BMWは2012年8月に第2エンジン工場の建設計画を発表した。既存工場があるShenyangに建設し、2015年に稼動する計画。年産能力は20万基で、第1工場と合わせるとエンジンの年産能力は40万基に倍増する。
2012年販売
見通し
 BMWは2011年に中国で前年比37.7%増の23.4万台を販売。2012年1-11月も、現地生産を開始したSUVのX1と3 Series Sedan のロングバージョンの販売が好調で、販売台数は37.6%増の29.6万台。2012年通年も2桁増の過去最高となる見込み。

 

中国:上海にデザイン事務所とテレマティクス研究開発拠点を構築

デザイン事務所  BMWは2012年4月に上海に、傘下のデザイン事務所 DesignworksUSA の上海支部を開業した。車両をはじめ、広く工業品全般のデザイン業務に携わる。現地の人材を採用するほか、ロサンゼルス、ミュンヘン、シンガポールにある支部からもデザイナーを派遣する。
テレマティクス
研究開発拠点
 デザイン事務所と同時に、BMWのテレマティクスサービス ConnectedDrive の研究院も開設した。同サービスの研究施設は、ミュンヘンとカリフォルニア州Mountain View に続く3カ所目。BMWにとって重要性を増す中国市場で、車載インフォテインメント技術を開発する。

 

 



トヨタとの協業:ディーゼルエンジンの供給と環境技術の共同開発

 BMWは環境対応策として、EfficientDynamicsと呼ばれる低燃費・低排出エンジンの採用、サブブランド i で投入する電動車両の開発等を進めている。さらに、トヨタと協力して、次世代環境車、環境技術に関して共同研究を行う計画。トヨタとの協業により、開発コストを軽減するとともに開発スピードを向上させる。

BMWとトヨタ:ディーゼルエンジンと環境技術で協業

ディーゼル
エンジンの供給
 BMWは2011年12月、2014年からトヨタに欧州市場向けディーゼルエンジンを供給すると発表した。1.6/2.0Lクラスで、欧州で2014年から施行される排出ガス規制 Euro 6 に適合するエンジンを供給する。トヨタは同エンジンを、英国で生産する Auris とトルコで生産する Corolla に搭載するとされる。
リチウムイオン
電池の共同研究
 BMWとトヨタは2011年12月、次世代環境車、環境技術に関して中長期的に協力関係を構築する覚書に調印。2012年3月には、EV/HV/PHV用の次世代リチウムイオン電池を共同研究することで正式契約した。電池の主要部品である正極、負極、電解液に関し、研究作業を分担し、開発期間の短縮を図る。さらに、環境技術で協業可能なテーマを検討するとしている。
他の環境技術  さらに2012年6月、両社は燃料電池車、スポーツカー、電動化技術、軽量化技術についても長期的な戦略的協業関係構築を目指していく覚書に調印した。燃料電池車に関しては、まず、トヨタが2015年度に市場投入を目指して開発中の技術をBMWに提供し、その後、2020年度までに次世代システムを共同開発する計画。他の3分野については今後詳細を検討する。

 

BMWとPSA:ハイブリッド技術の共同開発は中止

 PSAは2012年9月に、GMとの資本・技術提携の締結に伴い、BMWとのハイブリッド技術の共同開発は中止すると表明した。PSAとBMWは2011年10月に折半出資合弁会社 BMW Peugeot Citroen Electrification (BPCE) を設立し、電動パワートレインおよびコンポーネントの開発・調達・生産を行うとして、既に開発業務に着手していた。BMWは2012年7月、PSAとの合弁事業を中止しても、BPCEでの開発業務は単独で続けると述べている。

資料:Automotive News 2012.9.24

 



販売台数:2012年通年では過去最高の167万台を超える見通し

 BMW Groupの2012年1-11月世界販売は、債務危機など不安定な市場環境にもかかわらず、前年同期比10.1%増の166.4万台。2011年通年の販売台数とほぼ並び、2012年通年の販売台数が過去最高となるのは確実である。

 ブランド別では、BMWが10.9%増の125.2万台、MINIが6.7%増の27.3万台で、いずれも過去最高。Rolls-Royceは0.7%減の3,041台。

 2012年1-9月のモデル別販売では、BMW 1 Seriesが30.5%増、X3が28.7%増、6月に4ドアクーペを発売した6 Seriesが3倍増と好調。新型 3 Series Sedan、他のX シリーズ、MINI Countrymanの販売も好調だった。

BMW Group の販売台数

(台)
2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2011年
1-11月
2012年
1-11月
2016年
(計画)
BMW 1,276,793 1,202,239 1,068,770 1,224,280 1,380,384 1,252,202 1,388,274
MINI 222,875 232,425 216,538 234,175 285,060 255,593 272,773
Rolls-Royce 1,010 1,212 1,002 2,711 3,538 3,062 3,041
四輪車合計 1,500,678 1,435,876 1,286,310 1,461,166 1,668,982 1,510,857 1,664,088 2,000,000
Motorcycle 102,467 115,196 100,358 110,113 113,572 108,010 109,773

資料:BMW Annual Report 2011, BMW Press Release 2012.12.10

 

BMW Group のモデル別販売台数
(台)
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2011年
1-9月
2012年
1-9月
1 Series 151,918 165,803 225,095 216,944 196,004 176,418 129,041 168,426
3 Series 508,479 555,219 474,208 397,103 399,009 384,464 288,077 286,622
5 Series 232,193 230,845 202,287 175,983 238,454 332,501 250,566 263,738
6 Series 21,947 19,626 16,299 8,648 5,848 9,396 5,314 16,607
7 Series 50,227 44,421 38,835 52,680 65,814 68,774 48,842 43,794
X1 8,499 99,990 126,429 94,294 102,519
X3 114,000 111,879 84,440 55,634 46,004 117,944 83,754 107,833
X5 75,321 120,617 116,489 88,851 102,178 104,827 75,055 76,725
X6 26,580 41,667 46,404 40,822 31,357 31,497
Z4 30,981 28,383 18,006 22,761 24,575 18,809 15,627 12,201
BMW total 1,185,088 1,276,793 1,202,239 1,068,770 1,224,280 1,380,384 1,021,927 1,109,962
MINI 188,077 222,875 232,425 216,538 234,175 285,060 208,216 223,214
Rolls-Royce 805 1,010 1,212 1,002 2,711 3,538 2,441 2,326
合計 1,373,970 1,500,678 1,435,876 1,286,310 1,461,166 1,668,982 1,232,584 1,335,502
資料:BMW Annual Reports 2011, BMW Quarterly Report 3Q 2012
(注) 1. M5/M6 等の高性能車 M シリーズは、それぞれのベース車に含む。
2. BMWはモデル別販売台数を四半期ごとに発表している。

 

 



業績:2012年通年の売上高・利益は2011年を上回る見込み

 BMW Group の2012年1-9月の売上高は11.6%増の563.1億Euroで、同期としては過去最高。EBIT (金利・税引前利益) も、生産施設や新技術の開発に対する投資の増加、競争激化、人件費高騰にもかかわらず過去最高で、0.8%増の64億Euro。純利益は2.8%減の39億Euroとなった。

 2012年通年では、売上高と利益は前年を上回る見込み。また、第2四半期決算時に発表した自動車部門の業績に関する予測 (売上高EBIT率は8-10%、使用総資本利益率は26%超) を据え置いた。

BMW Group の 業績

(100万Euro)
2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2011年
1-9月
2012年
1-9月
売上高 56,018 53,197 50,681 60,477 68,821 50,472 56,312
EBIT 4,212 921 289 5,111 8,018 6,358 6,406
税前利益 3,873 351 413 4,853 7,383 6,044 6,040
純利益 3,134 330 210 3,243 4,907 4,028 3,915
資本投資 4,267 4,204 3,471 3,263 3,692
減価償却費 3,683 3,670 3,600 3,682 3,646
研究開発費 2,920 2,825 2,448 2,773 3,373 2,300 2,831
従業員数(人) 107,539 100,041 96,230 95,453 100,306 100,389 104,668

資料:BMW Annual Report 2011, BMW Quarterly Report Q3 2012
(注) EBIT は Earnings Before Interest and Taxes (金利・税引前利益)。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>