いすゞ・日野の中期計画:タイ/インドネシアを中核拠点へ

いすゞはピックアップ拡販で2015年に100万台販売を目指す

2012/10/12

要 約

 本レポートは、いすゞと日野自動車(以下、日野)の事業戦略について報告する。

 両社は、日本市場を含めた先進国での商用車市場の縮小と新興国市場の拡大、先進国/新興国で異なるニーズ、持続的な円高、中国・韓国メーカーの台頭を背景に、事業基盤を日本中心からタイ/インドネシアへ重心を移すことを計画している。

 タイでは、いすゞはピックアップトラックなどLCVの拠点として、開発から生産、販売、輸出までタイ国内で完結する仕組みを既に形成している。日野は、同国をASEAN域内の中型トラックの拠点とし、中型エンジンの生産を開始する予定。

 インドネシアでは、いすゞは新興国向け商用車の拠点として、開発・生産を担っていく。日野も新興国向け小型トラック拠点とし、小型エンジンの生産を2012年度下期より開始予定。

 このような、新興国事業の強化を踏まえ、いすゞは2015年度に販売台数100万台、営業利益1,300億円、日野は2014年度に販売台数19.6万台、営業利益750億円を目指す。



 世界の商用車市場の見通し
(GVWベース;日野自動車資料より)

世界の商用車市場


いすゞ中期計画:タイ/インドネシアへ機能を移転しグローバル三極体制へ

 いすゞは日本中心の体制から、タイ/インドネシアを加えたグローバル三極体制への転換を図っている。タイはピックアップトラックを中心としたLCVの拠点としており、既に2011年にフルモデルチェンジしたD-MAXの開発を担当しており、工場の新設でLCVの年産能力も40万台と高めた。インドネシアでは、新興国向け商用車(CV)の拠点としていくため、現在、工場建設を行っている。中国ではLCVの生産を始めると共に、大型商用車の開発を担い、日本から生産も移転していく。日本はものづくりマザー機能、ベース開発に特化していく。

 2011年11月に公表した中期経営計画(2011-2013年度)の一環。同計画では「低環境負荷商品・新興国市場ニーズにあった商品の展開」、「新興国での成長戦略加速と先進国での事業維持-新興国でのものづくり体制構築に向けた積極的リソース投入」を掲げている。

 また、海外では商用車部品の現地調達を現在の20%から2015年度までに40%に増やし、将来的には70-80%まで引き上げていく計画。日本でも、海外部品の割合を10%(現在3%)まで増やしていく計画で、さらに安価な海外部品をベンチマークとすることで、全体のコスト削減も狙う。

いすゞのグローバル三極体制

 機能開発生産
商用車LCV

大型
トラック

中型
トラック
小型
トラック
LCV
日本先進国
商用車
拠点
・ものづくりマザー機能
・効率化/付加価値拡大
・次世代商品投入
ベース開発に特化 いすゞ -
インドネシア新興国
商用車
拠点
・新興国ものづくり機能
・販売強化/輸出展開
新興国固有開発(新拠点) - 新興国向け商品を生産(新拠点) 軽量トラック(新拠点) -
タイLCV
拠点
・自己完結型機能
・海外市場展開拡大
・商品ライン拡充
- 開発主体
(ベース+固有)
泰国いすゞ
(中国)商用車
サポート
拠点
・CV/産業エンジンフルライン展開
・開発/調達機能強化
・パートナーと連携強化
大型トラック開発サポート - 日本から一部機能移転し、現地生産(新拠点) 慶鈴汽車で生産 江西五十鈴(新拠点)
(インド)LCV
サポート
拠点
・製造拠点/販売ネットワーク構築
・低コストLCV/新興国商品投入
- - - - SML Isuzu 新拠点設立(タイから一部移転)

 

商品戦略

 先進国新興国生産開始時期 
2011年2012年から15年
商用車バス 大幅改良 - - 大幅改良
大型トラック 次世代モデル 新興国向け新モデル(中国で開発) - 先進国向けモデルチェンジ
新興国向け新モデル投入
中型トラック エルフ・フォワード 新興国向け
小型/中型モデル
新興国向け
中型トラック投入
-
小型トラック 新興国向け
小型トラック投入
-
軽量トラック(注) - 軽量トラック投入
LCV - 新型D-MAX(ピックアップ)と派生車 D-MAXモデルチェンジ 派生車モデルチェンジ
(注)2015年までに積載量1トンクラスの軽量トラックを開発し、日本やタイ、インドネシアなどで販売する計画。また、同モデルに搭載する、1.9L ディーゼルエンジンを新たに開発。日本またはタイで生産し、D-MAXにも搭載して燃費性能を高める予定。

調達戦略:日本での海外部品の採用比率を10%への拡大、海外では現地調達率7-8割へ引き上げを計画

いすゞは、日本国内で生産しているモデルに用いる海外部品比率(金額ベース)を、2015年度までに10%に引き上げる(2011年度実績3%)。国内生産の半分は輸出しており、為替リスクに対応する。安価な海外部品をベンチマークとし、日本での調達コストの低減も狙う。
海外では現地調達を進めていき、商用車で20%程度(2012年現在)である現地調達率を、タイでは2013年度に、インドネシアでは2015年度にも40%へ引き上げる方針。その後、7-8割への更なる現地調達率引き上げを狙う。タイで生産を行っているピックアップトラック等LCVでは2011年に現地調達率は85%に到達している。

提携戦略:GMと提携交渉、VWとは打ち切り

いすゞは、2012年5月にGMと業務提携について協議を行っていると、2011年度決算発表の場で認めた。資本提携の話はしていないとしている。GMは1999年にはいすゞの株式49%を保有していたが、業績悪化で2006年に全株式を売却した。同社はVWと技術・資本面の提携について2010年頃から協議をしていたが、資本面の協議は打ち切ったとしている。


いすゞの業績目標:2015年度に100万台販売を計画

 いすゞは、2015年度の販売台数(出荷ベース)を100万台とする目標を掲げている。2011年度実績の56.8万台を70%以上上回る水準。特に、新興国向け商用車は40.8万台と2011年度実績の2.2倍を、LCVでは同じく1.7倍の50万台を目標としている。

財務面では、2013年度の売上高を2011年度実績比32%増の1.85兆円、営業利益を同33%増の1,300億円とする計画。

出荷台数 売上高と営業利益
いすゞの出荷台数
いすゞの連結業績

 

グローバル出荷台数

(1,000台)
  2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度
(見通し)

2013年度
(計画)

2015年度
(計画)
日本 CV 55 42 47 59 57  -  -
アジア LCV 165 155 202 177 241
CV 31 25 45 48 52
欧州 LCV 11 9 14 8 18
CV 25 3 7 10 11
北米 CV 6 6 10 14 13
中南米 LCV 26 16 32 24 28
CV 33 16 25 28 29
中近東/アフリカ LCV 67 43 57 49 69
CV 64 34 56 47 54
中国 LCV 18 13 23 25 27
CV 25 33 58 56 75
オセアニア LCV 18 22 18 15 12
CV 9 9 7 9 8
LCV 計 306 259 346 299 393 423 500
先進国CV 計 86 51 64 83 81 84 92
新興国CV 計 162 117 188 188 218 322 408
総計 554 427 598 568 693 829 1,000
(注)「先進国CV計」は日本、欧州、北米の合計であり、「新興国CV計」はその他の国/地域の合計である。

連結業績

(億円)
  2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度
(計画)
2013年度
(計画)
売上高 19,248 14,247 10,809 14,155 14,001 16,300 18,500
営業利益 1,096 217 110 882 974 1,230 1,300
経常利益 1,223 152 114 913 1,029 1,270 -
純利益 760 (269) 84 516 913 810 -

 



いすゞの海外事業:タイでピックアップトラック生産能力増強、中国で大型トラック開発/生産へ

タイ:ピックアップ・トラック新工場稼働でタイでの年産能力40万台へ

ピックアップ
新工場
タイで、商用車を生産しているGateway工場内に建設していた、ピックアップトラック新工場が2012年10月に稼働した。当初の年産能力は8万台。これによって、タイでのピックアップトラックの生産能力は40万台に高まる。
D-MAX フルモデルチェンジ いすゞは、タイでのベストセラー・ピックアップトラック D-MAXをフルモデルチェンジし、2011年10月販売開始。プラットフォームを一新し、新しいデザインを採用。2.5L/3.0Lディーゼルエンジン、5MT/5ATを搭載。開発は泰国いすゞが行った。
輸出業務集約  タイの輸出拠点Isuzu Motors International Operations Thailandを2011年7月に子会社化。日本でも行っていた、ピックアップ・トラックの輸出業務をIMITに集約。

 

インド:ピックアップトラックを現地生産
ピックアップトラックの生産/販売 2012年8月、インドにLCVの生産販売会社Isuzu Motors India Private Limited を設置。2012年内にタイからピックアップトラックの輸入販売と、部品を輸入してKD生産を開始する。将来的に、インド現地ニーズに対応した低価格モデルの開発/現地生産を始める。なお、同社は、約100億ルピーを投じて、12万台規模の年産能力を持つ工場を建設する(内インド国内販売8万台、輸出4万台)。
商用車事業 2011年11月、いすゞは商用車を生産するSML Isuzu(同年1月にSwaraj Mazdaから社名変更)への出資比率を4.0%から15.0%へ引き上げた。今後、いすゞ製の部品を用いたインド専用モデルの発売、開発/販売要員の派遣、2015年度までに年3万台販売を目指した販売体制の構築を行っていく。

 

インドネシア:新工場を建設

インドネシア現地合弁会社Isuzu Astra Motor Indonesiaは、Karawang県に約1億ドルを投じて商用車工場を建設中。2014年に稼働予定。

 

中国:ピックアップトラック/小型ディーゼルエンジンを現地生産、大型トラックも現地開発

ピックアップトラックと小型ディーゼルエンジン いすゞは、江鈴汽車集団と合弁で、ピックアップトラックと小型ディーゼルエンジンを生産/販売すると2012年8月に発表した。両社の合弁会社、江鈴五十鈴汽車有限公司を改組して、折半出資の江西五十鈴汽車有限公司(仮)とし、ピックアップトラック(D-MAXとその派生車)を生産する。また、江鈴汽車集団の完全子会社を両社の折半出資としたうえ改組し、小型ディーゼルエンジンを生産する江西五十鈴発動機有限公司(仮)とする。新しい2つの合弁会社の政府からの認可は2013年8月を予定し、2014年初めにも生産を開始する予定。
商用車事業 また同社は、中国で慶鈴汽車股份有限公司 と合弁で、大型トラックの現地開発と大型エンジン部品の現地生産/輸出を行う。2012年8月に設立したいすゞ慶鈴(重慶)技術開発有限公司(いすゞ75%、慶鈴25%出資)では、両社及び現地の部品サプライヤーと共同で次世代大型トラックの開発を行う。同月に設立したいすゞ慶鈴(重慶)部品有限公司(いすゞ51%、慶鈴49%出資)では、主要なエンジン部品を生産し、慶鈴に供給すると共に、日本・タイ・インドネシアへも輸出することを計画している。

 

ロシア:小型トラック生産をロシア西部で再開

小型トラック生産再開 いすゞは、ロシア西部Ulyanovsk州での小型トラック N series(日本名エルフ)の生産を2012年6月から開始した。同社は合弁相手のSollersのTatarstan工場で生産をしていたが、同工場がFordの乗用車の生産を始めるため2011年4月からロシアでの生産を停止。当初はVladivostokへ移転する予定であったが、拡張性の問題で撤回していた。Ulyanovskの工場はロシアメーカーUAZの工場で、いすゞはTatarstanで生産を2008年に開始する前に、同工場で生産をしていた。
合弁会社への出資比率引き上げ 同社は、ロシア合弁会社Sollers-Isuzuへの出資比率を2012年5月に引き上げた。引き上げ後の出資比率はいすゞ 45%、Sollers 50%、双日 5%(引き上げ前の出資比率はいすゞ 29%、Sollers 66%、双日 5%)。

 



日野の中期計画:タイ/インドネシアを事業基盤へ

 日野自動車も、タイ/インドネシアでの事業拡大をねらう。2012年4月に発表した2012年度から2014年度の中期計画では、日本とならんで、両国を基盤市場として収益の柱としていく。また、海外生産の中核拠点として生産体制を拡充していく(次節)。

 地域ニーズにあった商品を効率的に提供していく体制を整えるために、開発ではモジュール化、生産面ではものづくり改革・海外生産中核拠点化に取り組んでいく。

地域戦略

  日野の戦略 市場の状況 2015年の市場規模
(2007年=100)
中国 合弁会社で着実に推進(拡販市場) 中国メーカー市場 170
インド 個別に状況見極め インド・欧州メーカー市場 160
ブラジル 欧州メーカー市場 160
豪州・アジア・
中南米・アフリカ
最重要市場:経営資源を集中
・タイ/インドネシア/マレーシアを基盤市場、
中南米とアフリカは育成市場と位置づけ
日本メーカーが強いが、
今後各国メーカーの競争激化
150
ロシア 極東で展開(拡販市場) 欧州メーカー市場 110
北米 事業基盤を確立 北米メーカー市場 110
欧州 個別に状況見極め 欧州メーカー市場 80
日本 ホームマーケット(基盤市場):収益の最大化 日本メーカー市場 60

日野自動車の戦略

開発 モジュール化、現地仕様周辺部品
生産 リードタイム短縮、海外生産中核拠点化、ものづくり改革
環境技術 燃費向上・排ガス規制に対応、電動車(PHV、EV、FCV)/代替燃料車の研究開発
販売 地域固有のニーズに合致した適格仕様の提供、トータルサポート体制強化

ものづくり改革とモジュール化
ものづくり改革 多種多様な顧客ニーズに対応する「多品種少量」生産の効率的な実施
生産投資の集中と分散→KD生産を前提とした生産効率化
モジュール化 地域ごとに作り分けていた大型部品をモジュール化し、その構成部品を、世界共通の「コア部品」と多種多様な顧客ニーズに対応するための「周辺(現地固有)部品」に分類した。コア部品数はできるだけ削減してKD部品生産拠点で集中生産しする。多種多様な顧客ニーズに対応するための周辺(現地固有)部品は現地調達して現地で組立てる。
(例)大型車のトランスアクスル
今まで
これから
1000種類以上
コア部品
周辺部品
10種類程度を古河工場で集中生産 需要地で調達し、組立て

 



日野:タイ/インドネシアで生産能力増強、日本では日野工場を閉鎖し古河工場へ移転

  日野は2015年度までに、車両の生産能力をタイ/インドネシアを中心に増強し、ほとんど日本で行っていたエンジンの機械加工も両国で開始して、海外の中核生産拠点としていく。タイでは車両の年産能力(組立てベース)を,2011年度比約2.5倍の3.3万台とし、中型エンジンの機械加工も年間3.0万台で開始する。

 インドネシアでは車両の年産能力(同)を同約1.7倍の8.2万台として、小型エンジンの機械加工も年間7.4万台規模で開始する。日野全体で、車両の組立て能力は2015年度に2011年度比1.6倍の29.2万台、エンジン生産は同1.7倍の34.4万台とする計画。

 日本では、本社のある日野工場を2020年までに閉鎖し、新設する古河工場へ移転する

日野自動車の車両・ユニットの供給体制

  車両(千台、組み立てベース) エンジン(千基、機械加工ベース)
需要地に近いところで生産 能力増強を現地メインで実施
2011年度 2015年度 2011年度 2015年度
日本 78 107 195 214
タイ 13 33 0 30
インドネシア 47 82 0 74
その他 39 70 8 26
合計 177 292 203 344

各工場の役割と今後の予定

  工場 役割
日本:日本国内/アジア以外の国向け生産&アジアの拡張をサポート 古河工場
(新設)
・大中型車両工場
・KD輸出拠点
(2012年5月:KD工場稼動開始)
・モジュール化による大型中型完成車組み立て
・アクスル/プロペラシャフトの組み立て
・KD梱包拠点
新田工場
(拡張検討)
・ユニット工場 ・エンジン/トランスミッション/デフキャリアの一貫生産
アジア:海外中核拠点化(現地必要分は原則現地化) インドネシア ・新興国向け小型トラック(市場適格モデル)の生産拠点 ・アセアン域内小型エンジン機械加工・組み立て拠点
・新興国向け小型トラック(市場適格モデル)の生産拠点
・自国向け中型車組み立て
タイ ・アセアン域内の中型トラックの中核生産拠点 ・中型エンジン機械加工・組み立て拠点
・デフキャリア組み立て拠点
・中型/小型トラック車両生産拠点
(注) 1. 古河工場の建設に伴い、本社のある日野工場は2020年までに段階的に閉鎖する。本社機能は残す予定。日野工場の周辺は住宅地となっており、環境面・拡張性の面から課題があり、約2倍(66万平方メートル)の広さがある古河工場へ移転する。
2. タイでは中型エンジン、インドネシアでは小型エンジンを生産し、互いに相互供給する予定。また、タイ工場では大型エンジンの加工、インドネシア工場では中型エンジンの加工も行えるような汎用ラインを設置し、日本を含めてエンジンの3拠点での相互補完体制を作る計画。

 

各工場の今後の予定

工場 2012年 2013年 2014年 2015年~
古河工場
(新設)
  KD拠点   アクスルモジュール       車両組み立て(2020年までに)
新田工場
(拡張検討)
      デフセンター       大型エンジン機械加工・組み立て
インドネシア   小型エンジン機械加工   アクスルモジュール     小型エンジン機械加工増強  
タイ         大中型デフ機械加工   大中型エンジン機械加工 小型デフ機械加工

 

マレーシアで合弁工場建設

日野自動車は、2014年前半よりマレーシアで現地生産を開始する。現地のMBM Resource Berhadと合弁でHino Motors Manufacturing Malaysia(日野58%出資)を設立し、首都クアラルンプール近郊のNegeri Sembilan州に工場を建設する。投資額は約34.5億円。年産1万台規模でトラック・バスを生産する予定。

 



日野の業績目標:2014年度販売19.6万台を目指し、利益率は5%水準へ

 日野は新興国市場での販売増を念頭に、2014年度に19.6万台のグローバル販売を目指している。2011年度実績(12.8万台)比1.5倍の水準。2014年度の売上高目標は2011年度比27%増の1.68兆円、営業利益目標は同倍増の750億円としている。目標を達成すれば営業利益率は4.5%となるが、日野は将来的に営業利益率5%を目指している。

グローバル販売台数 売上高と営業利益
日野の出荷台数
日野の連結業績

グローバル販売台数

(台)
  2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度
(計画)
2013年度
(計画)
2014年度
(計画)
国内トラック・バス 34,796 25,903 30,008 36,915 39,000 - -
海外 アジア 33,195 37,690 54,088 60,550 -
中南米 10,002 8,638 11,098 11,278
オセアニア 5,989 5,063 4,841 4,039
北米 5,465 4,279 4,869 6,281
欧州・アフリカ 3,197 2,831 4,663 6,233
中近東 4,917 2,847 3,329 3,170
海外合計 62,765 61,348 82,888 91,551 114,000
合計 97,561 87,251 112,896 128,466 153,000 176,000 196,000
トヨタ受託車両 120,271 125,136 158,685 153,264 178,500 - -

 

連結業績

(100万円)
  2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度
(計画)
2013年度
(計画)
2014年度
(計画)
売上高 国内 452,700 381,200 415,500 469,200 480,000 -
海外 285,100 259,100 352,300 394,000 470,000
トヨタ 331,700 383,200 474,900 451,400 530,000
合計 1,069,488 1,023,495 1,242,691 1,314,588 1,480,000 1,560,000 1,680,000
営業利益 (19,448) 1,132 28,902 37,527 47,000 60,000 75,000
営業利益率 -1.8% 0.1% 2.3% 2.9% 3.2% 3.8% 4.5%
経常利益 (30,446) (1,914) 25,058 34,577 45,000 -
純利益 (61,839) (3,011) (10,041) 16,303 28,000
(注) 営業利益率の目標は長期的に5%。


(参考資料)いすゞの中期経営計画(2011年11月)、日野の中期経営計画(2012年4月)、両社のプレスリリースと各紙報道

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>