LMC Automotive 2017年7月自動車市場月報(グローバル)

2017年7月の世界販売は3.2%増、季節調整済み年率換算販売は9,500万台/年の水準へ上昇

2017/08/15

グローバル販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

世界全体

  • 2017年7月の世界全体のライトビークル販売台数は前年同月比3.2%増の744万台となった。7月の季節調整済み年率換算販売台数は9,514万台 /年となり、6月の9,400万台/年の水準から上昇した。
  • 7月は中国と西欧の販売が緩やかに増加した一方、東欧と南米はより力強い伸びを示した。これに対し、米国の販売は引き続き減少した。



解説

北米

  • 米国の7月のライトビークル販売台数は前年同月比7.1%減の141.4万台、季節調整済み年率換算販売台数は1,681万台/年となった。1~7月累計の販売は前年同期比で2.4%減(ディーラー営業日数による調整後の数値のため、下表とは一致しない)となった。個人向け販売が0.7%減にとどまる一方、フリート販売は8.9%減となった。OEMによるインセンティブは時期を追うごとに上昇し、値引き額は前年水準より10%増加している。このほか、金利が比較的低い水準にとどまっていることも個人向け販売を下支えしている。7月は失業率が引き続き4.35%と低い水準にあるほか、燃料価格も低いレベルで安定して推移しており、消費者信頼感にも改善が見られた。
  • カナダの7月のライトビークル販売台数は前年同月比4.9%増の18.2万台となり、7月として過去最高を記録した。季節調整済み年率換算販売台数は197万台/年となった。

欧州

  • 西欧の7月のライトビークル市場は、ディーラー営業日が前年と同じ日数の中、前年同月比2.4%増の123.5万台となった。一方で7月の季節調整済み年率換算販売台数は販売ペースがやや減速したことを受け、1,540万台/年へと低下した。ただ7月の減速は、上半期が非常に好調であったことを勘案すると特段驚くべき結果とは言えない。ユーロ圏の経済状況は総じて堅調であり、今後の市場展望についても引き続きポジティブと想定する
  • ロシアの7月販売は前年同月比18.6%増と強い伸び率を見せ、3ヵ月連続の二桁増となった。好調な販売結果にも関わらず、7月の季節調整済み年率換算販売台数は146万台/年となり、6月の159万台/年から低下した。季節調整済み年率換算販売は今年に入り月ごとのばらつきが目立っているが、7月の結果は一時的な落ち込みと見られ、8月以降潜在需要が更に顕在化すると予測される中で、再度上昇基調に転じると見られる。

中国

  • 中国市場は年初に減速の兆しを見せたものの、7月販売は増加基調を維持し、3ヵ月連続増となった。速報値によると、7月の季節調整済み年率換算販売台数は2,930万台/年となり、今年1月以降で最高となった。ただ、過去最高(3,100万台/年)を記録した2016年10月や11月の水準には依然として達していない。7月単月の販売は前年同月比2.4%増、1~7月累計販売は前年同期比2.5%増と伸びているが、伸び率は2016年通年販売の増加率(12.6%増)から大きく低下している。2017年1月より自動車購入税の減税率が半減されたことが影響している。
  • 今年秋に開催される共産党全国代表大会を前に、中国政府は経済を下支えすると見られ、この点は自動車市場へのプラス要因と言える。しかしながら、米国の対中通商政策の先行きが不透明な点は、引き続き不安要因となっている。

アジア(中国以外)

  • 日本の販売は4~6月に力強い伸びを見せてきたが、7月に入り減速した。7月の季節調整済み年率換算販売は500万台/年の水準を下回り、4~6月平均の550万台/年から10%低下した。新型車への購入ラッシュが一服したほか、民間企業の夏季賞与が低い水準にとどまったことも影響した可能性がある。今後の展望について、労働市場の逼迫が賃金の上昇につながれば、新車市場にプラスの影響が期待される。
  • 韓国の7月販売は、6月末で旧式ディーゼル車向け買い替えインセンティブが廃止された影響から、予測された通り急激に失速した。7月の季節調整済み年率換算販売台数は165.7万台/年となり、6月の水準から約11%低下した。7月単月の販売は前年同月比で9%増となっているが、これは前年実績が低いレベルにあったためと言える。北朝鮮との軍事的緊張の高まりが健在化しているが、一部報道によると韓国は隣国の予測困難な言動にも慣れており、大きな動揺は発生していないとされる。

南米

  • 終わりの見えない政治的混乱が続くブラジルでは、新車市場も不安定な状態が続いている。7月の季節調整済み年率換算販売台数は204万台/年となり、6月の水準から14%低下した。インフレ率と金利は急激に低下しているが、失業率が13%超の高い水準にとどまっており、消費者の新車購入を妨げている。ただ、1~7月累計の販売は前年同期比で4%超増加しており、市場がようやく安定しつつあることを示唆している。
  • アルゼンチンの販売は投資と政府支出の回復、またインフレ率の急激な低下を支えに堅調なペースを維持した。7月の季節調整済み年率換算販売台数は81.4万台/年と、上方修正された6月の水準(94.2万台/年で過去最高)からは14%近く低下したものの、不安定な市場として81.4万台/年は非常に良い結果であったと言える。

グローバルライトビークル販売

販売(台) 季節調整済み年率換算販売(台/年)
2017年
7 月
2016年
7 月
増減 2017年
累計
2016年
累計
増減 2017年
7 月(*1)
2017年
累計(*2)
2016年
通期(*3)
増減(*4)
WORLD
7,438,006
7,205,227
3.2%
54,281,494
52,714,460
3.0%
95,143,737
93,748,275
93,117,033
0.7%
USA
1,413,920
1,521,263
-7.1%
9,855,260
10,156,900
-3.0%
16,814,321
16,906,048
17,540,327
-3.6%
CANADA
181,775
173,245
4.9%
1,220,700
1,161,819
5.1%
1,970,851
2,047,376
1,947,926
5.1%
WESTERN EUROPE
1,234,915
1,205,926
2.4%
9,977,666
9,629,228
3.6%
15,401,898
16,071,953
15,771,053
1.9%
EASTERN EUROPE
346,516
285,412
21.4%
2,297,384
2,126,858
8.0%
4,059,289
4,284,251
3,892,585
10.1%
JAPAN
423,273
411,006
3.0%
3,169,677
2,924,118
8.4%
4,958,613
5,230,045
4,903,736
6.7%
KOREA
146,166
134,247
8.9%
1,027,473
1,048,565
-2.0%
1,656,855
1,776,978
1,783,990
-0.4%
CHINA
1,924,092
1,879,378
2.4%
15,085,813
14,719,722
2.5%
29,298,364
27,518,447
28,021,288
-1.8%
BRAZIL / ARGENTINA
253,659
236,010
7.5%
1,681,985
1,511,516
11.3%
2,852,853
2,955,007
2,667,204
10.8%
OTHER
1,513,691
1,358,740
11.4%
9,965,535
9,435,734
5.6%
18,130,694
16,958,170
16,588,924
2.2%
注記: (*1) 当該月の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*2) 当年累計期間の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*3) 2016年通期(1~12月)の販売実績。
(*4) 2017年累計の季節調整済み年率換算販売の対前年実績比増減率。
販売報告の遅い国々や推測したものは“Other(その他)”に含まれる。
東欧はトルコを含む。
中国のデータは、ライトビークルの輸入推計を含む。

LMC Automotive社による、モデル別、パワートレインタイプ別(エンジン、トランスミッション)などのより詳細な予測データ(~2024年)もご提供 しております。詳しくはこちらをご覧ください。

また、LMC Automotive 社はお客様からのご要望に応じた個別のコンサルティングサービスも提供しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

●お問い合わせ先

マークラインズ株式会社営業部
TEL: 03-4241-3902
Email: LMC@marklines.com