MOVE 2018:インド初のグローバルモビリティサミット(2)

マルチ・スズキがEVを出展、シェアード/コネクテッドモビリティについての議論

2018/10/22

要約

Inspire
Maruti SuzukiがWagon Rベースの電気自動車を出展

 MOVE Global Mobility Summit 2018の2日目には、住宅都市開発大臣のHardeep Singh Puri氏、石油天然ガス大臣のDharmendra Pradhan氏、マハラシュトラ州首相のDevendra Fadnavis氏がスピーチを行った。様々なセッションが用意され、都市のモビリティ、グローバルリーダーが語る持続可能なモビリティ、各州の視点から見たシェアード・コネクテッド・シームレス・モビリティのための戦略など、スマートモビリティに関する政策および計画について会合が持たれた。これらの会合の参加者の大半が、公務員、行政府、そして世界の交通分野の専門家だった。1日目のテーマ別会合に関するプレゼンテーションは2日目にも行われた。

 電気自動車の小規模な展示会とOEMによるデジタル展示も会場内で行われ、Tata Motors、MG Motor、現代、Bajaj、Mahindra、ABB、Sun Mobilityなどが出展。政府系シンクタンクのNITI Aayogは、政策や今後のモビリティの見通しに関する報告書をいくつか発表した。

 

関連レポート:
MOVE 2018(1):未来のモビリティに向けて、モディ首相やスズキ会長などが講演 (2018年10月)