燃費向上/CO2低減のためのパワートレーン電動部品:人とくるまのテクノロジー展2016

IPTT社の一体型電動過給・始動発電機、Schaeffler社の電動可変バルブタイミング制御技術

2016/07/01

要約

「人とくるまのテクノロジー展2016横浜」(公益社団法人 自動車技術会主催)が、2016年5月に開催され、各社の最新技術を盛り込んだ多くの部品・材料が出展された。そのなかで、燃費向上/CO2排出量低減を主な目的としたパワートレーン部品のうちユニークな2つの電動化コンポーネントについて取り上げる。

1つめはカナダMagna International社と英国Integral Powertrain社の合弁企業である英国IPTT社(Integral Powertrain Technology)の“SuperGen”と称する「始動機/発電機/動力源と電動過給機(電動スーパーチャージャ)を一体化」した製品であり、2つめは独Schaeffler社の“ECP”と称する「電動バルブタイミング制御システム」である。 両製品とも展示とともに製品プレゼンテーションが実施された。