コネクティビティおよびユーザーエクスペリエンスの未来:TU-Automotive Detroit 2016より

コネクティビティを進化させる次世代技術、自動車用アシスタントシステム、Volvoの哲学

2016/07/15

要約

TU-Automotive Detroit 2016 の展示会場の様子
TU-Automotive Detroit 2016 の展示会場の様子

 TU-Automotive Detroit 2016カンファレンスは、2016年6月8日・6月9日に米国ミシガン州Noviで開催された。今後、自動車市場でより多くの技術が車両に統合されるにつれて、データを収集し、伝達するシステムがますます重要になる。コネクティビティは、V2Xコミュニケーションと、車両への情報提供の両方において不可欠である。

 本レポートでは、コネクティビティおよび車内のユーザーエクスペリエンスに関連してTU-Automotive Detroit 2016で行なわれたプレゼンテーションを中心に取り上げる。本レポートのトピックには、未来の自動車技術と所有エクスペリエンスにおけるコネクティビティの役割、コネクティビティの将来に影響を与える可能性のある技術、ユーザーインターフェイスおよびユーザーエクスペリエンスシステムの変化が含まれている。

 本レポートは、TU-Automotive Detroit 2016の討論セッションに関する詳細を報告する3本のレポートの第3弾である。これまでに発表したレポートでは、自動運転車とその技術およびモビリティの展望に関するプレゼンテーションに重点を置いて紹介した。

関連レポート: TU-Automotive Detroit 2016
・自動運転車の展望:起亜・日産など、多様な企業・機関が自動運転車に関する概念や技術を紹介
・モビリティの進歩がもたらす自動車産業の変化:若者のモビリティに対する考え方と、カーシェアリング会社 Zipcar/パナソニック/Fordの考える世界