Mercedes-Benz, BMW, Audiの予防安全装備

新型E-Class, 新型7 Series, 新型Audi Q7とA4に多数の新装備を搭載

2015/10/15

要 約

Mercedes-Benzが新型 E-Classに搭載する車間・車線維持システム
Mercedes-Benzが新型 E-Classに搭載する車間・
車線維持システム (部分的に自動運転技術を導入)
(Mercedes-Benzプレスリリースより)

 以下は、Daimler, BMW, Audiが欧州販売(予定)車に搭載している、先進的な予防安全装備の概要である。各社のフラッグシップ車から中型車、エントリー車まで幅広いモデルを5車種ずつ選択し、その装備を比較した。

Daimler (Mercedes-Benzブランド車)

・中大型車向けと小型車向けに、異なる運転支援装備パッケージを設定。中大型車向けにはステアリングアシスト機能などを追加。
・2016年春に発売予定の新型E-Classに多数の新しい予防安全装備を搭載(例: 右図の車間・車線維持システム)。

BMW (BMWブランド車)

・全車種にほぼ同一のDriving Assistant Packageを設定。
・さらに、機能追加のオプションとして、車種により異なる内容のDriving Assistant Plus Packageを設定。
・2015年10月発売予定のフラッグシップ車新型7 Seriesに、車外から自動駐車できるシステムなど、多数の新装備を設定。

VW (Audiブランド車)

・2015年発売の新型Q7と新型A4にフラッグシップ車を上回る予防安全装備を搭載。
・車両・歩行者に対する自動ブレーキや二次衝突防止システムを標準装備。
・Tour, City, Parkingの3つのassistance systemパッケージも個別に選べるように設定。

今後の予防安全装備に関連する動き

・Euro NCAPによる自動車安全アセスメントの評価項目
2014年から対車両の自動緊急ブレーキと車線維持支援システムを追加
2016年から対歩行者の自動ブレーキを追加

・各社とも自動運転の研究・開発が進展
部分的な自動運転システム (渋滞時運転支援システムなど) の搭載拡大

BMWの新型7 Seriesの運転席
BMWの新型7 Seriesの運転席 (BMWプレスリリースより)
Audiが新型A4に搭載する多数の運転支援システム
Audiが新型A4に搭載する多数の運転支援システム

 
関連レポート
 トヨタ:予防安全装備を3年間で全乗用車に拡大(2015年2月)
 日産とホンダの予防安全装備(2015年3月)
 マツダ・富士重・スズキ・ダイハツの予防安全装備(2015年4月)