広州商用車展 2014 取材レポート

JAC(江准)/四川現代の新型車や、IVECO DAILYの展示

2014/12/19

要 約


logo

冬めいた晩秋の日本から約3,000km、未だ連日27-28度の夏の暑さが残る中国広州市で、2014年11月20日から広州国際汽車(乗用車)展に併設し「第2回広州国際商用車展」が開催された。

中国の商用車(トラック)展は、隔年開催の上海・北京、 そして広州等各乗用車展に併設開催されている。そして、商用車単独では隔年開催の「武漢国際商用車展」が規模も大きく有名である(次回は2015年11月)。

広州商用車展は展示規模こそ小さいが、地元広州の物流や交通各産業団体/中国自工会/自技会の協力のもと、ハイエンド商用車の重要な市場で主導的な役割を持っている珠江デルタ周辺市場を背景としている国際展示会である。(大小メーカー31社出展、北京モーターショーは20社程度であった)


広州商用車展

広州商用車展

今回の出展車ポイント:

中国一汽(FAW)、東風商用車(子会社は出展)、中国重型の3大メーカーの出展はなく、また広汽日野は8月下旬に 広州交通フェアに出展したばかりであり展示は見送られた。出展車のポイントは、

・1) 新モデルは、JAC(江准)、四川現代の大中小型車、先のIAAで発表されたIVECO DAILY。

・2) 大型車では陝西省の陜汽重型のトラクタが軽量化新モデルを展示。 また東風特装の新型CNGトラクタ等。

・3) 石油、天然ガス輸送スチールローリーや各種リアボデーも展示。

(中国の小型トラックは日本車を参考とし、大型は欧州車を参考としている!)

中国市場近況:


中国市場近況

中国市場近況

上写真は広州市風浦中路 及び 展示場トラックヤードで

政府の経済政策や過剰なインフラ建設への抑制で2012年までトラック市場は低迷。2013年からは物流上向き需要と排ガス規制の駆け込み需要で回復の兆しが見えた。しかし、2014年は、1-11月のトラック(中型+大型)販売は前年同月比9.2%減の65.8万台となった。 2014年1-11月のトラック(同)の市場シェアは、
1位)24% 東風商用車、2位)18% 中国重汽、3位)13% 中国一汽、4位)9% 北京福田、5位)8% 陜汽重型である。

この10月に開かれた、武漢世界自動車フォーラムで業界1位の東風商用車トップの基調講演として、中国トラックメーカーが世界の舞台で活躍する為、長期的に改善すべき競争優位性確保の三つの開発動向が示唆された(参考:ChinaTrucks.com)。

「急成長の後、中国大型トラック市場の変化点が次の何年かのうちにおこるだろう。

中国大型トラック市場は将来的には欧州や北米よりも大きく成長し世界で30%のシェアを取るであろう。その為には中国メーカーは新たな開発動向を先取する為に以下の改革をする必要がある。」

1) 今後中国のメーカーは販売量に頼ることは出来なくなり、次第にトラックの開発要件を満たす為にますます品質に注意を払う必要がある。

2) 顧客がアップグレードを必要としたように、顧客は価格のみ注目するのではなく、信頼性と運用効率に関心を払うだろう。顧客ニーズが変化しており、トラックへの低価格要求ではなく、高効率的で重要な物流に対応する為、トラック全体の生涯コストに重点を置くようになるだろう。

3) トラックメーカーは単にユーザーの輸送ニーズ対応だけでなく自分の位置を変革する必要がある。トラック製品だけでなく、ユーザーにより多くの価値を与える為、製品の恒久的アドバイス、ドライバートレーニング、製品生涯にわたるサービス&メンテナンスを提供する必要が重要になる。

関連レポート ハノーバーショー 2014
(上):Daimlerの自動運転トラックとMANの新大型エンジンの展示

(下)Volvo、SCANIA、RenaultとZFの展示