日野自動車:基幹部品は日本で集中生産し、周辺部品はアセアンで調達・生産

国内工場を再編し、タイ・インドネシアなどを地域中核拠点として強化

2014/07/23

要 約

いすゞの販売台数 本レポートは、「ものづくり改革」を中心とした、日野自動車の最近動向を報告する。

 商用車事業には、多品種少量生産という特性があり、日野自動車は多品種少量生産を効率的に実施するためのものづくりの改革を進めている。

 そのため、グローバル生産体制として、世界共通のコア部品(基幹部品)を日本で集中生産し、現地固有の周辺部品は、タイ・インドネシアなどの地域中核生産拠点で調達・生産する体制を構築する。同時に、モジュール発想による車づくりを進めている。

 国内では、古河新工場を建設中。日野工場内のKD工場の移転を最優先で進め、2012年5月に古河工場のKD工場が稼働開始した。またユニット工場である新田工場に新機械工場を建設中で、2014年度前半に稼動開始する。併行して、タイ・インドネシアでも設備増強が進められている。

 新しい生産体制とモジュール発想により開発・生産される新型第1号車が、早ければ2014年度中に市場投入される見込み。

 2014年度に、設備投資へ前年度比34.4%増の890億円を充当し、古河工場や新田工場の整備を進める。また研究開発費に12.3%増の520億円を投資して、モジュール化、地域適格車の開発、安全装備の開発を進めるとしている。


関連レポート
いすゞ自動車:タイに新興国向けトラック開発統括拠点を設置 (2014年7月掲載)
いすゞ・日野の中期計画:タイ/インドネシアを中核拠点へ (2012年10月掲載)