デリーモーターショー 2014 (2):現代自、欧米メーカー、部品サプライヤーの展示

SUVコンセプトカーを各社が初披露

2014/03/10

要 約

会場の様子
India Expo Martの様子。真ん中の建物がTata Motorsの展示会場。

 本レポートは、第12回デリーモーターショー「12th Auto Expo 2014」の取材報告の後半で、現代自動車と欧米自動車メーカーの展示を取り上げる(インド・日系メーカーを取り上げた前半はこちらをご覧下さい)。

 現代自はコンパクト・ハッチバック Grand i10 のセダンバージョンXcentを発表した。欧米メーカーでは、小型SUVのコンセプトカーの初披露が相次ぎ、GMがChevrolet Adra を出展し、VWはTaigunを、RenaultはKWID Conceptを、FiatはAvventuraを世界初公開した。

 つづいて、自動車メーカーとは別会場、ニューデリー中心部のPragati Maidanで開催された部品サプライヤーの展示「12th Auto Expo 2014 Components」を、写真を中心に取り上げる。

 主要サプライヤーの展示会取材の詳細情報はこちらをご覧ください

 最後に、展示会場とその周辺の様子を簡単にお伝えする。

 
 

関連レポート:

デリーモーターショー 2014 (1):マルチ・スズキ、タタなど日印メーカーの展示 (2014年3月)
Tata Motors Group:JLRによる利益拡大に期待 (2013年12月)

インド:長期的成長を展望し、日本各社は設備能力を増強 (2013年10月)
インドの日系部品メーカー:日系自動車メーカーの生産増強・新興国モデル投入に対応 (2013年8月)