第5回 EV・HEV 駆動システム技術展 取材報告

日本電産がSRモーターを採用したEV駆動システム、スターター/ジェネレーターを展示

2014/01/31

要 約

オートモーティブ ワールド 2014
オートモーティブ ワールド 2014の開会式の様子

第5回 EV・HEV 駆動システム技術展が、2014年1月15日-17日にかけて東京ビッグサイトでオートモーティブ ワールド 2014の一環として開催された。その展示概要を報告する。

今回は永久磁石を使わないモーター、SRモーターを日本電産ミツバ、明和製作所の3社が展示しており、車載用に向けた技術を訴求していた。特に、日本電産はSRモーターを用いた、EV駆動システムに加え、スターター/ジェネレーター、電動アシストターボチャージャー、電動スーパーチャージャーも展示。
安川電機は軽量/小型化した、EV用モーターとインバーターを披露。明電舎はモーターとインバーターを一体化したモジュールを展示し、ニチコンは三菱i-MiEVに供給している小型化した充電器一体型DC-DCコンバーターを展示した。

 日本ケミコンは、マツダ/ホンダ向けに供給している、電気二重層キャパシター/モジュールを展示し、サンプル出荷が近い次世代キャパシターも披露した。

 その他に展示会場では、ホンダ Accord プラグインハイブリッドモデル等の展示もあったが、昨年のように電動車を集めた特別コーナーは設置されていなかった。

 なお、併催されていたクルマの軽量化技術展の取材レポートは2月に掲載予定です。

関連レポート
2013年のオートモーティブ ワールド 取材レポート

EV・HEV 駆動システム技術展:安川電機が脱レアアースモーターを開発、Magnaのマイクロハイブリッドシステム

クルマの軽量化技術展(1):3Dデータによる積層造形法/軽量金属の活用

クルマの軽量化技術展(2):炭素繊維強化樹脂やその他の樹脂化による軽量化